« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

ファンはガックリ、地元はヨッシャ?ダービーグランプリ。

馬インフルエンザの影響

旭川GCに続いて

ダービーグランプリにまで・・・。

。。。。。。。。。。

 ダート競走格付け委員会は31日、9月17日(祝・月)に盛岡競馬場で行われるダービーグランプリ(ダート2000m)を、今年は交流GIではなく、地元馬限定の競走として実施することを発表した。

 これは、主催者の岩手県競馬組合からダート競走格付け委員会に対し、ダートグレード競走として実施できない旨の連絡があったもので、その理由は「馬インフルエンザの発生の影響によってJRA・他地区との馬の移動が制限される状況であり、交流レースとしての実施が困難なだけでなく、スケジュールや競走体系上の問題から延期も困難なため」となっている。変更点は以下の通り。

【変更点】
・格付け 交流GI→なし
・交流区分 中央・地方全国交流→なし(地元馬限定)
・賞金 1着賞金4000万円→1着賞金600万円

。。。。。。。。。。

まぁ、おかげで旭川GCは取りやすかったけど

寂しい事態ですね。。。

正直、ファンはガッカリだと思うけど

以外と地元はヨッシャ!

だったりして。笑

だってさ、

格付けナシで

地元馬限定競争で

1着賞金600万円ですよ??

当事者にしてみたら

こんなオイシイ話はありませんよね。笑

まぁ、その日はJRAで重賞2鞍組まれているので

そんなに寂しい思いをしなくても

済むような気がしますけどね。

。。。。。。。。。。

何であれ

早くインフルエンザ騒動が治まってくれることを願ってます。

2007年8月30日 (木)

レーティング評価はどこまで信用していいの?

今朝のめざましテレビ

男性用補正下着が売れている

と、いうニュース。

伊藤アナ。

脱ぐ時痒いんですよね~。

大塚さん。

そうそう、しばらく痒い。

そこで高島彩さん。

女性もそうですよ。

おぉ・・・♪♪

。。。。。。。。。。

そんなマニアックな妄想はさておき、爆

8月のレーティング発表。

。。。。。。。。。。

8/4 みなみ北海道S/メジロコルセア(99)
8/5 関屋記念/カンパニー(111)
8/5 KBC杯/ゼンノストライカー(101)
8/5 函館2歳S/ハートオブクィーン(103)
8/12 北九州記念/キョウワロアリング(98)
8/12 クイーンS/アサヒライジング(107)
8/14 サマーチャンピオン/キングスゾーン(102)
8/15 クラスターC/メイショウバトラー(106)
8/16 ブリーダーズゴールドC/ギルガメッシュ(92)
8/26 新潟記念/ユメノシルシ(104)
8/26 阿蘇S/ハスフェル(93)
8/26 キーンランドC/クーヴェルチュール(103)

。。。。。。。。。。

まぁ、こんなもんかなぁ?

と、思いつつ

ギルガメッシュクーヴェルチュール

もうちょっと上でもよかったかな?

と、思いました。

。。。。。。。。。。

毎回思うのですが

このレーティングは

どこまで信憑性があるんでしょうか?

ちゃんと検証したことないので

解りませんが

何となく

海外のレースのレーティングを基準に

物差し的に点けられてるような気が。

。。。。。。。。。。

海外で高いレーティングを受けたからといって

必ずしも日本で走る訳ではないし

それぞれの馬場適性とかあると思うのですよ。

それに単純にタイムの比較ってことでもないと思うしね。

JRAのレーティングにケチをつける気は

全く無いのだけど

もっと細かい解説があってもいいんぢゃ?

と、思ってるオイラです。

2007年8月28日 (火)

右も~左も~。

みんな~インフル~。

さいたまんぞう風に始めてみた。笑

JRA、地方競馬

インフルエンザ蔓延しているが

オーストラリアも拡大だとか。

きっと世界規模の異常気象と

関係アリアリなんだと思われます。

ここ数年の異常気象は

人間の傲慢さに対する

地球の自浄作用

なのではないか?

と、思ってます。

。。。。。。。。。。

皆さん、身の回りの

小さいことからコツコツと

環境問題について取り組みましょうね。

。。。。。。。。。。

でも、寝ている間のクーラーは

もう暫く許して。爆

2007年8月27日 (月)

秋が楽しみになった、のか?サムソン遠征断念。

行く、行かない、行く、行かない。

と、花占いのように情報が交錯した

メイショウサムソンの凱旋門賞遠征。

結局、中止ということで・・・。

。。。。。。。。。。

JRAは26日、現地時間10月7日に仏・ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(仏G1)に登録のあったメイショウサムソン(牡4、栗東・高橋成忠厩舎)について、管理する高橋調教師から同レースへの出走を取り止める旨の発表があったことを明らかにした。

【高橋成忠調教師のコメント】
「凱旋門賞への参戦は、馬の健康状態などを考慮して残念ながら断念することにしました。馬インフルエンザは陰性にはなったので時機をみて栗東に帰りたいと思うが、今しばらくは美浦にいることにします。この後は、国内の秋のレースを目指します」

。。。。。。。。。。

ウオッカに続いてメイショウサムソンも遠征中止。

残念だけど

・・・まぁ、いいでしょ?

これで秋のGⅠが盛り上がるし。

字面と違って

歳を重ねるごとに

長距離→中距離

と、適正が変わってくるオペラハウス産駒

天皇賞、JC、有馬記念。

アドマイヤムーン

「鬼のいぬ間に洗濯状態」

かと思ってたけど

好勝負が期待できますね。

さらに菊花賞が長いと判断した

3歳陣営の参加も見込まれ

以外と面白くなりそうです。

。。。。。。。。。。

その前に

今週の4重賞、何とかしないと。笑

2007年8月26日 (日)

そもそも昨日から気分は悪かった。新潟記念。

まずはキーンランドC

オイラの本命レヴリ

まずまずのスタートから中団の内で前を見ながら追走。

直線入り口でもいい感じで上がってきた。

しかし伸びきれず8着。

結果は

クーヴェルチュールアグネスラズベリワイルドシャウトの順で入線。

ちなみに4着のブラックバースピンまで

全部買ってました。笑

まぁ、ここはオイラもちょっとムリめの◎だったから仕方ない。

。。。。。。。。。。

で、問題の新潟記念

オイラの本命トップガンジョー

やや出負けした感があったが中団へ。

しかし、向こう正面で一気に上がって行った。

テレビはそのまま最後方まで映し

再び先頭集団を映した。

そこでオイラは腰が抜けそうになった。

・・・トップガンジョー、

何先頭に立ってんだよ。爆

( ̄  ̄メ)  ゴトウ、テメ。。。

3~4コーナーではヨシトミ先生ヨシダユタカに絡まれながらも

先頭のまま直線へ。

必死に追うゴトウ

おぉ!頑張るんだ!

