« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

馬場に行ってたらどれだけやられたことか。JBC。

オイラの職場は品川区。

大井競馬場にも

ひじょ~に近い。

。。。。。。。。。。

久しぶりに馬場に行って

JBCで勝負するかなぁ

と、ちょこっと思ったものの

洗濯もしなくてはならんしなぁ、

と、お家で投票&観戦。

。。。。。。。。。。

JBCスプリント

基本的には穴狙いのオイラだが

ここはリミットレスビッドで堅いだろ。

と、馬単と頭固定の三連単を購入。

しかし、気持ちよく伸びてきたのは

御神本くん騎乗の

白い馬体フジノウェーブ

2着プリサイスマシーン、3着アグネスジェダイ

フジノウェーブは押さえてはいたが

肝心のリミットレスビッドは4着。

地方馬初のJBC競走制覇おめでとう。

・・・しかし、何で今日に限って

アンカツ本命にしなかったんだろ。爆

馬連でも万馬券だったのにねぇ。

。。。。。。。。。。

そんなこんなで

気持ちが凄く揺らいだJBCクラシック

ブルーコンコルドからと思っていたが

アンカツも買わなくちゃ

と、ブルーコンコルドサンライズバッカス

2頭の頭固定の三連単、

そして

1番人気負けるかも

と、ブルーコンコルド2着付けの馬単、

さらに

御神本くんが勝ったなら

戸崎くんが勝ってもよかろう

さらにさらに

フジノウェーブが勝ったなら

同じく白い馬体のクーリンガーもあるかも?

と、メーンエベンタークーリンガーからの馬連も購入と

収拾が付かなくなってしまったオイラ。

しかし、だ。

勝ったのはのヴァーミリアン。爆

2着フリオーソ、3着サンライズバッカス

撃沈。

。。。。。。。。。。

馬場に行ってたら

明日の朝イチで銀行に行くハメになってたかも。爆

2007年10月29日 (月)

待機策なら、そう言ってくれれば。

昨日の天皇賞

強烈な逃げ馬がいないここは

昨年と同じような展開になると思い

ダイワメジャーから流したオイラ。

しかし、メイショウサムソンの後ろを追走してたのを見て

あれ??

と、思っていたが・・・。

。。。。。。。。。。

アンカツのコメント。

あんな不利を受けるなら自分が行ってしまえば良かった。手応えが良かっただけに残念だ。

。。。。。。。。。。

待機策、だったのね?

直前までダイワメジャーメイショウサムソン

どっちを本命にするか

悩んでいたオイラ。

待機策なら、そう言ってくれれば

メイショウサムソン本命にしたのに。

まぁ、どっちにしても

先行馬中心に買ってたから

アグネスアークまで手がまわらなかったけどね。笑

。。。。。。。。。。

しかし、この兄妹は

先行して後続に

なし崩しに脚を使わせて

押し切る競馬のはず。

待機策を取ったってことは

やはり衰えを感じていたんですかね?

。。。。。。。。。。

是非、

「オイラの中では日本一」のアンカツに

理由を聞いてみたいもんです。

2007年10月28日 (日)

メイショウサムソンは強かったが。天皇賞・秋。

何だか後味の悪い天皇賞でしたな。

。。。。。。。。。。

オイラの本命ダイワメジャー

好スタートから先団の5~6番手へ

・・・って、あれ?

何でその前にメイショウサムソンが?

と、嫌な疑問を残しつつも

レースは最終コーナーへ。

外からまくるアンカツ

内を突くユタカ

もうここで勝負はあったのだが

馬単はともかく

馬連はBOXで買ってたオイラ。

まぁ、どれか当たるだろ。

と、呑気に構えていたのだが・・・。

。。。。。。。。。。

直線半ばでエイシンデピュティ

内にヨレ、反動で外にヨレ、

アグネスアーク(たぶん)、シャドウゲイトダイワメジャーアドマイヤムーン、と

次々に玉突き事故状態。

( ̄  ̄メ)  テメ・・・。

全馬追い出していたので

下手をすれば大事故になっていた可能性も。

。。。。。。。。。。

勝ったメイショウサムソン

ほんとに強かったし

アクシデントがなくても順位は変わらなかったと思う。

が、2着以下は解らんかったぞ?

それでも最後まで伸びた2着のアグネスアークは立派だったが・・・。

。。。。。。。。。。

いづれにせよダイワメジャーが勝てなかったのは間違いないが

何か納得出来ないレースだった。

まぁ、怪我人がでなかっただけでも

よかったと思うけど。

。。。。。。。。。。

で、BOXで買ってた馬連。

もちろんメイショウサムソンは入れてたけど

当然アグネスアークは入れてませんでした。爆

天皇賞・秋。

もう1度ダイワメジャーから。

前走は3着に負けたとはいえ

休み明けで59kgの上

もの凄いハイペースを追いかけて

自ら動いて差されたもの。

普通ならズブズブに沈んでもおかしくないが

3着に残ったのはやはり実力。

しかも、自身の持ち時計を短縮している。

今回は前走ハイペースを作った馬たちが出てこない。

去年と同じような展開になると見る。

但し、相手が厄介。笑

メイショウサムソンローゼンクロイツシャドウゲイトチョウサンマツリダゴッホ

あと、押さえで人気の2頭

アドマイヤムーンポップロックまで。

。。。。。。。。。。

馬連はBOXも買っておくかな。笑

2007年10月27日 (土)

