« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月29日 (土)

2018 オイラの成績。

東京大賞典、三連単的中!!

ミルコ頭で相手4頭の12点勝負!

で、14倍って・・・

オイラの人生って、何?

。。。。。。。。。。

気を取り直していきましょう

・・・いや、

更に挫けそうなオイラの今年の成績。

★ 重賞的中鞍

GⅠ 5鞍

GⅡ 3鞍

GⅢ 11鞍           計19鞍

珍しくそこそこGⅠが当たったと思ったら総計でこの鞍数

このブログを始めて10年以上経った気がするけど

それ以前も含めて人生最低レベルと思われ

10月以降土曜日が仕事の関係で馬券が買えなかったとは言え

10月、12月と的中ナシ

それにしてもヒドイわな

・・・まぁ、

冷静に分析すれば

土曜日に馬券が買えなかったお陰で

傷口を広げなくて済んだというのが正解なんだろうな。笑

★ 万馬券

これもねぇ、

このブログを始めてから2回目のゼロ orz

最低でも5本は当てたいんですけどねぇ・・・

しかもですよ、

オイラも想像もしていなかったんですけど

今年は50倍以上の的中すらナシ

素人以下なのか疲れてたのか

競馬を取り巻く環境の変化についていけなかったのか。

★ 快心の予想

ないです。笑

てか、

そもそも競馬に限らず今年の秋までの記憶があんまり無いんですよ

なんかねぇ、今年はいろいろありすぎて

生命の本能として都合の悪いことは消去してるんでしょうねぇ。笑

。。。。。。。。。。

★ 番外編

いや、驚いたわ、騎手別の回収率

まぁ、トップジョッキーは買う回数も多いから仕方ないんだけど

オイラの今年の回収率トップ10騎手はコチラ

川島信二 200 4,820 2410% 1 1 100%
R.ムーア 400 4,670 1168% 2 1 50%
平沢健治 300 3,210 1070% 1 1 100%
上野翔 500 3,210 642% 1 1 100%
森一馬 500 2,780 556% 2 1 50%
高田潤 700 2,780 397% 2 1 50%
国分恭介 1,600 4,820 301% 4 1 25%
白浜雄造 1,200 2,780 232% 2 1 50%
岩崎翼 2,100 2,810 134% 7 1 14%
内田博幸 9,500 11,910 125% 20 3 15%

いいですねぇ、

100円単位で儲けさせてくれてありがとう。笑

まぁ、そもそもそんなに高額で買ってないけどな

てか、

ウチパク、何故ここにいる?笑

。。。。。。。。。。

さて、本題です

★ 回収率

これもこのブログを始めてからワースト2、3位ですかね?

書くのも憚られる46.1%でした。 orz

ま、

過去に比べれば収入が減った分買った金額も減ったので

傷口はそんなに大きく・・・

いや、今の収入だと大きいわ。笑

。。。。。。。。。。

来年は仕事の関係で金杯も買えません

馬券初めはシンザン記念からかな?

今年も飽きずに一年間有難う御座いました

来年は皆さんよりもオイラにとっていい歳でありますように。笑

2018年12月23日 (日)

2分間楽しみました。

有馬記念

最終コーナーを回ってきたときまでは予想は完璧だった

スタート直後の先手争い

道中の並び

3コーナー過ぎのざわざわした各馬の動き

後は本命にしたクリンチャーが抜け出すだけ・・・だった。

。。。。。。。。。。

展開、馬場状態を考えると完全にクリンチャー向きだったハズ、だが

馬の状態が悪かったのか

はたまたやる気が無かったのか

何かしらの理由で途中でやる気が無くなったのか

「やっぱりユーイチだから」なのか

絶好のポジションにいたにもかかわらず

早々とテレビの画面からフェードアウト

( ̄  ̄メ)  モスコシガンバッテモイインダゾ、オイ?