と、応援してみたものの

やっぱりムリなものはムリ。爆

直線半ばを過ぎたところで

完全にヘコたれた。

ついでに言うと

テレビを見ていたオイラもヘコたれた。笑

レースはそのまま早め先頭に立ったユメノシルシが優勝。

2着トウショウヴォイス、3着ヤマニンアラバスタ

トップガンジョーは15着。

むぅ~、何と気分の悪い外れ方だ。。。

。。。。。。。。。。

そもそも、オイラは昨日から気分が悪かった。

話は昨日の昼間に遡る。

。。。。。。。。。。

愛用しているアデノゲンが切れた。

いや、オイラ、ハゲてはいない。

いない、が、

ヤバイのも事実。爆

なので昼間、ドラッグストアでお買い物。

そこは棚にはアデノゲンのサンプルしか置いてなく、レジで言うと出してくれる。

他にも買い物をして、レジにて

あと、アデノゲン下さい。

と、オイラ。

アルバイトと思しき女の子。

はい?

恥ずかしいから聞き返すんぢゃねぇよ。

と、思いつつリピート。

そのバイトちゃん

レジの周りを探したが解らなかった様子。

すると、聞かなかったことにしたらしく

買い物かごの中のものだけ会計をしようとしやがった。爆

( ̄  ̄メ)  オイ。。。

だからアデノゲンくれって言ってんだろ。

半ギレのオイラ。笑

やっと社員を呼んで解決。

ちっ、バイトの教育ちゃんとしとけ。。。

と、思ったものの、口には出さず帰宅。

むぅ、気分が悪い・・・。

競馬はクローバー賞だけ買うか。

と、暫く昼寝。笑

で、そのクローバー賞

会社の先輩S氏の一口持ち馬のグリフィスから買うことに。

相手もイイデケンシンウイントリガーバーキングウルフの3頭でいいな。。。

と、何故か馬連は買わず、

馬単のみ購入。

あと、何となく

グリフィスバーキングウルフマイネブリッツ

という三連単を1点買った。

結果は、と言うと

ウイントリガーグリフィスバーキングウルフの順で入線。

馬単、2着→1着。爆

しかも4着にマイネブリッツが。

三連単、2着→3着→4着。爆

。。。。。。。。。。

1週間休んでも

オイラは全く変わってないようです。笑

新潟記念とキーンランドC。

ちょっと訳あって具合悪いので買い目だけ。笑

新潟記念

本命トップガンジョー

相手は

アドマイヤモナークフェイトトリックスニシノナースコールダイイチアトムマヤノグレイシーユメノシルシ

キーンランドC

本命レヴリ

相手は

ローレルゲレイロブラックバースピンワイルドシャウトサープラスシンガーアグネスラズベリクーヴェルチュール

。。。。。。。。。。

先週の休みでツキは変わるでしょうか?笑

2007年8月24日 (金)

何故か有力馬が回避する。

案の定、今週出走登録したものの

出走回避を余儀なくされる馬が出てきた。

しかも、何故か重賞や注目の2歳オープンで

有力視されてた馬が。笑

別に、オイラ、文句を言ってる訳ではない。

当然、予想されたコトだし

馬の健康が最優先。

新潟記念は正直つまらなそうだけど

馬券的には荒れそうなので

興味津々。笑

もう少しこんな状況が続くと思うけど

開催するだけ

有り難いと思わないとね。笑

2007年8月23日 (木)

極論ではあるが。

既報の通り、今週は競馬が再開されることとなりました。

いろいろと検査があるようですが・・・。

でね、どの報道にも必ず記されているのが

公正競馬。

オイラね、極論ではあるけども

必ずしも競馬は公正でなくてもいい

と、思ってるのですよ。

これも極論ではあるけども

完璧な公正だったら

レースが荒れることはあり得ない訳でしょ?

馬のローテーションの都合で

いわゆる「ヤリ、ヤラズ」は現にある訳だし

新聞のコメントで

今回は叩き台だから・・・

なんてのは

既に公正競馬ではないよね?笑

レース後に

フケだった、とか、歯が生え変わって

なんてのもよくある話。

レース前に言えよっ!

って、思ったことは誰でもあるハズ。笑

。。。。。。。。。。

でもさ、その不公正を予想するのが

腕の見せどころなんぢゃないの?笑

もっと言ってしまえば

いわゆるケントク買いもそのひとつ。

そうぢゃなきゃ万馬券なんて当たらないよね。笑

。。。。。。。。。。

で、最終的に

オイラが何を言いたいか、と言うと

公正競馬を傘にして競馬再開を謳うんぢゃない。

ってこと。

ちゃんと検査して陰性の馬だけ出走するから、他の馬に感染しませんよ。

これだけでいいぢゃん。

。。。。。。。。。。

オイラの願いは

病気の馬が増えないこと。

間違ってもそれが原因で現役生活に支障をきたさない事。

レースに出走した馬のアフターケアをしっかりすること。

。。。。。。。。。。

今週は当然、

荒れることを前提に予想します。爆

2007年8月20日 (月)

もう、この際だから暫く休もう。

出口の見えないインフルエンザ騒動。

今週、強行開催

なんて記事も。

でもさ、馬の健康があっての競馬。

暫く休んでもいいんぢゃないの?

もうさ、完全に治そうよ。

でさ、再開されたら

全馬休み明け

なんてややこしい事態も。笑

それも仕方ないぢゃん?