久々にプラス回収。武蔵野S。

何だか外が台風らしくなってきました。笑

今日はよく解らない

と、言うか

あんまりやる気もなかったので

東西重賞は馬連BOXで買ってたオイラ。

。。。。。。。。。。

武蔵野S

ウイングシチーが逃げるかと思っていたが

もしやと思い買い目に入れたエイシンロンバード。

これが正解。笑

ハナを譲らず田んぼの中をスイスイ一人旅。

直線に向いても脚色に衰えなし。

おぉ、にげろっ。

と、上機嫌なオイラ。笑

あとは出来ればイブロンあたりが・・・。

と、贅沢なことを考えていたが

1番人気のワイルドワンダーが突っ込んできた。

まぁ、いいか。

どこまでも贅沢なオイラ。爆

結局、

エイシンロンバードが逃げ切って1着。

2着ワイルドワンダー、3着トーセンブライト

馬連39.9倍、的中。

。。。。。。。。。。

今回はきっと差しで決まるハズ

と、思っていたスワンS

スプリンターSは誰もアストンマーチャンに競いかけずにまんまと逃げ切られたが

さすがに今回はそうはいかんだろ。

。。。。。。。。。。

やはり好スタートからハナに立ったアストンマーチャンだったが

今回は絡む輩が続出。笑

直線に入ると

さすがに先行勢は、いっぱいいっぱい。

ところが最初にいい脚で伸びてきたのは

何だかバッサリ切った気がする白い馬体。爆

(; ̄Д ̄) ふさいちりしゃーる・・・。

外からスーパーホーネットが凄い脚で突っ込んできた。

連れてもう1頭上がってきたが・・・。

ん?何だ?ドラゴンウェルズ?

これもバッサリ切った。爆

結局、スーパーホーネットがハナ差交わして優勝。

2着フサイチリシャール、3着ドラゴンウェルズ

1着馬は買ってたものの

2、3、4着馬がまるっと抜け。爆

。。。。。。。。。。

スーパーホーネットはようやく

「オープン大将」から脱出。笑

でさ、よく考えたら

2年前の朝日杯FSの2、1着馬なんだね。

。。。。。。。。。。

今日は他のレースも

ちょろっと買ってたんだけど

当たったのは武蔵野Sのみ。

でも、回収率133%で久々のプラス。

頑張ったぢゃないか、オイラ。爆

武蔵野SとスワンS。

ただでさえ荒れるっぽいのに台風って。。。

どっちも馬連5頭のBOXで。

武蔵野S

ビッググラスイブロンエイシンロンバードロングプライドワイルドワンダー

スワンS

ジョリーダンスタマモホットプレイブラックバースピンスーパーホーネットペールギュント

。。。。。。。。。。

昨夜は食事するのも忘れて寝てしまうほど

疲れておりました。笑

2007年10月25日 (木)

よく意味が解りません。ホウオー、JCDへ。

すっかり走らなくなったフサイチホウオー

なんと、JCDに出るそうだ。

。。。。。。。。。。

21日の菊花賞(GI)で8着に敗れたフサイチホウオー(牡3、栗東・松田国英厩舎)が、11月24日に東京競馬場で行われるジャパンCダート(GI)に出走することがわかった。

同馬は、共同通信杯(GIII)などデビューから重賞3勝を含む4連勝で春のクラシックに臨んだが、皐月賞(GI)3着、日本ダービー(GI)では単勝1.6倍と圧倒的な1番人気に推されるも7着と敗戦。巻き返しを図った秋も、神戸新聞杯(GII)12着、菊花賞と大敗が続いていた。初となるダートへの出走は今後を占う意味でも重要なレースになりそうだ。

。。。。。。。。。。

まぁ、この厩舎は過去にも実績があるから

批判とかする気はないんだけど

意味がわからん

って言うのがオイラの正直な感想。

確かにいままでのレースぶりを見てると

直線よ~いどん、よりも

消耗戦の方があってる気はする。

でもさ、なんか気持ちの問題のような気がするんだよねぇ。

決して力負けとかではないと思うよ。

秋の2戦だって

そんなに下手なレースはしてないと思うけど

結局直線で伸びない。

やる気が失せたのか

何か面白くないことがあって拗ねたのか。

気持ちが戻れば

いづれGⅠ獲れると思ってるんだけど・・・。

。。。。。。。。。。

今年の3歳のダート組は強い。

フサイチホウオー

ダートに変わった途端に勝ったりして。笑

2007年10月24日 (水)

次は言い訳できないぞ。ウオッカ、エリザベス女王杯へ。

ウオッカ、JCではなくエリザベス女王杯へ。

。。。。。。。。。。

14日の秋華賞(GI)で3着に敗れたウオッカ(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)が、11月11日に京都競馬場で行われるエリザベス女王杯(GI)に出走することがわかった。23日、同馬を管理する角居調教師が明らかにしたもの。

牝馬として64年ぶりに日本ダービー(GI)を制した同馬には、当初ジャパンC(GI)への出走プランもあったが、オーナーの意向によるもの。同レースには秋華賞を制したダイワスカーレット(牝3、栗東・松田国英厩舎)も出走。同馬とは1勝2敗という成績で、敗れた2戦はいずれもGI(桜花賞、秋華賞)。4度目の対決は「最優秀3歳牝馬」の行方を占う意味で重要なレースになりそうだ。

。。。。。。。。。。

まぁ、正直な話、古牡馬相手は

まだちょっとキツイと思っていたので

これでいいでしょう。

で、目の上のタンコブダイワスカーレット

オイラはずっとダイワスカーレットが強い

と、言い続けてきたので

エリザベス女王杯も本命にする予定だけど

今度は差し馬有利の外回り2200m。

。。。。。。。。。。

ウオッカダイワスカーレットの実力は

正直、そんな差は無いと思う。

馬場、展開、

そして、騎手。

これで順位が入れ替わる程度の問題。

。。。。。。。。。。

チューリップ賞

アンカツウオッカの脚を測った。

で、桜花賞

アンカツが絶妙のスパートで

ウオッカの脚を封じた。

秋華賞も同じ。

ただウオッカは休み明けだった分

1回使ったダイワスカーレットにアドバンテージがあったのも事実。

。。。。。。。。。。

四位くんが下手だとは言わない。

むしろ騎乗技術はかなりのもん。

でも、でもね、

アンカツのレース運びとか駆け引きの巧さ

これと比べちゃうと

四位くんには可愛そうだが

ナイトウとカメダ位の差があるんだな。

。。。。。。。。。。

エリザベス女王杯

よほどペースを攪乱する馬が出ない限り

アンカツがレースを支配するハズ。

・・・オイラはそれでいいのだが、笑

四位くんウオッカが勝つには

そのアンカツに付き合わないことだぞ。

。。。。。。。。。。

先行馬だったトゥザビクトリー

後方一気で勝利に導いた

ユタカの騎乗を見習えば

雪辱できる可能性は高いぞ。

。。。。。。。。。。

これで負けたら

騎手の差だろ

と、言われるのは必至。

。。。。。。。。。。

でも、

それを密かに期待しているオイラです。爆

2007年10月23日 (火)

半身創痍。

今日は特に書きたい競馬のネタもないので

ちょっと気の毒な話、オイラの左半身編。

。。。。。。。。。。

1ヶ月程前、朝起きたら

左手首がもの凄く痛かった。

あたかも捻挫したかのよう。

しかし、心当たりなし。

未だ痛いのだが、大分良くなってきた。

。。。。。。。。。。

しかし先週、

左手中指の爪の間に

ベルトのピンを突き刺す。

爪の横から肉がはみ出て

ものすっごく痛かった。

これも未だ痛いのだが、治りかけてきた。

。。。。。。。。。。

しかし昨日、

左足のスネを強打。

これはまだほんとに痛い。

。。。。。。。。。。

ところがこれで終わらない。

今日、

左手親指をぶつけた。

幸い、突き指はしなかったが

爪の間から血が出た。

これは生々しく痛い。

。。。。。。。。。。

この調子だと

左の腕か脚がもげるのも

時間の問題だな。爆

2007年10月22日 (月)

本日の気になったニュースと一言。

よいこの味方タイガーマスク岩手で圧勝。

22日、盛岡競馬場で行われた8R・C2 2組(ダート1600m、1着賞金19万円)に、賞金の一部を児童養護施設などに寄付することで話題を集めたタイガーマスク(牡3、岩手・櫻田勝男厩舎)が小林俊彦騎手を鞍上に1番人気(単勝2.1倍)で出走。スピードの違いでハナに立ち、直線に入り楽な手応えで後続を突き放すと、9番人気ダニエルジェードに3.1秒をつける大差で初勝利を飾った。勝ちタイムは1分39秒9(重)。

同馬は父Kingmambo、母がラプレヴォワイアントH(米G2)を勝ったKrisada(その父Kris S.)という血統の米国産馬。60年~70年代のアニメ『タイガーマスク』で主人公のプロレスラー・タイガーマスクがファイトマネーを施設に寄付していたことから、この馬名が付けられた。

今年5月に美浦・藤沢和雄厩舎からデビューし9着と敗れた後、2戦目の3歳未勝利(函館・芝2000m)で2着に入り賞金200万円(うち190万円が寄付された)を獲得。その後2戦して10着、6着と敗れ、9月26日付けでJRA競走馬登録を抹消し、現厩舎に移籍。今回の出走が移籍初戦だった。通算成績5戦1勝(うちJRA4戦0勝)。

。。。。。。。。。。

で、今回も寄付するの?

。。。。。。。。。。

ミルジョージ大往生。

イナリワンやオサイチジョージなどの父として知られる種牡馬ミルジョージが19日、老衰のため死亡した。32歳だった。

ミルジョージは、父Mill Reef、母Miss Charisma(その父Ragusa)という血統の米国産馬。現役時代はアメリカで4戦して2勝。その後骨折が判明し引退、日本で種牡馬入りした。

種牡馬としては天皇賞・春(GI)、宝塚記念(GI)、有馬記念(GI)などを制したイナリワンをはじめ、エイシンサニー(オークス-GI)、オサイチジョージ(宝塚記念-GI)、リンデンリリー(エリザベス女王杯-GI)などを輩出し、地方競馬でも南関東3冠馬に輝いたロジータや、ジャパンC(GI)でシンボリルドルフの2着に健闘したロッキータイガーなどが活躍。99年に種牡馬を引退していた。

。。。。。。。。。。

あれ、もう死んだかと思ってました・・・。

ご冥福をお祈りいたします。

。。。。。。。。。。

仕事中に弁慶の泣き所を強打したオイラ。

。。。。。。。。。。

痛いよっ。

2007年10月21日 (日)

そしてアサクサキングスだけが残った。菊花賞。

むぅ~~~、考えても解らん。

きっと先行した馬が押し切るハズ・・・。

と、先行馬を中心に買った菊花賞

サンツェッペリンアサクサキングスデュオトーンホクトスルタンヴィクトリー

この5頭の馬連、ワイドのBOX勝負。

。。。。。。。。。。

展開も並びも

ほぼ予想してた通り。

おお、いいぞ。

と、思っていたのだが・・・。

。。。。。。。。。。

3~4コーナーでアサクサキングスが仕掛けると

レースは一気に動いた。

しかし、だ。

4コーナーでデュオトーン

立ち上がるほどの不利を受け脱落。

直線入り口でサンツェッペリン

ガス欠で脱落。

続いてヴィクトリー

・・・恐らくガス欠ではなく、

ずっと押さえられていたことに腹を立てて、脱落。

アサクサキングスはグングン伸びる。

そして逃げ粘っていたホクトスルタンだったが

ゴールまでやや距離を残し、脱落。

そして、

アサクサキングスだけが残った。爆。

。。。。。。。。。。

結果は

アサクサキングスアルナスラインロックドゥカンブの順で入線。

もちろん、ハズレ。笑

。。。。。。。。。。

勝ったアサクサキングス

春から強いと思っていたけど

今後も楽しみですね。

久々に

「菊花賞はダービー2着馬」

を、実践してくれました。笑

。。。。。。。。。。

2着アルナスライン

ケガをする前は結構期待してた馬。

前走、古馬相手に結果を出してきたのは

伊達ではなかったですね。

3着ロックドゥカンブ

やっぱり強いよ。

いずれGⅠ獲るでしょう。

。。。。。。。。。。

16着ヴィクトリー

やっぱり馬の気に任せて

行かせちゃった方がいいんぢゃないの?