。。。。。。。。。。

1着 ブラストワンピース

2着 レイデオロ

3着 シュヴァルグラン

2着馬は府中でGⅠ2勝だが

中山芝非根幹距離での実績もあるので相手筆頭だったのでいいのだが

勝ち馬に関しては

平坦でワンターンの2000mの新潟記念であんな強い競馬をした馬に

中山の2500mで勝ち負けするのは絶対にムリ。

と、自信満々の切りだったので結構ショックだわ

同じく自信満々の切りだったジェンティルドンナが勝ったときは

超ドスローだったので致し方ない部分もあるが

今日は本来なら非根幹距離馬が勝つ展開だったので

この馬想像以上に強いのかもしれませんな。

。。。。。。。。。。

さっき今年の投票成績を下調べしたら

なんか酷いことになってました。笑

詳しくは後日ということで。

さぁ、有馬記念。

最内を引いたオジュウチョウサンが行くのか

外からキセキが強引にハナを奪うのか

いずれにしても最初の直線まではそれなりに脚を使う展開だと思う

3コーナーまでどのくらいレースが動くのかは不明だが

その後は恐らく早めのマクリ合戦

先行2騎も早めのスパートをかけると思う

しかしながら後方一気の差しが決まるとは思えず

狙いはインの番手でじっとしていて絶妙なタイミングで抜け出せる馬

本命クリンチャー

キレる脚は無いが長くいい脚が使える典型的な非根幹距離馬

フランス遠征は案外だったが秋3戦目で前走からの時間も空いた

この馬のスタミナと根性を絶好の枠で活かせれば一発ある

・・・ただ最大の懸念は

ユーイチにそんな器用なことができるかどうかだが。笑

相手は

モズカッチャンパフォーマプロミスミッキーロケットレイデオロ

押さえも手広く

オジュウチョウサンマカヒキサトノダイヤモンドミッキースワロー

馬連、ワイド。

。。。。。。。。。。

仕事で買えないけど

やっぱり有馬記念の後のホープフルSは余計だわ。

2018年12月16日 (日)

予想通りと言うか。

せめて掲示板外ならまだしも

・・・なんなんでしょうね、

本命にしたユタカファンタジストったら4着に負けるという

この何とも絶妙な

相性が悪いんだかネタ的に好相性なんだかよく解らない結果。笑

1着 アドマイヤマーズ

2着 クリノガウディー

3着 グランアレグリア

はい、

上位3頭は全部相手に入れてましたがな。 orz

ん~~~~~~~~~~~~~~~、

せめて3着に来てくれれば

9番人気の2着馬とのワイドで余裕綽綽のプラスだったんだが・・・。

。。。。。。。。。。

好きなのに近しくなれない人

嫌いなのに寄ってくる輩

オイラにとってユタカは確実に前者

まぁ、

女の子ではなくオッサンアスリートだし

馬券を買わなきゃいいだけの話なんで

別にどうでもいいっちゃぁどうでもいいんだけどな。笑

朝日杯FS。

えぇ、

鞍上と馬券的に相性が恐ろしく悪いのは百も千も承知の上です

本命ファンタジスト

いやね、ほんとにオイラが買うと来ないんだけどね、

平成最後にユタカにこのレースを勝たせてあげたいじゃないですか。笑

そんなワケで勝負は馬単とワイド。

相手は

クリノガウディーグランアレグリアドゴールアドマイヤマーズ

ケイデンスコール

。。。。。。。。。。

これで3着までにも来なかったら

たぶん今後一生ユタカを本命にすることはないだろう。笑

2018年12月 9日 (日)

阪神JFとカペラS。

阪神JF

トップジョッキーが皆して香港に行ったってことは

生産側もあんまりここは重視してないんですかね?笑

そこそこ人気馬の馬連、ワイドのボックスで。

シェーングランツタニノミッションビーチサンバ

。。。。。。。。。。

カペラS

鞍上をノリちゃんに戻したハットラブから馬連、ワイド。

相手は

ヴェンジェンスタテヤマオウケンビリーヴ

。。。。。。。。。。

急に寒くなったのに

何故か夜中に掛布団をベッドの下に捨てて寝てるオイラ

基礎体温が上がったのか、ただのバカなのか。笑

2018年12月 2日 (日)

ウチパク衰えたか?

チャンピオンズC

1着 ルヴァンスレーヴ

2着 ウェスタールンド

3着 サンライズソア

で、

本命にしたノンコノユメ

珍しく出負けしなかったと思ったら

最後は大外ブン回して届かずの7着。 orz

最後方からイン捲りをした2着のフジオカ兄

素晴らしい騎乗だったが

かつてのウチパクだったらこういう騎乗をしただろうに

これは判断ミスというより衰えなんだと思う

オイラ自信も年齢の衰えを日々感じているけど

悲しいかな、こんなトップアスリートでも衰えてくるんだよなぁ。

。。。。。。。。。。

ちなみに上位3頭の血統的なことを言えば

シンボリクリスエスネオユニヴァーススペシャルウィーク

あとはよく解らないNDのクロス。笑

要は長くいい脚が使えてそこそこキレるパワー型ってな感じ?

オイラ、

こういう血統って嫌いじゃないんですよね。笑

チャンピオンズC。

しつこく本命ノンコノユメ

出遅れるのはもう仕方ない。笑

重たい地方の砂だとちょっとどんくさい感じだが

中央の軽い砂なら伸びが違う

得意の直線の長い左回りなら届くと思うが・・・?

相手は

アンジュデジールルヴァンスレーヴサンライズノヴァ

サンライズソアヒラボクラターシュ

馬連、ワイド。

。。。。。。。。。。

あら、もう12月かよ・・・

なんか今年は年明けから夏くらいまでの記憶があんまりないな・・・。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »