« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月29日 (日)

後味が悪くならなくてよかった。

天皇賞・春

1着 レインボーライン

2着 シュヴァルグラン

3着 クリンチャー

本命にしたチェスナットコートは惜しい5着

でもまぁ、

想定内の結果ではあったしレースも面白かったので特にいうことはナシ。

。。。。。。。。。。

最近イワタのイン突きが復活してきてますな?

今日もそれに応えたレインボーライン

・・・が、ゴール直後まさかの鞍上下馬

なんか、イヤ~な感じだったけど

とりあえず現時点での報道では無事で復帰もできそうな内容

GⅠ初制覇が後味の悪い結果にならなくてよかったですわ。

天皇賞・春。

本命チェスナットコート

徹底して中長距離を使われてきて掲示板を外したのは一度だけ

ここ数戦はじみ~に強い相手と勝ち負け

血統的にもそろそろ本格化しただろうと思われる

内枠を引いたら本命にしようと思っていたらドンピシャの2番枠

鞍上もじみ~に盾男のエビナ

ユタカがいない天皇賞ならエビナの出番。

相手は先行馬を中心に

ヤマカツライデンガンコクリンチャーサトノクロニクル

押さえは買いたくないけど切れない馬

カレンミロティックシュヴァルグランレインボーライン

馬連、ワイド。

。。。。。。。。。。

まさかここでもカタカナ騎手が上位独占したりしないだろうな・・・。笑

2018年4月22日 (日)

一瞬だけ楽しめました。

マイラーズC

1着 サングレーザー

2着 モズアスコット

3着 エアスピネル

堅いだろうな、と思いつつ

10番人気のベルキャニオン(5着)から流していたオイラ

最後の100m位まで夢を見させてもらいましたよ

えぇ、楽しませてもらったので満足です・・・。笑

。。。。。。。。。。

フローラS

1着 サトノワルキューレ

2着 パイオニアバイオ

3着 ノームコア

3着馬から流していたものの1番人気の勝ち馬はともかく

2着のヨシトミ先生はいくら穴党のオイラでも手が出なかったわ。

。。。。。。。。。。

最近思うのだけど

SS系全盛時代はさすがに下降気味なのは周知の通りで

SS後継種牡馬でも成績がいいのはディープ以外はほぼパワー型で

ヨーロッパの競馬みたいなNDのクロスがやたら走ってきてて

他に目につくのはMP×NDとかロベルト×NDとかMP×ロベルトとか(逆もアリ)

ハービンジャーとかちょっと違うけどノヴェリストとか

素人のオイラが言うのもなんだけど

NFってやっぱり凄いよなぁ・・・。

フローラSとマイラーズC。

フラワーC

本命ノームコア

復調気配のトサキ×外枠のハービンジャーってことで。

相手も穴っぽいところへ

オスカールビーウスベニノキミノーブルカリナンレッドベルローズ

ヴェロニカグレース

馬連、ワイド。

。。。。。。。。。。

マイラーズC

堅そうな気がするので穴馬から常識的なところへ馬連、ワイドをちょっとだけ。

ベルキャニオンから

エアスピネルサングレーザーロジクライ

。。。。。。。。。。

ん~~~、

今日も当たる気がしない・・・。

2018年4月21日 (土)

何かとウラ目。

福島牝馬S

1着 キンショーユキヒメ

2着 カワキタエンカ

3着 デンコウアンジュ

いやぁ、

買いたい馬が多すぎてどれを切ったらいいのか悩み

2着馬も3着馬も好きな馬なんだけど

2着馬は1番人気だし、3着馬は狙いは人気落ちの次だろ。

と、そんな理由で泣く泣く切ったらこのザマだよ。笑

。。。。。。。。。。

なんか納得行かなかったオイラは府中のメインを買うことに

買いたかった馬は2頭

鞍上を確認するとユーイチユタカ。笑

複勝はあんまりつかないのでどちらの単勝を買うか

オイラ的にもの凄く馬券の相性の悪いユタカ

オイラ的にイマイチ信用できないユーイチ

オイラ的にはある意味究極の選択

で、選択したのはユタカ

で、勝ったのはユーイチ

ちなみに単勝10.7倍

( ̄  ̄メ)  キミタチ、ワザトデショ?

やることすべてウラ目だわ・・・。 orz

。。。。。。。。。。

いつもだったら

先週(ワグネリアンで)ユーイチで溶かしたカネはユーイチに返してもらう。

とかそんな考え方なのに今日に限ってウラ目の選択

・・・つまりは

オイラが究極に勝負弱いってことだな・・・。笑

福島牝馬S。

ダメだ、12頭立てなのに買いたい馬が多すぎる。笑

なんとか5頭まで絞ってみた。

レイホーロマンストーセンビクトリーゲッカコウキンショーユキヒメ

ロッカフラベイビー

馬連、ワイドのボックスで。

。。。。。。。。。。

今週は疲れ切ってて

ちゃんと消灯して寝た日が一日もありませんでした

どうしましょうかね・・・。

2018年4月15日 (日)

全てが振り出しに。

アンタレスS

1着 グレイトパール

2着 ミツバ

3着 クインズサターン

単複を買っていたメイショウスミトモは12着

あぁ、そうですか。

。。。。。。。。。。

皐月賞

1着 エポカドーロ

2着 サンリヴァル

3着 ジェネラーレウーノ

あぁ、そうですか・・・。

。。。。。。。。。。

皐月賞について特に感想やコメントはありません

だって、何をどう解釈したらいいのか全く解らないんだもの。笑

。。。。。。。。。。

まぁ、強いて言えば

馬券になった上位3頭がいずれも社台系の生産馬でなかったことが

オイラ的にはある意味救いだったかな

どうせ荒れるんだったらこういう結果もアリかな、と

ま、3着馬は育成がNF天栄だったらしいけどね。

。。。。。。。。。。

さて、

ダービーは今日の結果がどう反映されるんでしょうね?

これが新しい序列なのか

あくまでも特殊な結果だったのか

なんていうか

すべてが振り出しに戻った皐月賞ってことで。

皐月賞とアンタレスS。

皐月賞

本命ワグネリアン

絶対的に強いとは思ってないのだが

やはり今年はこの馬に一番魅力を感じる

しかしながら今日の天気や馬場状態よりも鞍上が不安なので

相手を絞って馬連、ワイドのボックスで。笑

タイムフライヤーオウケンムーン

あとは押さえで

ジャンダルムアイトーンジェネラーレウーノ

馬連、ワイド。

。。。。。。。。。。

アンタレスS

ここまで考えたらもうめんどくさくなったので

メイショウスミトモの単複。笑

。。。。。。。。。。

昨日のオイラのハズレ馬券を

「惜しいところまできている」とみるか

「びみょ~にズレている」とみるか

是非前者であってほしいものだが・・・。笑

2018年4月14日 (土)

頂上決戦はこうあるべき。

アーリントンC

1着 タワーオブロンドン

2着 パスクアメリカーナ

3着 レッドヴェイロン

本命にしたインディチャンプはまさかのハナ差4着

直線で前が塞がることを危惧したイワタ

安全策をとってかなり距離のロスをしたが

前が詰まったら詰まったで文句をいうのは目に見えているので

まぁ、これはオイラも我慢するしかないですな・・・。笑

。。。。。。。。。。

中山GJ

1着 オジュウチョウサン

2着 アップトゥデイト

3着 ニホンピロバロン

三連単で買った4頭が1~4着だったが

馬、鞍上、オッズ、いろんなことを考えて

アップトゥデイトを頭固定にしたのでハズレ

でも結果に何の不満もないし

昨年の暮れに続いてまたしても名勝負でしたな。

。。。。。。。。。。

いや、

昨年の暮れよりももっとガチで

「2強」に対して果敢に勝負に挑む馬と鞍上がいて

それを馬体をぶつけて抑え込むシーンもあり

最後は勝ち馬が凄かったけど

やっぱりアップトゥデイトもあの展開で最後に挫けないのは凄すぎるでしょ

馬と引退間近の鞍上に素直に賛辞を贈りたいです。

。。。。。。。。。。

さて、

平地のGⅠはどうなんでしょうね

生産、育成、馬主サイドの思惑とか鞍上配置の序列とか

重要なファクターが完全に昔とは変わってしまって

なんか本来の厩舎間の戦いから厩舎がただの中継地点になり

展開とか馬場状態とか鞍上の思惑とか

本来であればかなり重要だったファクターが

レースによっては「完全に無意味」になってますよね?

。。。。。。。。。。

もしかしたらJGⅠが

これから暫く名勝負を作っていくかもしれませんな・・・。

中山GJとアーリントンC。

中山GJ

まぁ、堅いでしょう。笑 

なので点数絞って「観戦料」としてアップトゥデイト頭固定の三連単

2着にニホンピロバロンオジュウチョウサン

3着に上記2頭に加えてルペールノエル

。。。。。。。。。。

アーリントンC

本命インディチャンプ

強い根拠はないのだけど

今年重賞で調子のいいシルクRだし。笑

相手は

パスクアメリカーナピースユニヴァースタワーオブロンドンレッドヴェイロン

ラセット

馬連及びパスクアメリカーナと2頭軸の三連複。

。。。。。。。。。。

今夜から明日の昼にかけて雨予報だけど

皐月賞はどんな馬場になるんでしょうね・・・?

2018年4月 8日 (日)

解りやすい結果。

桜花賞

1着 アーモンドアイ

2着 ラッキーライラック

3着 リリーノーブル

思ったほどレースが流れてくれなかったけど

もっと流れたとしても同じ結果だったかも知れませんね

どのみち実績上位の2、3着馬を切ったので致し方ない。

。。。。。。。。。。

シンザン記念の直後はアーモンドアイで鉄板と書いた記憶があるが

その後の結果を受けてレースレベルを疑うようになり

今日、本命にしきれなかったのが情けないですわ

結論から言えば

阪神JF、チューリップ賞の上位3頭は間違いなく強くて

シンザン記念は間違いなくレベルが低かった

ただアーモンドアイは「レースに参加してなくて」

「ただ1頭別次元のレベルで回ってきた」

そういうことだったんでしょう。

。。。。。。。。。。

さて、来週の皐月賞

オイラがユーイチを本命にできるかどうか

ある意味自分との闘いだわ。笑

桜花賞。

大外に入ったツヅミモンがヤケクソ気味に逃げれば面白いのになぁ。

・・・そんなことを思いながら

オイラ的にここまでインパクトのあった差し馬を買ってみることにした。

アンコールプリュトーセンブレスアーモンドアイプリモシーンマウレア

馬連、ワイドのボックスで。

。。。。。。。。。。

ここまで社台系の馬が揃うと「思惑」というものが

「生産者」なのか「馬主」なのか「厩舎」なのか

どこにあるのかさっぱり解りませんな?

2018年4月 7日 (土)

真逆の予想と結果。

阪神牝馬S

スタート直後のオイラの独り言

あぁ、だからノリちゃん行かせちゃダメだって・・・!!

はい、案の定の逃げ切り&前残り。

1着 ミスパンテール

2着 レッドアヴァンセ

3着 リスグラシュー

ラビットランから差し馬中心に流していたオイラは完全にお手上げ。

。。。。。。。。。。

ニュージーランドT

1着 カツジ

2着 ケイアイノーテック

3着 デルタバローズ

今開催の中山芝はND系を中心に完全にパワー型になっているので

そういう血統の馬を買ったというのに

人気のディープ産駒のワンツーというトホホな結果。

( ̄  ̄メ) ナンデ・・・ナンデナンナノ・・・。

。。。。。。。。。。

明日の桜花賞はスローの前残りになるのか

オイラが希望しているハイペースの差し決着になるのか

自分の裏をかいて前残りを買うか

初志貫徹で差し馬を並べるか

さらに裏をかいてそのまた裏をかいて・・・

キリがないから明日の朝考えるわ。笑

ニュージーランドTと阪神牝馬S。

ニュージーランドT

よく解らないので敢えてパワー型の馬たちを買ってみる。

ラムセスバローズファストアプローチリョーノテソーロアンブロジオ

馬連、ワイドのボックス。

。。。。。。。。。。

阪神牝馬S

ここまで人気が落ちたならラビットランから馬連、ワイド。

相手は手広く

ジュールポレールリスグラシューミエノサクシードデンコウアンジュ

ソウルスターリングワントゥワン

。。。。。。。。。。

明日の桜花賞はまだかなり悩んでます。

2018年4月 1日 (日)

購入前のオッズの確認忘れずに。

大阪杯

1着 スワーヴリチャード

2着 ペルシアンナイト

3着 アルアイン

辛うじてワイド6.4倍、的中

ついでにに中山9Rチャロネグロからワイド流しで4.7倍、的中したので

本日の回収率は46.3%でした

それでもそんなもんかとか言わないように。笑

。。。。。。。。。。

事前の予測ではスワーヴリチャードがグリグリ人気になると思って

単勝を確認したときにあれ?と思ったんですけど

後から確認したらアルアインの方が連勝系では圧倒的に売れてたんですね?

馬連でこんなにつくんだったらスワーヴリチャードも買い目に入れておけばよかったよ

馬券の購入前にオッズの確認はした方がいいですな・・・

オイラ、基本的に穴党なんであんまりオッズの事前確認しないんですよね

ちなみに買った5頭は2、3、4、6、8着

そんなにズレてないとは思うんですけど

若干の不満を言えば

せっかくヤマカツライデンがいいペースで引っ張ったんだから

ヤマカツエース(4着)あともうちょい頑張れよ。

。。。。。。。。。。

レース自体は何かと忖度のあった昨年とは違って

チームプレーあり、それを壊しに行ったタナベの勇気あり、

さらにそこから動いていったミルコの技術ありで面白かったですよ

今年ここまで3鞍のGⅠは久々にいい感じの内容

(ちなみに珍しくここまでオイラは3戦3勝)

今年はこのまませめてGⅠだけでもガチ勝負継続を熱望します。

大阪杯。

いろいろ考えたが

昨年の皐月賞の上位3頭と

昨日の血統傾向を加味した2頭の馬連、ワイドのボックス。

ヤマカツエースペルシアンナイトアルアイントリオンフダンビュライト

。。。。。。。。。。

アルアイン以外の人気2頭が来たら諦めます。笑

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »