« 宝塚記念。 | トップページ | ラジオNIKKEI賞とCBC賞。 »

2016年6月26日 (日)

高いレベルのカオス状態。

宝塚記念

1着 マリアライト

2着 ドゥラメンテ

3着 キタサンブラック

カスリもしなかったけど面白いレースだったのでよしとします。

。。。。。。。。。。

勝ったマリアライト

典型的な非根幹距離馬だとは思っていたけれど

枠順も踏まえてさすがに厳しいかと思いきや見事な差し切り

馬場も味方したとはいえ思ってた以上に強いと思いました

てか、

エビナ、サスガだわ。

。。。。。。。。。。

2着のドゥラメンテ

ローテーションも含めてやはり万全ではなかったんでしょうね

しかしながら最後に連を確保したあたりはさすが「暫定現役最強馬」

敢えて暫定という表現をしましたけど

正直、かなり強いのは間違いないけど

どんな条件でも相手を捻じ伏せられるほどの破壊力はないと思います

今は只々脚を治して再びワールドクラスなのを見せてほしいです。

。。。。。。。。。。

3着のキタサンブラック

今日は配当的な問題で買い目には入れなかったけどやっぱり強いですな

この馬もどちらかと言えば「非根幹距離馬」

・・・っていうか、

根性の塊と言ったらいいか根性のみで走ってるといったらいいか

これで非根幹距離の有馬記念はともかく

瞬発力勝負の天皇賞・秋とかJCで上位に来るようなら

ニュータイプというか

オイラの世代で言えば「新人類(新馬類?)」というか。(分かるかなぁ~?笑)

。。。。。。。。。。

で、

今日の結果で一番驚いたのはあわやの4着のラブリーデイ

昨年儲けさせてもらってこんなこというのもなんだが

昨年の中長距離路線は

まぁ、カオス状態というかニッチ産業状態というか

隙間年度だったのは間違いないと思うのよ

そんな中天皇賞・秋までブッコ抜きつつ

その後はびみょ~な成績が続いてたけれどもね

正直オイラはもう要らないと思ってましたよ

しかしながらのこの結果

しかもですよ、

ここにエイシンヒカリリアルスティール

そんでもってゴールドアクターサウンズオブアースが加わるんでしょ?

他にも有力な牝馬が複数控えてるしね??

。。。。。。。。。。

世間の評価以上に日本の中長距離路線は

結構高いレベルのカオス状態

なのかも知れませんよ・・・?

« 宝塚記念。 | トップページ | ラジオNIKKEI賞とCBC賞。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宝塚記念。 | トップページ | ラジオNIKKEI賞とCBC賞。 »