« 直線が長かった。 | トップページ | ウインクリューガー、4年振り勝利で思い出したこと。 »

2007年7月 5日 (木)

潤滑油か重油被害か。ダーレージャパン、JRA参入。

昨日、この記事を書こうと思い

いろいろ文章を考えてたオイラ。

ふと気が付くと、ワインのボトルが空に。

足りないなぁ~、もう1本、開けるか。

・・・ここまで記憶がある。爆

。。。。。。。。。。

気が付くとAM3:00。

しかも、ベッドの上。

当然のように、電気は全部点けっぱなし。

グラスの中にはワインが残っている。

( ̄□ ̄;) イ、イツノマニ・・・。

・・・えぇ、いつものことなんですけどね。爆

唯一の救いは

次のワインを開けてなかったこと。笑

。。。。。。。。。。

で、昨日書こうと思ってたニュース。

ダーレージャパン、JRA馬主資格取得へ。

(競馬LABより転載)

中央競馬の馬主登録審査委員会が、ダーレー・ジャパン・ファームの馬主登録申請を賛成多数で可決した。
4日に開かれるJRA審査会を経て、正式に認可の運びとなる。

既に南関東では馬主免許を取得、昨年末には交流G1も勝っているダーレー・ジャパン。
世界を席巻するダーレー・グループの生産、育成のノウハウを武器に、今度は中央の舞台に旋風を巻き起こすことになる。

国内関係者との切磋琢磨することで、日本競馬がより一層レベルアップすることが期待される。

。。。。。。。。。。

JRAも他の馬主も生産地も

初めは渋っていたダーレーの馬主登録。

しかし、南関競馬での実績や

零細馬産地に救いの手を差し伸べるなどして

じわじわと日本の競馬に浸透してきたダーレーに対し

もう、断る理由が無くなったのだろう。

で、そのダーレー。

競馬好きなら誰でも知ってる

世界No,1のブリーダーズオーナー。

オイルマネーに任せて

JRAの馬主資格取得と同時に

一気に攻め込んでくるのか?

・・・それは、ない、な。

。。。。。。。。。。

他の国で、どうやってきたのかは知らないけど

少なくとも、ここ日本では

一部の大勢力に押されて経営が立ち行かなくなっていた零細馬産地を救ってきた。

ミエミエの偽善行為

そう言ってしまうのは簡単だが

それで救われる人たちがいるのも事実。

たとえ

ダーレーの世界征服の頭脳的戦略

と解っていても

それは、それでいい

と、オイラは思う。

。。。。。。。。。。

社台をはじめ

今や日本の馬、ジョッキー、調教技術は

世界でもトップクラスなのは間違いない。

ならば、世界のダーレーに対し

社台を筆頭に

日本のレベルの高さで迎え撃てばいい。

そうすれば

もっともっと、レベルが上がって

競馬は面白くなるよ。

。。。。。。。。。。

ところで

ダーレーの主戦はJRAでも

当然ウチパクなんだろうな。笑

« 直線が長かった。 | トップページ | ウインクリューガー、4年振り勝利で思い出したこと。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 潤滑油か重油被害か。ダーレージャパン、JRA参入。:

« 直線が長かった。 | トップページ | ウインクリューガー、4年振り勝利で思い出したこと。 »