絶対に押さえられるのがイヤで

最後にスネて伸びないんだと思うぞ?

。。。。。。。。。。

実は、最初に書いた5頭に絞る前に

7頭まで絞って

そこで悩んだオイラ。

で、初めに切ったのが

ロックドゥカンブ

次に切ったのが

アルナスライン。爆

。。。。。。。。。。

おあとがよろしいようで・・・。笑

いつまで考えてもムリ。菊花賞。

もうね、解らないから

先行する馬たちが押し切る方に賭けることにした。

サンツェッペリンアサクサキングスデュオトーンホクトスルタンヴィクトリー

上記5頭の馬連、ワイドのBOXで。

。。。。。。。。。。

こういうこと書くと

差し決着になるんだよな。爆

2007年10月20日 (土)

おや?3歳牡馬かよ。富士S。

強い3歳牝馬カタマチボタンから

馬連、馬単を買ってたオイラ。

えぇ、かすりもしませんでした。爆

いい感じで番手追走してたけど

直線失速、14着。

やっぱり休み明けかなぁ。

もう少し様子を見たいですな。

。。。。。。。。。。

上位入線馬は

実績馬のエアシェイディ以外は

京成杯AH組とポートアイランドS組。

どちらも今回と同じく

上がりがかかったレース。

今後、両レースで

差して届かなかった馬が出てきたら

要注意ですね。

。。。。。。。。。。

で、先行馬が総崩れした中

1頭だけ脚を伸ばしたのが

勝ったマイネルシーガル

レベルが低いと思ってバッサリ切った

3歳牡馬。

むむむ。

ここに来て3歳牡馬、力付けてきたのか?

まだ半信半疑だが・・・。

。。。。。。。。。。

むぅ、だったら明日の菊花賞

3歳牡馬から買うかな

って、おいっ。

。。。。。。。。。。

つまらないオチで

大変申し訳ございません。爆

富士S。

先週、秋華賞を除外された馬が

東西で勝ち上がったように

今年の3歳牝馬はかなり強い。

ここも強い3歳牝馬カタマチボタン本命。

しかもレベルが高かった桜花賞3着馬

オークスはハイペースを追いかけて失速したもので参考外。

母父カーリアン産駒で走る牝馬は

マイラーが多い気がする。

恐らくそっちの血が出ているものと思われる。

唯一の心配は鞍上。笑

しかし52kgなら好勝負できるハズ。

相手は

エアシェイディアンブロワーズスウィフトカレントコイウタトウショウヴォイスシンボリグラン

。。。。。。。。。。

菊花賞、未だ本命決まらず。笑

2007年10月19日 (金)

さて、異常オッズはどれでしょう?

さ~~~っぱり解らない菊花賞

前々日オッズが発表されました。

。。。。。。。。。。

04 ロックドゥカンブ     3.3
17 ホクトスルタン        7.5
16 ドリームジャーニー   8.0
18 ヴィクトリー         8.0
11 フサイチホウオー      9.3
12 アルナスライン     10.4
10 アサクサキングス    10.7
14 デュオトーン      14.2
07 タスカータソルテ     27.5
09 サンツェッペリン    27.6
08 マンハッタンスカイ    33.2
01 ヒラボクロイヤル    36.6
13 ローズプレステージ 59.5
15 ベイリングボーイ    67.4
05 エーシンダードマン   74.4
02 ウエイクアイランド  87.9
03 ブルーマーテル    94.3
06 コートユーフォリア  174.3

。。。。。。。。。。

ロックドゥカンブはいいとして

ホクトスルタンが2番人気なんですね。

多分、

明日の朝

そして明日の夕方で

オッズが結構動くハズ。

当日は一般のファンの投票も

かなり増えるので

落ち着くとこに落ち着くでしょう。

。。。。。。。。。。

今日のこのオッズ

覚えておいて

損はないと思いますよ

2007年10月18日 (木)

さぁ、日本シリーズだ。北海道おめでとう。

北海道日本ハム・ファイターズ

パ・リーグ連覇、

そしてプレイオフ制覇おめでとう。

オイラはパ・リーグの野球が好きだ。

日本シリーズは

どのチームが出場しても

パ・リーグを応援している。

だから、北海道が勝っても千葉が勝っても

どっちでもよかったし

どっちが勝ってもなんかうれしいのだよ。

日本シリーズも頑張れ。

。。。。。。。。。。

負けた千葉ロッテ

キミたちも強かった。

来年は頑張れ。

そしてオイラが贔屓の福岡ソフトバンク

来年こそは王監督を胴上げしよう。

。。。。。。。。。。

今や、球界のエースになりつつある

ダルビッシュ選手

彼はルーキーのとき

「咥えタバコでパチンコ」

で、謹慎し、世間からも叩かれた。

でも彼はそれを撥ね退けて

チャンピオンチームのエースになった。

。。。。。。。。。。

ボクシングでくだらない試合をして

負けてしょげてる情けない坊主

がいるが

自分の実力を理解して

負けた相手に敬意を表せば

まだまだチャンスはあるだろ。

ダルビッシュ選手

あの図太さを見習うんだな。笑

2007年10月17日 (水)

カワシマ厩舎にでも行くんですか?

2日前の記事で申し訳ないが

この話題。

。。。。。。。。。。

グレイスティアラ登録抹消。

05年の全日本2歳優駿を勝ったグレイスティアラ(牝4、美浦・手塚貴久厩舎)が、14日付でJRA競走馬登録を抹消したことがわかった。今後については未定。

グレイスティアラは、父フジキセキ、母がJRA5勝のロイヤルティアラ(その父ノーザンテースト)という血統。叔母に00年4歳牝馬特別・東(GII)3着のフサイチユーキャンがいる。

05年8月にデビューし、3戦目のエーデルワイス賞(交流GIII)で重賞初制覇。12月には全日本2歳優駿(交流GI)で牝馬としては初(交流重賞になって以降)の優勝を果たした。その後も牡馬相手の兵庫チャンピオンシップ(交流GII)を制したが、昨年のクイーン賞(交流GIII)3着以来戦列を離れていた。通算成績12戦4勝(うち地方7戦3勝、重賞3勝)。

。。。。。。。。。。

そう、カツハルのGⅠ連敗記録を

じみ~に止めたアノ馬です。爆

でもさ、この馬

去年のJCBマイル

6着とはいえ

3歳牝馬ながら

アグネスジェダイキングスゾーンナイキアディライトらに先着してるんだよね。

たぶん地方に移籍なんだと思うけど

まさか、

またカワシマ厩舎だったりして。笑

いい馬が続々転厩してくるもんねぇ。

そうなったらもう

船橋のヤンキースと呼ばなくては。爆

2007年10月16日 (火)

がんばれオイラ。

この歳になると

誕生日も特別うれしいものではない。

が、

やはり一人ケーキは

侘しいもんだな

と、あらためて実感。爆

来年も一人かねぇ。。。

2007年10月15日 (月)

見習いたいものです。

ネオユニヴァース、頑張ってますな。

。。。。。。。。。。

今年度の種牡馬別種付頭数が、社台スタリオンステーションの集計でまとまった。この春、もっとも忙しいシーズンを過ごしたのは、同スタリオンに繋養され、種牡馬生活3年目を迎えたネオユニヴァース(牡7、父サンデーサイレンス)で、251頭の繁殖牝馬に種付けを行っている。年間250頭を超える種付けを記録したのは昨年のキングカメハメハ(256頭)、フジキセキ(252頭)に次いで史上3頭目。以下、タニノギムレット(240頭)、ジャングルポケット(231頭)と、同スタリオン繋養の内国産馬が上位を独占した。

なお、新種牡馬ディープインパクト(牡5、父サンデーサイレンス)は、206頭の花嫁を迎えて新種牡馬の中では最多頭数をこなした

。。。。。。。。。。

正直、弱い世代だったし

この馬も2冠馬ではあったが

強くはなかった。

でも、それと種牡馬成績は別。

これだけ繁殖牝馬が集まる

と、言うことは

いい仔が出てるんでしょうな。

。。。。。。。。。。

でもさ、こんなに種付けして

体は大丈夫なんですかね?笑

若さのなせる業?

とりあえず、産駒がデビューしたら

いい成績を残すことを願ってます。

。。。。。。。。。。

オイラも若いころだったらいざ知らず

でも、今は・・・。

ネオユニヴァース

現役の頃は見下していたが

急に尊敬し始めたよ。爆

2007年10月14日 (日)

アンカツおめでとう。馬単的中。だが。秋華賞。

まずは府中牝馬S

アドマイヤキッスから三連単と馬連を買ってたオイラ。

中団の内を追走してたときから

嫌な予感はしていた。

直線で外に出すロスもあり

追い上げてくるも届かず3着。

結果は

デアリングハートアサヒライジングアドマイヤキッスの順で入線。

馬連、3着→1着、2着。

三連単、3着→1着、2着→1着、2着。爆

。。。。。。。。。。

何か、今日は三連単を中心に買ったことが間違いだったのではないか?

と、

さらに嫌な予感がしてきた。

。。。。。。。。。

で、秋華賞

歳の初めからずっと

この馬が強い

と言い続けてきたダイワスカーレットから

三連単と馬単を買っていた。

レースは好スタートを切ったダイワスカーレットがハナに立つ勢いだったが

ヒシアスペンを前に行かせて

予定通りの大名マーク。

3~4コーナーで仕掛けると

直線では早々と先頭に立ち

後続においでおいでの横綱相撲。

追ってきたのはレインダンス

外からウオッカも突っ込んできた。

しかし、そのウオッカ

やはり休み明けの影響だろう、

レインダンスに並んだところで

脚色が一緒になった。

結局、ダイワスカーレットが強い勝ち方を見せ優勝。

2着レインダンス、3着ウオッカ

馬単72.2倍、的中。

。。。。。。。。。。

・・・が、しかし、だ。

ここで素直に喜べないのが

オイラの真骨頂。

三連単、1着→3着→2着。

レインダンス3着付けしか買ってなかった。爆

くぅ、376倍か・・・。

こうなると、ウオッカが2着に来てくれた方が回収率が良かった。

実際、

ウオッカ2着でも万馬券

だったからね。

相変わらず勝負弱いオイラ・・・。

。。。。。。。。。。

ちなみに本日の回収率91%。

ほら、びみょ~すぎて

笑いも取れないぢゃんかっ。爆

秋華賞と府中牝馬S。

秋華賞

歳の初めから強いと言い続けてきた

ダイワスカーレットから。

ただ、相手が絞れません。笑

3強でアッサリも

当然あるかと思うが

人気薄が食い込む余地もあると思う。

一応、相手は

ミンティエアーザレマハロースピードベッラレイアウオッカ

あと、押さえで

ラブカーナタガノプルミエールレインダンスまで。

。。。。。。。。。。

府中牝馬S

レベルが高かったクイーンS組が中心だが

差して届かなかったアドマイヤキッス本命。

内の先行馬が断然有利の札幌。

府中なら届くハズ。

相手は

ヤマニンアラバスタデアリングハートコスモマーベラスアサヒライジング

あと、押さえで

ディアデラノビアテイエムプリキュアスプリングドリューまで。

。。。。。。。。。。

今日は抜けませんように。笑

2007年10月13日 (土)

はいはい、抜けました。デイリー杯2歳S。

東京AJ

一応の本命ノボライトニングから馬単を、

そして馬連はBOXで買ってたオイラ。

結果は

ベストグランチャメイショウタローノボライトニングの順で入線。

はいはい、

1着ベストグランチャ抜けました。笑

。。。。。。。。。。

デイリー杯2歳S

こっちも同じように

一応の本命ウイントリガーから馬単を、

そして馬連はBOXで買ってたオイラ。

。。。。。。。。。。

ポンッと好スタートを切ったウイントリガー

しかし、内の馬が行くと

そのまま下げた。

フジタ、自信アリアリだな。

と、ニヤけるオイラ。笑

3~4コーナーで仕掛けて直線へ。

直線に入ると

悩んだ末対抗に落とした

キャプテントゥーレが抜け出した。

外からウイントリガーが突っ込んでくる。

おぉ、馬連は当たったな。

と、思っていたところ

さらに大外からタケミカヅチがすっ飛んできた。

( ̄□ ̄;) フジタ、コラエロッ。

。。。。。。。。。。

キャプテントゥーレ

良血開花を思わせる

なかなかの競馬で1着。

で、2着争いは

クビ差でタケミカヅチ

3着にウイントリガー。

はいはい、

2着タケミカヅチ、抜けました。爆

。。。。。。。。。。

明日は抜けませんように・・・。

デイリー杯2歳Sと東京AJ。

デイリー杯2歳S

本命ウイントリガー

2走前のクローバー賞勝ちを素直に評価。

今回はフジタも出遅れたりはしない

と、思いたい。爆

相手は

オースミマーシャルキャプテントゥーレシゲルハスラットホッコービクトリー

でも、馬連はBOXで。笑

。。。。。。。。。

東京AJ

本命ノボライトニング

何か強そうだから。爆

相手は

メイショウタローマイネルヴェステンマイネルオーパーマチカネリュウセイ

こっちも、馬連はBOXで。爆

2007年10月11日 (木)

ナイトウ vs カメダ

秋華賞前なのに申し訳ないが

WBCフライ級タイトルマッチについて。

ほとんどの人が同じことを思ってると思う。

チャンピオンナイトウの巧さが光った試合ではあったが

11Rまでは、いい試合だった。

だが、

12Rにカメダがぶち壊した。

「ボクシング」が出来ないのなら

リングに上がるのはもう辞めるべき。

リングはケンカするところではない。

カメダのことは

今まで別に嫌いではなかったが

今日の試合で呆れた。

今後は絶対応援することはないだろう。

それと

TBSの実況したアナウンサー。

カメダ贔屓なのはいいが

チャンピオンに失礼な実況はやめろ。

ほんとに不愉快だった。

以上。

2007年10月10日 (水)

マルヨフェニックス、芝戦線に殴りこみ?

笠松のマルヨフェニックス

黒潮杯勝ちをフロック視する向きもあるが

この強さは本物。

。。。。。。。。。。

10日、笠松競馬場で行われた岐阜金賞(3歳、ダート1900m、1着賞金320万円)は、尾島徹騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝1.2倍)マルヨフェニックス(牡3、笠松・柴田高志厩舎)が、好ダッシュから楽に先手を奪うと、道中一度もハナを譲らず、3角過ぎからスパート。直線に入ると持ったままで後続を突き放し、3番人気コパノアグリグロに8馬身差をつけて圧勝した。勝ちタイムは2分03秒1(良)。さらに3馬身差の3着には5番人気トミノダンディが入った。

勝ったマルヨフェニックスは、父エイシンサンディ、母ビューティーエミ(その父ビーインボナンザ)という血統。昨年10月のデビューから重賞初制覇となったライデンリーダー記念(笠松)まで3連勝を達成。今年に入り、園田ユースC(園田)、東海ダービー(名古屋)を制覇。その後、大井に遠征した前走の黒潮盃(南関東G2・ダート1800m)では、9番人気ながらも2着に3.1/2馬身差をつけて快勝していた。今後は11月3日に京都競馬場で行われるカシオペアS(OP・芝1800m)で初となる芝のレースに挑戦する予定。通算成績11戦7勝(重賞5勝)。

。。。。。。。。。。

実はオイラ

この馬の某関係者と知り合いだったりする。

なので、贔屓目に見てしまうのは否めないが

さっき、レース映像を見たのだが

いや、この馬、

強いよ、ホントに。

3~4コーナーで後に電車(名鉄)

が走ってるのはご愛嬌だが

あのちっちゃい笠松で

持ったままで8馬身。

決してオグリキャップとか

ライデンリーダーとか

そこまでは言わないけど

名古屋のキングスゾーンと同等、

もしくは、それ以上の活躍をしてくれそうな気がしますよ。

で、カシオペアSへの挑戦。

まぁ、とりあえず芝を使ってみて

結果次第だけど

頑張って欲しいものです。

。。。。。。。。。。

そのマルヨフェニックスの某関係者と

少し前に

オイラ、こんな話をした。

来年の秋はJCDだねっ!

2007年10月 9日 (火)

素で忘れてました。

ケントク買い好きなオイラの失態。

先日の毎日王冠

見事差しきったチョウサン

その後、あちこちから

あぁ、ナガシマだったか・・・。

と、言う声が。

ナガシマ氏、何かあったっけ?

奥様がお亡くなりになられたのは

少し前だし・・・?

