« 裏の本命、頑張ったが。 | トップページ | あれから一年経ちました。 »

2009年6月25日 (木)

今更ながら臓器移植法案。

先週書こうと思っていたのだが

なにげに競馬の話題が結構あって

ついつい後回しに。

。。。。。。。。。。

脳死を人の死とする法案が

とりあえず可決されたが

必ず言われているのが

「待つ側」と「脳死判定される側」

。。。。。。。。。。

大人や子供、

その生活していた環境など

一概にまとめて括ることはできないが

臓器提供を待つ側は

一刻も早い提供を望むだろうし

体は成長し続けているのに

「脳死」、すなわち「死んでいる」

と、判定される側は

その人生のすべてを否定される。

。。。。。。。。。。

オイラの個人的な意見はこう。

ほんの数十年前までは

臓器移植なんて技術は無かった

医学技術の発展が

患者に対する「希望」

そして

対極的な位置にある別の患者に

「余計な問題」を作り出した。

。。。。。。。。。。

・・・そう、

ほんの数十年前までは

みんな「あるがままの事実」

これを受け入れていたんだよ。

。。。。。。。。。。

理論的に助かるのが解かっていても

倫理的に助けなければいけないのは

「待つ側」でも「提供する側」でもない。

本人、その家族、etc.

この人たちの

倫理観、人生観、

そして軸足をどこに置いて生きてきたか。

。。。。。。。。。。

もう一度言う。

受け入れるべきは

「あるがままの事実」

どの立場でどう転ぶか解からんが

人生、なるようにしかならん。

« 裏の本命、頑張ったが。 | トップページ | あれから一年経ちました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裏の本命、頑張ったが。 | トップページ | あれから一年経ちました。 »