いっそのこと

再開初日は各クラスで

インフルエンザ快気祝い記念レース

やろうよ。爆

当然、出走資格は

開催中止期間中にインフルエンザにかかり

尚且つ完治した馬。

結構盛り上がると思うぞ。笑

もちろん全馬休み明けだから

予想の中心は

調教内容よりも

根性のある馬。爆

。。。。。。。。。。

こんなバカなこと書かれないように

しっかりしろよ、JRA。笑

2007年8月19日 (日)

何かと空しい日。アヤパン安楽死。

あっちこっちで競馬が中止。

只でさえ空しいのに

こんな日に限って空しいニュースが目に入る。

。。。。。。。。。。

メイショウサムソン

午前中に凱旋門賞断念との一報。

午後には一転、やっぱり参戦のニュース。

しかし、その後はどっちがホントか解らず。

う~~む。

。。。。。。。。。。

JRAが特別競走登録馬を発表。

19日、JRAは25日(土)、26日(日)分の特別競走登録馬を発表した。中止になった18日、19日の代替はなく、当初予定されていた特別競走計20レースの登録馬で、26日の新潟記念(GIII)には32頭、キーンランドC(GIII)には24頭が登録を行っている。

しかし、これは開催実施の決定ではなく、来週の開催の有無については決定次第、JRAより発表される。

。。。。。。。。。。

一応、なんだろうけど

後手後手に廻ってる対応を見てると

この発表は空しい・・・。

。。。。。。。。。。

アヤパンが骨折、安楽死。

16日に大井競馬場で行われたクリスタルナイトC(ダート1600m)に出走し、最後の直線走路で競走を中止したアヤパン(牝4、船橋・佐藤賢二厩舎)が、左第一指骨骨折のため安楽死処分となったことがわかった。

同馬は、父ブラックホーク、母インザムード(その父ブライアンズタイム)という血統。05年6月に北海道でデビュー。3勝を挙げた後に南関東に移籍すると、移籍初戦を快勝し、JRAに遠征した呉竹賞(500万下、中山・ダート1200m)も制した。その後北海道に再転入し、フロイラインC(札幌)、王冠賞(旭川)を制して、再び南関東に移籍していた。通算成績25戦8勝(うちJRA3戦1勝、重賞2勝)。

。。。。。。。。。。

馬主さんはタカシマアヤさんの大ファンで

この名前をつけた、と聞いた。

当然、タカシマアヤさのファンのオイラは

この馬が好きだった。

安楽死、ですか・・・。

残念です。

明朝のめざましテレビでタカシマアヤさんの顔を見て

ほっとしたいと思います。笑

夏休みだったりして。爆

2007年8月18日 (土)

あ~ぁ、大井競馬も中止ですか。

馬インフルエンザ、拡大の一方のようで・・・。

今週の中央競馬に続き

本日の大井競馬も中止に。

ホッカイドウ競馬でも感染が確認。

どうなっちゃうんですかねぇ?

今週から秋のGⅠ戦線に向けて始動する馬たちがいたわけですからねぇ。

何やら今年の秋は大荒れの予感。。。

っていうか、いつから再開できるんだろ?

。。。。。。。。。。

そんな状況でも

結局、TVは競馬中継を見てしまう。笑

で、「中央競馬ワイド中継」を見ていたところ

地方競馬ニュースで笑わせて頂きました。

14日のサマーチャンピオン、15日のクラスターCはVTRを流してレース結果を伝えたのだが

「初のインフルエンザ被害」となったブリーダーズGC

中央馬が出なかったかららしく

VTRはナシで結果のみ。

1着ギルガメッシュ、2着ビーファイター、3着オースミシュネル

ここで司会のワタナベ氏

思いっきり、こう言い放った。

勝ったのはギルガメッシュナイト。

イイジマアイさんのTバック?爆

ナイトは付かないですよっ。

と、冷静に突っ込むメグロさん。笑

。。。。。。。。。。

そのブリーダーズGC

オイラは

中央馬のいないここは、長距離実績のあるこの3頭しかないだろ。

と、上記の3頭の三連単BOX 6点を購入。

見事的中。笑

しかも、実況もカミカミで、

カンでるうちにスタートしちゃうし。笑

そういうわけでネタも結構あったのだが

何となく気分的に書く気になれず

木、金とブログはお休み。

その間、インフルエンザは拡大するし

メイショウサムソンも陽性だし

01年の2歳チャンピオンタムロチェリーは死んでしまうし。

ほんと、いつになったら収まるんですかねぇ。

。。。。。。。。。。

まぁ、おかげでブリーダーズGCは当たったし

先月行なわれた「ばんえい競馬のエキシビションレース」の模様を

中央競馬ワイド中継で流してくれたからよかったけどね。笑

2007年8月15日 (水)