(心よりご冥福をお祈りいたします。)

オイラ、ほんとに全く何のことやら思いつかなかったのだが

ついさっき、

みんなの言ってる意味が解りました。

今年のセ・リーグのペナントレース

巨人が優勝したんだったね。爆

もともとパ・リーグファンの上、

最近はめっきり野球観なくなったので

素で忘れてました。笑

。。。。。。。。。。

こんなことぢゃ

ケントク買い好き失格だな。笑

2007年10月 8日 (月)

三連休3日目、三連単3着馬でくじける。

もう、書く気も失せたので簡単に。笑

今日は中央競馬はやらず

盛岡の南部杯マイルCSだけやることに。

まぁ、普通に考えて

ブルーコンコルドワイルドワンダーサンライズバッカスの3騎で決まりだろうが

それではあんまりにも付かないので

この3騎を中心に三連単を買うことに。

1、2着はこの3騎で間違いないので

3着馬に人気薄を絡めた馬券を購入。

。。。。。。。。。。

結果は

1着  ブルーコンコルド  1:36.8
2着 ワイルドワンダー  1/2
3着  カフェオリンポス  4
4着  キングスゾーン  クビ
5着  サンライズバッカス  1

。。。。。。。。。。

えぇ、もうお解かりですね?

三連単、

1着→2着→クビ差4着。爆

カフェオリンポス、バッサリ切っちゃいました。笑

。。。。。。。。。。

GⅠシリーズ、がんばろ。

2007年10月 7日 (日)

この3着をどう評価するか。毎日王冠。

帰厩遅れ、休み明け、59kg

午前中に書いた

ダイワメジャーの不安要素。

最後の直線で現実に。

。。。。。。。。。。

その毎日王冠

ストーミーカフェが出負けしたのは予定外だったが

向こう正面ではコンゴウリキシオーを交わして先頭に。

オイラの本命ダイワメジャーは番手追走で

前を行く馬たちを余裕の大名マーク。

4コーナーで仕掛けると

直線ではいつもの勝ちパターン

のハズ、だった。

。。。。。。。。。。

直線半ばで追い出したアンカツ

よし、行けっ。

と、思って見ていたが

まさか、右にヨレた。爆

( ̄ー ̄; アレレ、キグシテタコトガ。

こりゃ潰れるか?

と思ったが

そこはGⅠ4勝馬

しぶとく伸びる。

おぉ、頑張れ~。

と、応援したのだが

外から黄色い帽子がブッコ抜いた。

馬券は全部ダイワメジャーから馬連、馬単を買っていたのだが

1点だけアグネスアーク→ダイワメジャーの馬単を持ってたオイラ。

おぉ、アグネスアークなら獲ったぞ?

・・・しかし残念なことに

ブッコ抜いたのはチョウサンだった。爆

しかも、ダイワメジャー

そのアグネスアークにまで抜かれる始末。

馬連、馬単、共に2着、3着。

むぅぅ。

。。。。。。。。。。

で、3着だったダイワメジャー

調教の問題か、斤量か、衰えか。

それとも持ち時計か。

結論から言うと

全部だろうな。笑

馬体重の+12kgは減ってた分だから今回は関係なし。

それでも6歳になって59kg背負って

かなりのハイペースで持ち時計を1秒縮めたわけだから

まだ強いのは確か。

でも、ヨレたあたりは

衰えを感じるなぁ。

天皇賞も逃げるメンツによっては

連覇はむずかしいかも。

ただ、平均ペースになるようなら

GⅠ5勝目もあると思うぞ。

。。。。。。。。。。

こっちは当たるだろ

と、余裕で見ていた京都大賞典

オイラの本命インティライミ

デルタブルースが逃げるという珍しい展開となったが

余裕の後方待機。

3コーナーあたりから

内をスルスル上がってきた。

直線に向いたところで内に入れるかと思いきや

なんと間を割ろうとして前が詰まる。爆

( ̄  ̄メ)  テツゾウ・・・。

内から抜け出したのは

一番来て欲しくないポップロック

インティライミは外に持ち出して

そこから凄い脚で突っ込んできた。

馬単と三連単しか持ってないんだから

絶対交わせよ。。。

。。。。。。。。。。

いや、インティライミ

完全復活ですな。

見事、差し切って優勝。

しかし、2着には

1番来て欲しくなかったポップロック。笑

3着アルナスライン

馬単4倍、三連単28.7倍、的中。

しかし

びみょ~に嬉しくない。笑

。。。。。。。。。。

本日の回収率61%

最近、結構当たってるのに

回収率が100%を超えないのは

気のせいだろうか?爆

毎日王冠と京都大賞典。

昨日は

ウゴウゴルーガ>競馬

だったのだが

さすがに今日は格の高いGⅡが2鞍。

やらないわけにはいかんでしょ。笑

。。。。。。。。。。

毎日王冠

本命ダイワメジャー

帰厩遅れ、休み明け、59kg、と

今年は不安材料が多いのも事実だが

G(Jpn)Ⅰ4勝の格を取ることにした。

って言うか、

このメンバーで負けて欲しくない。笑

応援を込めて。

相手は

ブライトトゥモロー。最近の充実度は本物。

ストーミーカフェ中舘の逃げが・・・。笑

アグネスアーク札幌記念2着を素直に評価。しかも、長谷川津村で3着、2着なら今回は吉田隼で1着あるかも。笑

トップガンジョー。東京巧者。

あとは押さえで

エイシンデピュティカンファーベストエリモハリアーまで。

。。。。。。。。。。

京都大賞典

実績だったら角居厩舎の2騎だが

順調度でインティライミ本命。

正直、終わったと思ってた馬だが

前走の迫力ある追い込みを見せられては

考え直さねばイカンだろ。

きっとダービーで受けた心の傷が癒えたのだと思う。笑

このあと大きいところを獲るためにも

ここは負けられない。

相手は

トウショウナイトポップロックマキハタサイボーグアルナスラインファストタテヤマ

。。。。。。。。。。

さて、ウゴウゴルーガの続き見るかな。笑

2007年10月 6日 (土)

ついに届いたよ。

ふっふっふっ

ついに届いたよ。

Ts380032 ウゴウゴルーガ

おきらくごくらく15年!

不完全復刻DVD-BOX 爆

これから見ないといけないので

今日は競馬はやりません。爆

2007年10月 5日 (金)

名牝2頭、気になる今後。

グランプリホースとダービーホース

名牝2頭。

まずはスイープトウショウ

7日に行われる京都大賞典(GII)に出走予定だったスイープトウショウ(牝6、栗東・鶴留明雄厩舎)が、レースに向けての最終追い切りが行えなかったため同レースを回避した。

同馬はこれまでに04年秋華賞(GI)、05年宝塚記念(GI)、05年エリザベス女王杯(GI)などを制しており、京都大賞典は昨年に続く連覇がかかっていた。

。。。。。。。。。。

ゴネて最終追い切りが出来なかったらしい。

前々から気難しい馬だったけど

もう走りたくないのかもね。

トウショウはオーナーブリーダーだから

稼ぎ頭に頑張ってもらいたいのはよく解るが

いい仔を残すために

昨年引退させてもよかったのかも。

いずれにしても今年で引退だろうけど

ムリしないでね。

。。。。。。。。。。

ダービー馬ウオッカ

秋華賞のあとは

エリザベス女王杯JCを使って

有馬記念だそうだ。

すばらしい馬だと思うけど

何となくベガとダブるのは

オイラだけ?

有馬記念に出走するのはうれしいけど

秋華賞から直行、

または、有馬記念はパス

と、いう選択もアリなのでは?

いくら強くても

古牡馬相手は容易ぢゃないよ。

名牝だからこその

レースを選ぶ勇気

も必要かと思います。

ちなみに、いまのところ

中長距離の3歳牝馬のオイラの評価は

解りやすく言うと

ヒシアマゾン≒ダイワスカーレット

>ウオッカ≒ベガ

です。

短距離は

ニシノフラワー=アストンマーチャン

で、いいでしょう。

まぁ、ムリしないで

少しでも長く活躍して欲しいです。

。。。。。。。。。。

最後に昨夜見た夢の話。

知り合いの20代前半の女の子

夢の中でこう言った。

ねぇ、ディズニーランドに連れてってよ。

オイラ。

いいよ。

でも、車持ってないけどいい?

え”~~、

論外。

その後、ひとくされ文句を言われた挙句

フラれた。爆

・・・あくまでも夢の話だけど

目が覚めて、

何か釈然としないオイラでした。爆

2007年10月 3日 (水)

おぉ、久々に万馬券げっと。東京盃。

帰りの電車の中

ウトウトしていて

ふと気が付いたら降りる駅。

プシュ~。

ドアが閉まった。爆

隣の駅まで行ってしまったよ。

。。。。。。。。。。

ダメな日だな、と思いつつも

もしかしてより戻しで東京盃当たるかも?

と、検討を始めたオイラ。

特に根拠もなく

メイショウバトラーが負けるならここだな

勝つのは昨年の覇者でウチパクを鞍上に迎えたリミットレスビッド

万が一で先行できるアグネスジェダイ。

と、リミットレスビッドアグネスジェダイの2頭を1着にした三連単を100円で30点購入。

・・・当たっちゃいましたよ。爆

カツハルトウショウギア

早め先頭で粘り込もうとした時はちょっとヒヤッとしたけど

さすがウチパク

上手いこと乗ってくれました。

リミットレスビッドが優勝

2着にメイショウバトラー

そして3着に石崎息子ベルモントサンダーアグネスジェダイを競り落として入線。

三連単103倍、的中。

今年は桜花賞以来の万馬券げっと。笑

。。。。。。。。。。

何か、運が向いて来たか?爆

2007年10月 2日 (火)

カレンダーにメモメモ。

土、日、と

何かといろいろ不調だったオイラ。

きっとバイオリズムが全部下の方にあるのだな・・・。

と、思い調べてみたら

全部頂点にありました。爆

どういうこっちゃ。笑

。。。。。。。。。。

馬インフルエンザの影響で

中止になった8月の開催日。

重賞は代替で行なわれたので

そのままスルーかと思っていたが

追加で組まれるようで。

。。。。。。。。。。

8月18(土)、19日(日)に中止となった札幌競馬、新潟競馬及び小倉競馬について、以下のとおり振り替えて施行されることが決定した。

11月17日(土)、18日(日) 福島競馬(第3回福島第9、10日)
11月23日(祝・金) 東京競馬、京都競馬(第5回東京第9日・第5回京都第9日)
11月24日(土)、25日(日) 中京競馬 (第3回中京第9、10日)

なお、11月23日(祝・金)~25日(日)の開催の出馬投票は11月21日(水)に行われる。
また、ジャパンカップダート(G1)およびジャパンカップ(G1)の馬番付の出馬表は、11月21日(水)14時10分頃に発表となる。
また、11月23日(祝・金)はジャパンカップの前々日発売は行われず、一部ウインズにおける金曜日発売も行われない。

。。。。。。。。。。

もちろん、関係者にとっては

ありがたい措置だろうし

ヘヴィーな競馬ファンにとっても朗報かも。

オイラもちょっと前までは

きっと素直に喜んだと思うけど

最近、ほとんど重賞以外は買わないので

なんかびみょ~。笑

ただ、ちょっと困るのが

JCウィークの11月23日(祝金)に

代替の日程組まれると

また3連休、他のこと出来ないぢゃん。爆

しかもヘタすると

どこにも行かないのに

もの凄い出費の可能性が。爆

・・・当てりゃいいのか。笑

。。。。。。。。。。

なんだかんだ言いつつ

しっかりカレンダーにメモしちゃいました。笑

 

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »