« シンザン記念。 | トップページ | 京成杯と日経新春杯。 »

2018年1月 8日 (月)

とりあえずここまでで思うこと。

シンザン記念

1着 アーモンドアイ

2着 ツヅミモン

3着 カシアス

本命にしたカフジバンガードは5着だったのでハズレ。

。。。。。。。。。。

え~~~と、どこから行きましょうかね?

このレースの勝ち馬からにしますか

後半4F加速し続けたラップを差し切ったんだから相当強いですね

そもそも出世レースのシンザン記念で馬券になる牝馬ってのは

それだけで価値がぐぐっと上がりますからね

桜花賞の有力候補でしょう

しかも上手くいけば母の血と父の父の血が目覚めれば

オークス、そして秋も、ってなことになるかもしれませんね。

。。。。。。。。。。

2、3着馬は先行して巧く残ったのは間違いないけど

2着馬はロベルト×ダンスインザダーク

どんだけスタミナがあんだよ?的な感じなんで

今日の馬場が味方したのは否定できないと思いますけど

いわゆる王道路線ではなく非根幹距離の路線だったら期待できそう

3着馬はねぇ、

オイラはどうしてもキンシャサノキセキを評価できないので

買いづらいったりゃありゃしない馬の1頭

だけど距離を延ばしつつそれなりの結果を出してることは評価せざるを得ない

なので余計に買いづらいったりゃありゃしないワケで。笑

。。。。。。。。。。

本命にしたカフジバンガード

ワグネリアンとの比較からここでも行けると思ったけど

まぁ、鞍上がちょっとヘタッピに乗ったせいもあるけどね

道悪は巧いとの陣営の言葉を鵜呑みにすればもうちょい頑張れよ、と

ただ気になるのは東スポ杯の2、3着馬もホープフルSで惨敗してること

考え方は2つ

実はワグネリアンもヘンリーバローズもルーカスも思ってたほど強くない

ホープフルSの上位入線馬と朝日杯の勝ち馬が強い

もしくは

東スポ杯のレベルが高すぎて疲労が抜けてないのに

年内にGⅠ使ったもんだから馬的にもうムリです的な感じ

カフジバンガードも年明けすぐで同様の理由で最後は中途半端な伸び。

。。。。。。。。。。

牝馬はなんか見えてきたけど

牡馬は結局、共同通信杯スプリングS弥生賞毎日杯を見ないとね

でもね、

牝馬はもともとレベルが高かったチューリップ賞がGⅡに格上げされたから

ここの結果次第ではまだまだ二転三転あるかもですね。

« シンザン記念。 | トップページ | 京成杯と日経新春杯。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シンザン記念。 | トップページ | 京成杯と日経新春杯。 »