馬単1.6倍。買えるかっ。クラスターC。

今朝のめざましテレビ。

イケメンアナのワタナベさん。

黄色ブドウ球菌を、こう読んだ。

キイロブドウキュウキン。爆

オウショクだろっ。

と、朝から突っ込んだのは

オイラだけぢゃないハズ。笑

。。。。。。。。。。

さて、先週オイラの夏休みは終わったのだが

あまりに暇で仕事がないため

急遽、本日休業にしたオイラ。笑

そういえば、クラスターC

と、いつものように余計なことを思い出した。

どれどれ・・・と、出馬表を見てみると

どう考えても

メイショウバトラーの頭は鉄板。

相手もアグネスジェダイテンショウボスの2頭でいいだろ。。。

で、馬単オッズを確認。

15:30時点での

アグネスジェダイへの馬単オッズ

1.5倍。爆

・・・・・。

( ̄  ̄メ)  ソンナモン カエルカッ。

1点で買うには

リスクに対しての見返りが少なすぎる。

なので、馬単はテンショウボスへ厚めにして

あとは穴っぽいところへチョロチョロと流すことに。

三連単はメイショウバトラー1着、アグネスジェダイテンショウボスを2着に固定して購入。

。。。。。。。。。。

レースはいきなりタイキサファリの落馬で始まった。笑

好スタートからアグネスジェダイがハナを主張し、メイショウバトラーがこれを追いかける展開。

早々と一騎打ちの様相。

3コーナー手前からメイショウバトラーが動きだして前を交わしにかかった。

直線で先頭に立つとそのまま後続を引き離す。

この時点でメイショウバトラーの優勝は確定。

おぉ、あとはアグネスジェダイ、ヘコたれてくれ。爆

しかし、オイラの願いも虚しく、アグネスジェダイは頑張ってしまった。

うぅ、3着は人気薄が来てくれ・・・。

見事にテンショウボスが突っ込んでくる。爆

結果は

メイショウバトラーアグネスジェダイテンショウボスの順で入線。

三連単的中。

しかし、3.8倍。笑

しかも、三連単は

金額にメリハリ付けないで買ってたので

大幅赤字。爆

4着だったエアウィードがもう少し頑張ってればプラスだったのだが・・・。笑

しかし、メイショウバトラーは強いですな。

。。。。。。。。。。

最後にこのニュース。

JRA、初の生え抜き理事長誕生。

農水省は15日、8月末に任期満了となるJRAの高橋政行理事長の後任に、土川健之副理事長が昇格する人事を発表した。

 JRAの理事長は、5代目の清井正理事長(66年就任)から高橋理事長まで9代続けて農水省の事務次官経験者が就任しており、土川新理事長は生え抜きとしては初の昇格となる。就任は9月1日。

 土川健之(つちかわ けんじ)氏は滋賀県出身の63歳。岐阜大を卒業し、68年に日本中央競馬会に入会。審判部長、番組企画部長などを経て04年7月から副理事長に就いていた。

。。。。。。。。。。

ここにも天下りの温床があったのねぇ。

何となくは知っていたけど

初の生え抜きって、あんたら。。。

まぁ、天下ってきた連中にはさっさといなくなってもらって

新しい理事長に期待しましょう。

2007年8月13日 (月)

あらためて馬が好きになりました。

先週の金曜日の

競馬LABの記事です。

。。。。。。。。。。

土曜の新潟競馬7Rの3歳未勝利戦に出走するトノノオナリー(牝3、美浦・小桧山厩舎)。
尾形厩舎から小桧山厩舎に転厩してきて今回が初の出走となります。(注:結果は12番人気で12着でした)
馬主は志村康徳氏、そうタレントの志村けんと言う事でも話題になりました。
志村けんといえばこれまではアイーンベル、アインジェイドなどのアイーン絡みの馬名が多かったですが、今回はバカ殿にちなんだのでしょうか…そんなトノノオナリーですが先日坂路で放馬してしまい、馬に追われて逃げ回りながら行き着いた先は、以前の所属先の尾形厩舎の厩。
やはり馬にも記憶があり、転厩するのは淋しい事なのかなぁと思った出来事でした。

。。。。。。。。。。

馬には競馬とかゴール板など解らない

と、言って憚らない人が結構いる。

そうだろうか?

動物を飼った、

いや、動物と暮らしたことのある人は

そうは思わないハズ。

オイラは小鳥が好きで

昔、よくボタンインコを飼っていた。

実家にはネコがいた。

彼らは言葉がしゃべれないだけで

こちらの言うことは

確実に理解していたし

オイラがうれしい時はうれしそうだったし

また、落ち込んでいた時は

オイラが申し訳なく思うくらい

気を使ってくれた。

馬だって、当然同じだろう。

3歳の女の子。

きっと、思うことがあって

元いた厩舎に帰って行ったのだと思うよ。

。。。。。。。。。。

尾形厩舎が恋しかったのか

小桧山厩舎が嫌だったのか。爆

それはオイラには解らないけど

幼稚園とか小学生の女の子がとった行動と考えると、いじらしいぢゃないですか。

彼女にとっては、尾形厩舎

自分の家だったんだろうね。

。。。。。。。。。。

ちょっと、悲しくもあり

微笑ましくもある出来事でした。笑

2007年8月12日 (日)

相変わらずの馬券ベタ。クイーンS。

今日の一句。

買った馬 全部載ったよ 掲示板

だけど馬券は 今日も当たらず

。。。。。。。。。。

そんなクイーンS

オイラの予定ではこうなるハズだった。

シェルズレイを筆頭に行きたい馬が数頭。

番手追走のアサヒライジングが直線入り口でまとめて交わす。

そこで満を持したオイラの本命アドマイヤキッスが差しきるだろ・・・。

。。。。。。。。。。

レースはスタート直後から予定外の展開。

アサヒライジングがハナを主張すると

他馬はアッサリ引きやがった。

スイスイと自分のペースで逃げるアサヒライジング

こうなるとGⅠシルバーコレクターの実力が黙っていない。

グングンと加速して他馬を突き放し

初のタイトル載冠。

2着イクスキューズ、3着ディアチャンス

後ろからの競馬を余儀なくされたアドマイヤキッス

直線、出すところに迷ったこともあり4着。

ただこの馬、本格化したと思ったけど

相変わらず追ってからの反応が今ひとつ。

字面と違って

よ~いどんっ!

の、競馬はダメなのかも。

キツイ流れの消耗戦ぢゃないと勝てないかもしれないなぁ。

だから、逆にGⅠだと好走するのかもね。

。。。。。。。。。。

う~む。。。

と、思っていたところで

北九州記念がスタート。

もう、行きたい馬たちがガンガンやり合う。

オイラの本命カノヤザクラはそいつらを見ながらの番手追走。

かなり理想的な展開。笑

3~4コーナーでマクリ気味に上がっていくカノヤザクラ

直線に向くとそのまま先頭へ。

おぉ、勝ったな・・・。

と、思ったのだが

今日のレースは

番手追走の馬でさえ厳しかったらしい。

さらに外から中団より後ろに付けていた馬たちが次々と差してきた。

勝ったのは11番人気のキョウワロアリング

2着に6番人気アルーリングボイス、3着に10番人気ワイキューブ

さらに4着にニホンピロブリュレ

カノヤザクラは何とか5着。

これは買えません。爆

。。。。。。。。。。

先行して踏ん張ったカノヤザクラ

そして6着のアストンマーチャン

やっぱり強いですね。

今日は完全な消耗戦の差し決着。

展開次第で次は勝ち上がりでしょう。

それと、この展開で2着に突っ込んできた

アルーリングボイス

早熟のスピード馬だとばかり思っていたけど

もしかしたら、もっと奥が深い可能性も。

。。。。。。。。。。

優勝したキョウワロアリング

急遽乗り替りでイイダからツノダへ。

このツノダ

勝ち鞍の割りには

いつもオイシイとこは持っていくよね。爆

クイーンSと北九州記念。

クイーンS

本命アドマイヤキッス

前走の安田記念で04秒差の4着。

前に行った馬で決着したレースで

中団から差してきた脚は本格化を感じさせる。

もともと札幌巧者。

続いて川田が乗るのもプラス材料。

相手は

アサヒライジング。キツイ流れが予想されるここは有力。ヨシトミ先生がわざわざ行くわけだし。

イクスキューズ藤沢厩舎は札幌開催が勝負。

フサイチパンドラ。ムラがあるが実力上位。

ディアチャンス。鞍上が魅力。

あとは押さえで

デアリングハートロフティーエイムまで。

。。。。。。。。。。

北九州記念

本命カノヤザクラ

レベルが高かったファルコンSの2着馬。

橋口上村の黄金ラインで

得意の小倉で50kg。

番手追走から抜け出すハズ。

相手は

メイショウトッパー。この枠で和田くんなら楽に先行できる。

モンローブロンド。小倉巧者。前走叩いてココ狙い。

アストンマーチャン。実績、実力、共に上位だが成長力に疑問が残るので評価を落とした。まともだったらアッサリも。

サンアディユ。意外ともう一丁があるぞ。

あとは押さえで

スピニングノアールテイエムチュラサンまで。

。。。。。。。。。。

テイエムチュラサンは穴あけるまで買うぞ。笑

2007年8月11日 (土)

本日の、何だかなぁ~。

アドマイヤのオーナー、近藤利一氏

朝青龍と面識があるらしく

って、いうか、タニマチ?

TVでいろいろインタビューに答えてた。

別にオイラには関係ないし

一向に構わないけど

何だかなぁ~。

。。。。。。。。。。

会社の先輩S氏

一口持ち馬のグリフィス

札幌4Rの新馬戦に出走。

オイラも馬連で5点流してみた。

見事に優勝。

おぉ、当たったよ。

そう思い、I-PATで確認。

あれ、2着が抜けてたよ。爆

何だかなぁ~。

。。。。。。。。。。

明日で夏休みも終わり。

いろいろと鋭気を養い、

夏バテ解消に努めたけど

結局、未だバテたまま。

何だかなぁ~。爆

2007年8月10日 (金)

ダーレーの勝負服、ブルーぢゃないんだ?

今日はいろんなニュースがありました。

で、本日の

「へぇ~、そぉ~なんだぁ~」

。。。。。。。。。。

まずはコレ。

JRAは9日、アドマイヤムーン(牡4、栗東・松田博)の所有権が近藤利一氏と吉田勝己氏(共同所有)から、ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社に移転したことを発表した。また、同ファームの服色は「海老(えび)、白十字襷(たすき)」に決定した。モハメド殿下の服色(海老、白袖)がモチーフとなっている。

。。。。。。。。。。

へぇ~、そぉ~なんだぁ~。

日本では、例えば

「マイネル」と「コスモ」は実質同じオーナー。

勝負服の柄は違うけど、同じ配色。

社台グループも、微妙に違えど基本は同じ。

なので、てっきり

ダーレージャパンファームの勝負服はブルーが基調になるもんだと思ってましたよ。

まぁ、承認までにいろいろあったから

ゴドルフィンの色を消したかったんですかね?

ひとつ言えることは

JCでゴドルフィンとダーレージャパンが同枠に入っても

染分け帽は使わないってことですね。笑

。。。。。。。。。。

次、100円元返し消滅。

JRAは9日、9月1日の改正競馬法の施行に伴い、来年から一部のレースで払戻金がアップすること(1号給付金)と、100円元返しの消滅(2号給付金)を発表した。

 払戻金のアップは、JRAが指定するレースにおいて、払戻金にレースの売り上げの5%が上乗せされるというもの。対象馬券については検討中で、指定レースは日本ダービーなどの大レースになるもよう。来年から試験的にレースを選択して導入するという。

 また、従来は配当が100円だった馬券については10円が上乗せされることになり、“100円元返し”は消滅することになる。こちらについては来年早々から実施したい意向だが、出走頭数に関わらず全レースにするのかなど、対象レースについては検討中。


。。。。。。。。。。

へぇ~、そぉ~なんだぁ~。

政治と一緒で

金持ち優遇措置

と、言ってしまえばそれまでだが

少しでも配当が高くなるのは

我々一般のファンにとっても

素直に歓迎すべきこと。

要は

ディープインパクトみたいな馬の複勝が110円付くってことでしょ?

100万円買ったら10万円の配当ですよ?

すばらしいぢゃないですか。

・・・そこに100万円ぶち込める器量と勇気があるかどうかの話だけどね。爆

。。。。。。。。。。

最後に

ダイワテキサス種牡馬引退、乗馬に。

 98年オールカマーなど重賞5勝を挙げたダイワテキサス(牡14)が種牡馬生活を引退。3日に、北海道新冠町のにいかっぷホロシリ乗馬クラブに移動した。

 同馬は父トロメオ、母ローブデコルテ(その父ノーアテンション)という血統。5歳夏に本格化すると関屋記念(GIII)、オールカマー(GII)を含む5連勝。7歳時にも中山記念(GII)、関屋記念(GIII)、新潟記念(GIII)に勝って、有馬記念(GI)ではテイエムオペラオー、メイショウドトウに続く3着と健闘した。8歳時の有馬記念11着を最後に引退。通算成績53戦11勝(重賞5勝)。

 02年から北海道新ひだか町のアロースタッドで種牡馬となり、笠松で8勝を挙げているアラビアンホワイト(牝4、美浦・星野忍厩舎)や、JRA現3勝のダイワグラム(牡4、美浦・松山康久厩舎)などを出している。


 にいかっぷホロシリ乗馬クラブには同馬のほか、アブクマポーロ、ライブリマウント、エイシンキャメロン、スノーエンデバーなど多くの名馬が繋養されており、ファンもそれらの馬に騎乗可能となっている。

。。。。。。。。。。

結構好きな馬だったから、残念。

でも、余生が保障されたので

ある意味うれしいですね。

・・・そんなことより気になったことが2つ。

へぇ~、そぉ~なんだぁ~

と、言うより

へっ?そうなの!?

。。。。。。。。。。

ひとつ目。

ダイワテキサスのお母さんの名前。

ローブデコルテ

あれ?

最近JpnⅠ、勝ちましたか?爆

たまたま活躍しちゃった馬の名前がダブるのは仕方ないとしても

めちゃめちゃ活躍してる馬のお母さんと同じ名前、許可しちゃだめでしょ、JRA。笑

びっくりしたよ、ホント。

。。。。。。。。。。

ふたつ目。

乗馬として繋養されてる馬。

アブクマポーロ、ライブリマウント、エイシンキャメロン、スノーエンデバーなど・・・。

え?

えぇ~~っ!?

そうそうたるメンツぢゃないですか?

しかも、ダートの一流馬がずらり。

特にアブクマポーロ

後継馬を残せなかったか・・・。

残念です。

。。。。。。。。。。

競馬のオイシイところだけ見てしまいがちな我々ですが

未勝利で終わってしまう馬

一流だったのにどこかへ消えてしまう馬

そこにもそれぞれの競馬があったという事実は

決して軽いものではないはずですよね?

2007年8月 9日 (木)

ウオッカ、凱旋門賞断念。正直、ホッとした。

いくつか報道があった中で

この記事が判りやすかった。

以下、競馬LABより。

。。。。。。。。。。

10月7日にフランス、ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞に出走を予定していたウオッカ(牝3、栗東・角居厩舎)に降りかかった突然のアクシデントは、ダービー制覇という偉業を果たした3歳牝馬に過酷な現実を突きつけた。

ウオッカにアクシデントが起こったのは今月2日。調教後に右トモの歩様が悪化し、検査の結果、「蹄球炎」と診断されたのである。
幸い症状は軽かったものの、調教を4日間休んだことによる調整の狂いを重く受け止めた角居師は、無念の「凱旋門賞出走断念」を決意した。

山本剛獣医によれば、「『蹄球炎』とは、運動中、調教中や競走中に反対の脚で蹄を蹴ったり、後ろ脚が引っ掛かったりして発症します。今回は後ろ脚ということですから、ウッドチップの破片によるものという可能性もあります。軽度のものなら2~3日、重度のものでも10日前後あれば治ります。正直、そこまで重いケガとは言えませんが、ウオッカほどの馬ですからね。陣営も慎重に慎重を期したのでしょう」とのこと。

今後は、秋の国内レースを視野に再調整されるというウオッカ。
夢舞台へのトビラが閉ざされた悔しさを、日本のファンの前で晴らす走りが期待されるところである。

。。。。。。。。。。

ウオッカダイワスカーレット、という近年稀に見る名牝が主役の今年の牝馬クラシック。

桜花賞敗戦後にウオッカ陣営が打ち出したダービー参戦のプランに

オイラはこうコメントした。

もしかしたら勝てるかも知れないけど

馬が燃え尽きちゃうかもしれないよ?

。。。。。。。。。。

結果はご存知の通り。

だが、幸いだったことに

ウイニングチケットが勝った時のように

ウオッカの前がポッカリ空いて

ウイニングロードを突き抜けて来たため

さほど精神面でのダメージは無かったように思われた。

。。。。。。。。。。

しかし、だ。

宝塚記念が余計だったでしょ。

歴戦の強者の古馬陣が演出するラップに

なし崩しに脚を使わされて

直線失速。

で、凱旋門賞出走プラン・・・。

。。。。。。。。。。

ダービーから

フランスでの前哨戦→凱旋門賞

だったら、納得したけど

「余計な宝塚記念」

を挟んでたからね、正直、

今度こそ壊れるんぢゃないか??

ってすごく心配してましたよ。

なので、この報道には

たくさんのファンの人たちの夢を壊すようで申し訳ないけど

正直、ホッとしてます。。。

。。。。。。。。。。

これだけの名牝。

怪我したり

気持ちが切れたりしないで

まだまだ凄い走りを見せて欲しいですね。

 

2007年8月 7日 (火)

初登院のみなさまへ。

今日は特に競馬のネタもないので

初めて参議院に当選した議員の皆様に一言。

6年間頑張って

国民のために

仕事をして下さい。

間違っても

任期途中で放り出したりしないでね。

あと、特に女性議員の方々。

良くも悪くも注目されますが

初めの志を何処かへ追いやり

立身出世に目が眩み

サントウ氏コイケ氏のような

minikuionna

にならないで下さいね。

。。。。。。。。。。

ここであなたたちがまじめにやらないと

この国の総理大臣はホントに

USAの州知事になっちゃうぞ。笑

2007年8月 6日 (月)

「トライアルホース」ヤマヒサローレル死亡。

まずはタイトルの記事から行きますか・・・。

93年の牝馬クラシック戦線で活躍したヤマヒサローレル(牝17)が4月24日、繋養先の白老ファームで死亡していたことがわかった。

同馬は、父ノーリュート、母ザフォクシーレディ(その父フリートウイング)という血統。92年11月に京都競馬場でデビュー。3戦目の新馬戦で初勝利を飾ると、その後も軽快な先行力を武器に活躍し、アネモネS(OP)、4歳牝馬特別・西(GII)、4歳牝馬特別・東(GII)を快勝した。3番人気で出走した桜花賞はベガの4着、オークスは逃げたものの8着だった。その後は、脚部不安に悩まされ通算成績12戦4勝(重賞2勝)で引退。95年から静内の高橋修牧場で繁殖牝馬となり、その後、01年にオーストラリアに渡ったのちに帰国。04年から、白老ファームで繋養されていた。今年は4月23日にアグネスデジタルの牡馬を出産している。

。。。。。。。。。。

最近あんまりいませんね、トライアルホース。笑

まぁ、いないこともないんだけど

ヤマヒサローレルの名前を聞くと

何で前哨戦は強いのに本番ダメかなぁ~

って、思ったのを思い出します。笑

。。。。。。。。。。

'93年の牝馬クラシック。

桜花賞

スエヒロジョウオー(6着)から

1着馬~5着馬に流すという

ある意味完璧な馬券。爆

オークス

ユキノビジンとベガの1点勝負!

と、思っていたのだが

デンコウセッカ陣営がやたら強気だったので

BOXで買うことに。

結果は

ベガユキノビジンマックスジョリーデンコウセッカグランドクロスの順で入線。

馬連2020円的中したけど

なんじゃい、初志貫徹すれば1点でよかったぢゃんかっ!

と、憤慨したのを覚えてます。笑

エリザベス女王杯ユキノビジンから行って

撃沈(10着)。爆

そう、あの有名な

ベガはベガでもホクトベガ!!

の、レースです。

。。。。。。。。。。

さて、話はコロっと変わるが

夏バテですよ、夏バテ。

昨日買ってきた漢方薬を飲んでみたが

何となく症状は改善された気がするものの

相変わらず

やる気ゼロ。爆

どうにか洗濯とトイレ掃除はこなしたものの

掃除機はかけるに至らず。

食欲もないし。

さっき、ゴーヤとかニンニクとか食べたから

少しは良くなることを期待してるけど

何せ

酒もタバコもマズイ。爆

・・・かなりの重症ですな。

夏休み、台無し。笑

と、言いつつ

とりあえずワインは1本空けたオイラです。爆

2007年8月 5日 (日)

体はバテバテ、馬券はヘロヘロ。

あまりに食欲不振等の夏バテ症状のオイラ。

夏バテに効くという漢方薬を買ってみた。笑

。。。。。。。。。。

さて、函館2歳S

正直、夏の2歳戦なんか

解るわけが無い。爆

オイラの本命イイデケンシン

まずまずのスタートだったが

向こう正面でズルズルと後退。

げっ、故障でもしたか?

と、心配したが

4コーナーを最内で回ってきてスルスルと上位争いへ。

しかし、ハートオブクィーンが豪快に伸びてくる。

どう見ても優勝確定。

あら、こいつ買ってない。笑

なので、直線半ばで

もうどうでもよくなったオイラ。爆

ぼけ~っと見ているとジョイフルスマイルイイデケンシンを交わして2着。

3着イイデケンシン

で、ホウザンアポロフェニックスと続いた。

ふ~~ん。。。

と、思いつつ

オイラは凄いことに気が付いた。

イイデケンシン以外

全部買ってないぢゃん。爆

先週は確か2着だけ抜けてたんだよな・・・。笑

まぁ、2歳戦はしょうがない。

あと、ラベンダー賞、レベル高かったんだな。

。。。。。。。。。。

で、こっちは結構自信があった関屋記念

本命カンパニー

どう考えてもここでは格が違いすぎるだろ。

と、余裕のテレビ観戦。

レースは予定通りストーミーカフェが引っ張る淀みの無い流れ。

カンパニーは後方から。

まぁ、どこで外に出すかだけだろ。

直線に向くとカンパニーは徐々に外へ。

ユーイチが後ろに気を使いつつ

外埒沿いまで持ち出した。

何もそこまでしなくても。笑

やはり不利がなければ格が違う。

1頭だけ次元の違う脚で豪快に差し切った。

で、2着。

馬場の真ん中をオレンジの帽子が抜けてきた。

・・・。

7枠の馬、どれも切ったよ?爆

直後、これまた大外からマイケルバローズがドンジリ強襲で3着入線。

( ̄  ̄メ) オセーヨ。

結局、

カンパニーシンボリグランマイケルバローズカンファーベストストーミーカフェの順で入線。

痛恨の1着、3着。爆

もう、だるくて凹みもしないですよ。笑

って、言うか、

格うんぬん言うならシンボリグラン買っとけ

って話だよね。爆

。。。。。。。。。。

今週は夏休みだから

掃除と洗濯、明日にしよ。。。

関屋記念と函館2歳S。

暑くてだらけ切ってるので簡単に。笑

関屋記念。

本命カンパニー

ちゃんと仕上がってれば格が違いすぎ。

相手は

ゴールドアグリアンブロワーズピサノパテックスクールボーイマイケルバローズインセンティブガイ

函館2歳S

本命イイデケンシン

1~2戦しか走ってない2歳馬の重賞なんか解る訳なかろう。爆

相手は

ナムラブレイブベストオブミールミナリエエイブルベガアイリスモレア

。。。。。。。。。。

しかし、暑いですな・・・。

2007年8月 3日 (金)

一口馬主S氏。やはり運が強いようで。

久々登場の

会社の先輩、一口馬主のS氏。

主だった持ち馬は

バリバリオープンのインテレット

500万下のオンシジュームニードルポイント

ちなみに、オイラ

オンシジュームには結構儲けさせてもらっている。笑

で、そのS氏

うれしそうにオイラにこう言ってきた。

明日の新潟6Rの新馬戦に出るよ。

・・・こないだ言ってたグリフィスですか?

いや、牝馬。チョコクランチっていうの。

と、おもむろに馬三郎を取り出すS氏

あんまり印ついてないんだけどさ

最終追い切りがモヤで見えなかったからみたい。

・・・でも、エビナで勝負って感じですね?

おぉ、でもそのエビナ次第だよ。笑

あとさ、グリフィスも来週札幌でデビュー出来そうだよ。

・・・良い感じなんですか?

おう、いいよ。

・・・アドマイヤベガ産駒でしたっけ?

そう。インテレットの件があるからさ、今年の2歳馬もさ、アドマイヤベガのラストクロップ欲しかったんだよ。

でもさ、2頭いてさ、ほんとはもう1頭の方が欲しかったんだけど抽選でハズレたんだよねぇ~。

・・・でも、そういうのって、意外と当たったりするんぢゃないですか?笑

そ~~なんだよ。そのハズレた方がさ、脚元不安で年内出られないみたいよ?爆

。。。。。。。。。。

とりあえず

チョコクランチグリフィス

買ってみますが

会社の先輩S氏

どこまで運が強いんだ?笑

2007年8月 2日 (木)

見たことありますか?カンパイ。

あるよ、居酒屋で。

ってな、

野暮なツッコミはナシで。笑

こんな記事を見つけました。

。。。。。。。。。。

2日、旭川競馬場で行われたホッカイドウ競馬の3冠最終戦・王冠賞(3歳、ダート2100m、1着賞金300万円)は、先手を取った圧倒的1番人気(単勝1.3倍)ブルータブー(牡3、北海道・廣森久雄厩舎)が、直線に向いて後続を突き放し、9番人気ドクターアサシンに2馬身差をつけて逃げ切った。勝ちタイムは2分19秒0(不良)。さらに3馬身差の3着には5番人気ピエールバスターが入った。なお、同レースは発走委員が真正な発走でないと認めたため、発走のやり直し(カンパイ)を行った。

