« ラジオNIKKEI賞とCBC賞。 | トップページ | 思い出したので買ったら勝った。 »

2015年7月 5日 (日)

怪しいとは思ってた。

CBC賞

1着 ウリウリ

2着 ダンスディレクター

3着 サドンストーム

まぁ、堅い決着でしたけどね、

全くカスリもしませんでしたけど、何か?笑

。。。。。。。。。。

ラジオNIKKEI賞

1着 アンビシャス

2着 ミュゼゴースト

3着 マルターズアポジー

まぁ、こちらもカスリもしなかったんですけどね、

勝ち馬は1番人気でハンデ頭という完全に「消える馬」のハズでしたけど

・・・さすがに超ハイレベルの共同通信杯の3着馬

鞍上の腕も含めて「データよりも実力が1枚上」って感じでしたね。

。。。。。。。。。。

てかね、

12番人気で3着したマルターズアポジー

オイラねぇ・・・クサイと思ってたんですよ・・・

馬券として当たったかどうかは別にして

最後まで買い目に入れようかどうしようか悩んだんですよねぇ・・・。

。。。。。。。。。。

だってさ、

早熟で短距離志向の強いと思われるゴスホークケン産駒がですよ

デビューから4戦2000mを使われ続けてること自体怪しいでしょ??

ゴスホークケンという種牡馬が世間が思ってるものと乖離しているのか

はたまた血統に関係なくこの馬は中距離で戦えると陣営が判断したのか

いずれにしても常識的には「不可解な臨戦過程」

と、言っても結果は出していたワケで

中央場所では解らないけど

ローカルなら充分にやれる力はあるよなぁ。

。。。。。。。。。。

SS絶対の時代が終わった今、

ま、SS系を筆頭に解りやすい血統はいいとして

新しくて解りづらい種牡馬の詳しい解説を

競馬雑誌でこと細かく特集してくれると嬉しいんだけどねぇ。

« ラジオNIKKEI賞とCBC賞。 | トップページ | 思い出したので買ったら勝った。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラジオNIKKEI賞とCBC賞。 | トップページ | 思い出したので買ったら勝った。 »