« フェブラリーSと小倉大賞典。 | トップページ | 中山記念と阪急杯。 »

2019年2月17日 (日)

やっぱり聖域なのか・・・。

小倉大賞典

1着 スティッフェリオ

2着 タニノフランケル

3着 サイモンラムセス

前残りの決着という読みは正しかったが

先行すると思っていた肝心のケイティクレバー

まさかの後方待機で万事休す

なので特に感想はございません。

。。。。。。。。。。

フェブラリーS

1着 インティ

2着 ゴールドドリーム

3着 ユラノト

本命にしたオメガパフュームが全く走らなかったので

まぁ、どうもこうもないのだが

オイラは正直もっとハイペースになると思っていたのですよ。

。。。。。。。。。。

その根拠は二通り

人気のインティがまともにスタートを決めた場合

サクセスエナジーが競いかけるか

まぁ、マツヤマくんにそれが重荷だとしても

サンライズの寮馬のためにタナベが前を潰して差し場を作る

又は

インティが芝スタートでダッシュが利かなかった場合

じゃあオレが、オレが、と、

ダチョウ倶楽部のネタみたいに急に色気を出すヤツがいる

そんな根拠で差し馬狙いだったんですけどね

やっぱりユタカが人気の馬で逃げるのが明確な場合って

キタサンブラックのときは露骨すぎたけど

聖域といったらいいのか

空気を読めない短期免許のカタカナ騎手以外は

誰も邪魔できないっていうか踏み込めないっていうか

仕方ないんですかねぇ

そこを含めての競馬予想なんだけど

なんかタナベには昨年の秋から失望が続くわ・・・。

。。。。。。。。。。

ナナコちゃん、初GⅠなかなか上手に乗りましたね

あの展開であそこまで後方一気の決め打ちに徹したのは

相当意思が強いか相当気が強いか

まぁ、

もう少しだけポジションを上げる技術がまだない

そう言ってしまえばそれまでなんだが、笑

勝負師としては最高ですよ

将来お付き合いされるかもしれない男性は・・・以下、略。笑

« フェブラリーSと小倉大賞典。 | トップページ | 中山記念と阪急杯。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フェブラリーSと小倉大賞典。 | トップページ | 中山記念と阪急杯。 »