 勝ったブルータブーは、父カリズマティック、母ブルージーンベイビー(その父Mr.Prospector)という血統。06年7月のデビュー戦を勝利で飾ると、その後も安定した走りを続け、重賞初挑戦となった道営3冠初戦の北斗盃(門別・ダート1200m)はタガタメの2着に敗れたものの、2冠目の北海優駿(旭川・ダート1600m)を4馬身差で快勝して重賞初制覇を飾った。前走はジャパンダートダービー(交流GI)に遠征して7着だった。通算成績11戦6勝(うちJRA1戦0勝、重賞2勝)。

。。。。。。。。。。

カンパイ。

スタートのやり直し。

実はオイラも目の当たりにするまで

知らなかった。

でも、確かに大井競馬場で見たぞ。

でも、いつの事だったか・・・。

。。。。。。。。。。

で、調べてみた。

2002年6月19日(水) 大井競馬場 8R
帝王賞が行われた大井競馬場の8Rで珍しいカンパイ(スタートのやり直し)がありました。。。。

あぁ、思い出した。

別れたヨメと

最初で最後の大井観戦の日だ。爆

最初は

カンパイ??

ってな感じで意味が解らなかったけど

後から調べたら

Come back!

が、語源とのこと。

カムバック。

カンパイ。

・・・ちょっと、ムリがないか?爆

まぁ、今となっては

貴重なモノを見せて頂いたと思っております。笑

。。。。。。。。。。

最後に

ちょっと残念なニュース。

三冠馬スティルインラブ、死亡。

03年に牝馬3冠を達成したスティルインラブ(牝7)が2日午前7時、小腸の腸重積のため、繋養されていた北海道日高町の下河辺牧場で死亡した。

 同馬は7月25日に急激な腹痛を起こしたため、三石のNOSAI日高三石家畜診療センターにて診察。小腸ねん転と診断され、開腹手術がなされたが、28日に再び腹痛を起こし2度目の手術。その後順調に回復していたが、1日20時頃に三たび腹痛を起こし、2度の手術で体力も落ちており、残念ながら永眠した。


 同馬は父サンデーサイレンス、母ブラダマンテ(その父Roberto)という血統。半兄に96年ラジオたんぱ賞(GIII)を制したビッグバイアモン(父バイアモン)、従妹に今年のオークス(GI)を勝ったローブデコルテ(牝3、栗東・松元茂樹厩舎)がいる。

 02年11月のデビュー戦(阪神・芝1400m)、紅梅S(OP)と2連勝し、03年チューリップ賞(GIII)2着から臨んだ桜花賞でGI初制覇を果たすと、続くオークスも快勝。プラス22kgで出走した秋緒戦のローズS(GII)こそ5着に敗れたが、秋華賞(GI)を制して86年メジロラモーヌ以来17年ぶりとなる牝馬3冠を達成。同年のJRA最優秀3歳牝馬に輝いた。しかしその後は低迷が続き、05年府中牝馬S(GIII)17着を最後にターフを去った。通算成績16戦5勝(重賞3勝)。


 06年に繁殖入り。今年2月20日にはキングカメハメハを父に持つ牡馬が誕生していた。

。。。。。。。。。。

03年は牡、牝、共にレベルが低かった年ではあるけれど

それでも、三冠というのは

そう簡単に達成出来るものではない。

しかも血統も

SS×ロベルト

と、いう超良血。

種牡馬と違って、牝馬は

毎年一頭しか残せない。

せめて、もう少し跡継ぎを残して欲しかったかな。。。

。。。。。。。。。。

さて、今日も2本目のワイン

一人でカンパイするかな。爆

2007年8月 1日 (水)

かなりくじけた夜。

ここ2、3日、特に食い付く競馬ネタもなく

月曜は更新サボったし、小ネタでも書くか。

と、自分で言うのも何だが

結構面白いネタを書き上げた昨夜。

何故、悲劇は続いてやって来るのでしょうか・・・。

。。。。。。。。。。

昨夜19:30頃、電話が鳴った。

・・・はい。

あ、宅急便です。21:00過ぎに代引きの荷物お届けに上がりますがよろしいですか?

・・・はい、お願いします。

先日ネットで注文した500円ワイン4種類×12本、都合48本。

いつも赤ワインを3種、36本注文するのだが

今回は夏休みもあるので

そこにスパークリングロゼを足してみた。

よし、今のうちにブログ書き上げてしまおう。

と、ネタをカキカキ。

意外と力作に仕上がった。笑

よし、デケタッ。

と、保存ボタンをクリック。

・・・そこに表れた画面。

ココログ メンテナンス中。

( ̄□ ̄;) ゲゲッ、ヤバイ。

慌てて戻るボタンをクリック。

・・・その画面、ピクリとも動かない。

当然、すべて消滅。爆

や、やられた・・・。

かなりくじけたオイラ。

くぅぅ。

と、凹みまくってるところへ

ピンポ~ン。

ワインが届いた。

うぅぅ、ここはスパークリングロゼでも飲んで、このやり場の無い怒りと心の傷を癒すとするか・・・。

。。。。。。。。。。

とりあえず箱を開け

スパークリングロゼを取り出して

慎重にコルクに手をかけたオイラ。

ポンッ。

おぉ、開いたよ。

と、安堵感に浸っていたのが間違いだった。

ちょっと気を緩めた次の瞬間

ボンッ、と、いう音と共に

コルクが持ち上がった。

そして

シュワワワワワ~~~

と、溢れるワイン。

固まるオイラ。爆

( ・  ・)  テーブルガ・・・。

そして、テーブルから床へボタボタ。

( ̄~ ̄;) イマ、メノマエデオキテルコトハ

イッタイナンダロウ・・・?

現実逃避に走るオイラ。爆

。。。。。。。。。。

その後、ふと我に返り

ヘロヘロに酔ったまま

テーブルと床を掃除したのは

言うまでもありません。爆

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »