« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月24日 (日)

もはやシュウ>ケイタ。

阪急杯

1着 スマートオーディン

2着 レッツゴードンキ

3着 ロジクライ

本命にしたロジクライは3着だったものの

相手に挙げた3頭は何処へ行ったんでしょうねぇ・・・。笑

。。。。。。。。。。

勝ったスマートオーディン

クラシック候補と言われながら

長期休養をはさみ何だかあれ?ってな成績

オイラも新聞を見ながら

何でこうなっちゃたんだろうなぁ

フジキセキ系だから仕方ないのかなぁ・・・

そんなことを思っていたら

1400mでのまさかの復活劇

できれば今後は中距離路線で活躍してほしいのだが。

。。。。。。。。。。

中山記念

1着 ウインブライト

2着 ラッキーライラック

3着 ステルヴィオ

で、

本命にしたエポカドーロはあり得ない騎乗での5着。

( ̄  ̄メ) ケイタ…スエアシナンカナイダロヨ?

。。。。。。。。。。

ブッシーに手綱が戻ったマルターズアポジー

いい感じで逃げるのが解り切った展開

そこでオイラが理想とした騎乗を見せたのが

2着のラッキーライラックの鞍上のイシバシ

でもさ、これってさ、

本来トサキがやらなければいけない騎乗でしょ???

まぁ、

確かに馬の反応も悪かったように見えたのは事実なんだけど

エポカドーロの脚質を考えたら

ラッキーライラックが動く前にスパートしないとダメでしょ?????

キレる脚なんて全く持ってないんだから

ロングスパート以外にあり得ないでしょ????????

。。。。。。。。。。

なんだろう、

最近さ、

タナベとかトサキとかずっと好きだった騎手が残念な騎乗を繰り返す

トップジョッキーになると見る方向が今までファン優先だったのが

関係者様々に変わって行くんですかね???

マツオカは自由だからいい

イシバシ、せめて君はアンカツを目指してくれ。

。。。。。。。。。。

ま、

ちょっと違った話になるけど

ブッシー

君みたいな騎手がいるから競馬は面白いんだよ

スタートしてハナに立った瞬間に

ステキ・・・。

と、呟いてしまったわ。笑

中山記念と阪急杯。

中山記念

久々にブッシーに手綱が戻ったマルターズアポジー

当然ハイペースで逃げると思う

そういう流れになれば昨年の皐月賞馬エポカドーロの出番

番手からマクリ気味の先行抜け出しに期待。

相手は

ウインブライトマルターズアポジー

馬連、ワイド。

押さえで

ラッキーライラックステルヴィオスワーヴリチャード

馬連。

。。。。。。。。。。

阪急杯

よく解らないのでノリちゃんが乗りに行くロジクライから。

相手は

スターオブペルシャダイメイフジヒルノデイバロー

馬連、ワイド。

。。。。。。。。。。

あれ?

もう2月の最後の日曜日なんだ・・・

人生なんてあっという間だよなぁ・・・。笑

2019年2月17日 (日)

やっぱり聖域なのか・・・。

小倉大賞典

1着 スティッフェリオ

2着 タニノフランケル

3着 サイモンラムセス

前残りの決着という読みは正しかったが

先行すると思っていた肝心のケイティクレバー

まさかの後方待機で万事休す

なので特に感想はございません。

。。。。。。。。。。

フェブラリーS

1着 インティ

2着 ゴールドドリーム

3着 ユラノト

本命にしたオメガパフュームが全く走らなかったので

まぁ、どうもこうもないのだが

オイラは正直もっとハイペースになると思っていたのですよ。

。。。。。。。。。。

その根拠は二通り

人気のインティがまともにスタートを決めた場合

サクセスエナジーが競いかけるか

まぁ、マツヤマくんにそれが重荷だとしても

サンライズの寮馬のためにタナベが前を潰して差し場を作る

又は

インティが芝スタートでダッシュが利かなかった場合

じゃあオレが、オレが、と、

ダチョウ倶楽部のネタみたいに急に色気を出すヤツがいる

そんな根拠で差し馬狙いだったんですけどね

やっぱりユタカが人気の馬で逃げるのが明確な場合って

キタサンブラックのときは露骨すぎたけど

聖域といったらいいのか

空気を読めない短期免許のカタカナ騎手以外は

誰も邪魔できないっていうか踏み込めないっていうか

仕方ないんですかねぇ

そこを含めての競馬予想なんだけど

なんかタナベには昨年の秋から失望が続くわ・・・。

。。。。。。。。。。

ナナコちゃん、初GⅠなかなか上手に乗りましたね

あの展開であそこまで後方一気の決め打ちに徹したのは

相当意思が強いか相当気が強いか

まぁ、

もう少しだけポジションを上げる技術がまだない

そう言ってしまえばそれまでなんだが、笑

勝負師としては最高ですよ

将来お付き合いされるかもしれない男性は・・・以下、略。笑

フェブラリーSと小倉大賞典。

フェブラリーS

人気のインティがまともに出ても

芝スタートでダッシュが利かなくても

結構なハイペースになりそうな気がする

なので狙いは外の差し馬

本命オメガパフューム

左回りに不安を感じる向きもあるが

今年の4歳馬は芝以上にダートが強いのは周知の事実

今年好調の社台Fミルコを連続騎乗させてきたのも

それなりに勝算があるからこそだと思う。

相手は

ユラノトゴールドドリームサンライズノヴァ

コパノキッキングノンコノユメ

馬連、ワイド。

。。。。。。。。。。

小倉大賞典

こちらはこれだけ先行馬が揃うと

案外とペースが落ち着きそうな気がするので先行馬狙い

本命ケイティクレバー

昨日の血統傾向を見て

先行馬の中でこの馬が一番しっくりきたので。

相手は

タニノフランケルマルターズアポジーブラックスピネル

マイスタイルナイトオブナイツ

馬連、ワイド。

。。。。。。。。。。

GⅠ初騎乗のナナコちゃんがどんな騎乗をするのか楽しみですね。

2019年2月11日 (月)

トライアルの皮肉?

クイーンC

1着 クロノジェネシス

2着 ビーチサンバ

3着 ジョディー

で、

本命にしたカレンブーケド―ルは02秒差の4着。 orz

。。。。。。。。。。

最下位に沈んだ地方馬はさておき

1~8着までは07秒差だったので

字面は結構混戦に見えなくもないのだけど

なんだかんだと今年も順調に阪神JF上位馬は強いみたいですね

昨年はそこに完全別路線組の怪物がいたけど

今年はどうなんでしょうね

ただ一つ気になるのが

今日1、2着と結果を出した阪神JFの2、3着馬が

何故チューリップ賞に向かわなかったのか。

。。。。。。。。。。

これはあくまで推測なのだけど

昨年はシンザン記念からの直行という

新しいローテーションをNF天栄が確立したことに対して

ひと月ほど時期をずらした新しいローテーションの模索なのでは?

まぁ、

近いうちに何かしらのコメントか報道はあると思うんだけど。

。。。。。。。。。。

昨年から実態に見合ったGⅡに格上げされたチューリップ賞

当然今まで以上に重要なトライアルになったワケだけど

大手生産牧場はなんだか新しいことを考えているみたいで

もしかしたら、もしかしたら、ですよ、

本番で勝負になる馬は新しいローテーションで

そうでもなさそうな馬は

格上げされたチューリップ賞で賞金稼ぎ

そんなこと考えてませんかねぇ・・・?

クイーンC。

なんかあんまり気乗りしないけど・・・

本命カレンブーケドール

新馬戦でダノンキングリーのタイム差なしの2着

ならばここでも勝負になるハズだが・・・?

相手は

マドラスチェックレッドベルディエスミリオンドリームズ

ビーチサンバクロノジェネシス

馬連。

。。。。。。。。。。

昨日全く掃除をしなかったので

朝の7時半から3時間も掃除を頑張ってしまいましたがな・・・。

2019年2月10日 (日)

予想の変化に惑わされている。

京都記念

1着 ダンビュライト

2着 ステイフーリッシュ

3着 マカヒキ

1~4着まで馬券的には持っていたのだが

軸にした肝心のハートレーが行方不明に。笑

。。。。。。。。。。

何年か前までは展開とか距離適性とか血統とか

もちろん今でもそれらは重要な予想ファクターなんだけど

今はそこに「大手生産牧場の意向」という

我々にはひじょ~に解りづらい要素が加わったワケで

ギャンブルと同時に持ち合わせていた純粋なスポーツという側面が

ギャンブルとビジネス色が強くなり

巧く予想してる方々もいるんでしょうけど

オイラは生きることに関して不器用なので

予想もやりづらい時期だなぁ、と

もっと楽しい予想と結果を書きたいんだけど

なかなかシビアな時代ですなぁ・・・。

。。。。。。。。。。

共同通信杯

1着 ダノンキングリー

2着 アドマイヤマーズ

3着 クラージュゲリエ

まぁ、堅いだろうと思いナイママの複勝を買って観てましたけど

マジメに買うならダノンキングリーかな、と思っていたので

納得の結果ですよ

で、

アドマイヤマーズはどうなんですかね?

やはりダイワメジャーというか

重たいマイラーと言ったらいいのか

前走は能力の違いで「軽く見えた」気がするけど

クラシックで狙えるのは皐月賞だけでしょうねぇ。

。。。。。。。。。。

昨年のマンションの総会でくじ引きに負けて

不本意ながら理事長になってしまったオイラ

今日の理事会で理事の中から

来期の理事に一人スライドするくじ引きをしたのだが

・・・何故・・・何故なんだ・・・

馬券は当たりもしないのに

こんなクジで当たりを引くオイラって・・・

チョコボールを買ったら金のエンゼルが当たるのか・・・?

。。。。。。。。。。

そう言えば遠い遠い昔、

金のエンゼルが当たったことあったな。笑

京都記念と共同通信杯。

京都記念

これだけNF系の馬がたくさん出てるのに

カタカナ騎手がいないという珍しい状況

ならば序列としてカワダハートレーでいいでしょ?笑

相手は

パフォーマプロミスダンビュライトステイフーリッシュ

タイムフライヤーマカヒキ

馬連、ワイド。

。。。。。。。。。。

共同通信杯

堅そうなのでナイママの複勝買って観戦します。笑

あと、

お付き合いで小倉メインレノヴァールの単勝。

。。。。。。。。。。

尚、レノヴァールが何処かへ消えたとしても

オイラが単勝を買ったせいにしないで下さい。笑

2019年2月 3日 (日)

こっちが荒れるか。

きさらぎ賞

1着 ダノンチェイサー

2着 タガノディアマンテ

3着 ランスオブプラーナ

8頭立ての上位人気4頭で決まると思い

2、4番人気の馬連、ワイドをある意味素直に買っていたのに

まさかここで荒れるとは思ってもいませんでした

ちなみに買ったその2頭は

8頭立ての7、8着ってどういうこと?笑

。。。。。。。。。。

この結果を受けて東スポ杯のレベルが低かったというのはまだ早い

そう思うものの

復活したエリカ賞とか改装後の中京の条件特別は

やはり侮れないというかこちらの方が重要というか

てか、

2歳重賞が増え過ぎたおかげで逆に

馬が強いのかメイチの賞金稼ぎなのか解りづらくて

・・・ん~~、

どこからクラシックに繋がってるのかの判断が難しいわ

ちなみにこういうときの上位入線馬って

例えば菊花賞とかで突然激走したりするので要注意ですよ。

。。。。。。。。。。

東京新聞杯

1着 インディチャンプ

2着 レッドオルガ

3着 サトノアレス

なんだよ、

荒れると思ってた方が結構まとな決着。笑

えぇ、

カスリもしませんですたけど、何か?

。。。。。。。。。。

なんかさぁ、

もう今回の人生は諦めてはいるんだけどさ、

どこぞやのIT企業の社長みたいに

一度でいいから人生図に乗ってみたいわ。笑

東京新聞杯ときさらぎ賞。

東京新聞杯

まず・・・展開が読めない。笑

始めはハイペースで予想してたが

考えてるうちにスローになりそうな気もしてきた

ダメだ、解らん。笑

なのでややハイペース寄りの予想で馬連、ワイドの3頭ボックス。

テトラドラクマリライアブルエースレイエンダ

。。。。。。。。。。

きさらぎ賞

こちらはなんか堅そうなのでエイヤの1点勝負。

エングレーバーアガラスの馬連、ワイド。

。。。。。。。。。。

最近何故か変な夢ばかり見るオイラ

夢占いで調べると金運が上がるとかいい夢が多いのだが

何故だろう、全く実感が無いのだが・・・。笑

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »