« 東京新聞杯ときさらぎ賞。 | トップページ | 共同通信杯と京都記念。 »

2018年2月 4日 (日)

どの道サトノヤリでは。

きさらぎ賞

1着 サトノフェイバー

2着 グローリーヴェイズ

3着 ラセット

で、

本命にしたカツジは一瞬勝ったと思ったがタレて5着

ま、

いずれにしても1着馬も3着馬も買ってなかったので仕方ない。

。。。。。。。。。。

東京新聞杯

1着 リスグラシュー

2着 サトノアレス

3着 ダイワキャグニー

で、

本命にしたクルーガーは馬体減が響いたのか8着

正直、

クルーガーリスグラシューのどちらを本命にしようか散々悩んだんだけど

オイラとユタカの相性の悪さを考えてクルーガーにしたのだが

こちらもサトノアレスを買ってなかったので仕方ない

ちなみに本命馬が消えたのでどうこういうことでもないのだけど

掲示板に載った馬で持ってなかったのは2着馬だけ

人気薄の4、5着馬も持ってたのにねぇ・・・。笑

。。。。。。。。。。

サトノ馬には何の恨みもないのだけど

やっぱりほとんどの馬が良血で一流厩舎に入って一流騎手が乗るので

オイラ的にはムダに人気になってるとしか思えなくて

迷ったときには真っ先に切る対象になってしまうのですよ

でも、まぁ、

きさらぎ賞サトノフェイバーミナイ厩舎でブレイク予感のフルキチ騎乗

ここが買い時だったかも知れませんなぁ。

。。。。。。。。。。

昨日は血統を見ながらちょいちょい買って当たったので

トータルでの傷はかなり浅くて済んだんだけど

今日は血統以外の要素が強かった気がします

走るのは馬、走らせるのは人、

いまさらながら競馬は奥が深いですわ・・・。

« 東京新聞杯ときさらぎ賞。 | トップページ | 共同通信杯と京都記念。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京新聞杯ときさらぎ賞。 | トップページ | 共同通信杯と京都記念。 »