« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

御神本くん700勝。まずは読み方覚えて貰おう。

次世代のエース

御神本くん。700勝達成。

。。。。。。。。。。

29日、大井競馬場で行われた11R・江戸川区特別(ダート1600m)で、オペラテンシ(牝4、大井・三坂盛雄厩舎)が優勝。騎乗していた御神本訓史騎手(25、大井・三坂盛雄厩舎)は、地方通算700勝を達成した。

 御神本訓史(みかもと のりふみ)騎手は、81年8月25日生まれ、島根県出身。99年4月10日に益田競馬場でデビュー。00年、02年の益田リーディングに輝き、02年8月の益田競馬廃止に伴い大井競馬場に移籍した。これまでの主な勝ち鞍には06年東京シティ盃(南関東G3、ベルモントファラオ)、07年京浜盃(南関東G2、トップサバトン)、07年マイルグランプリ(南関東G2、フジノウェーブ)などがある。29日終了時点の地方通算成績は4266戦700勝、JRA79戦4勝。

。。。。。。。。。。

島根で天才と呼ばれた男。

大井に移籍したときは

おぉ、すげぇのが来たな。。。

と、正直うれしかった。

移籍した当初、

明らかに勝ち星を用意した馬がいて

三連単、いただきました。笑

その後は

しばらく地味な感じがしたけど

地道に成績を伸ばしてきた。

最近の南関は

ウチパクを筆頭に

ベテランの石崎的場

若手の石崎息子町田戸崎らが頑張っている。

そんな中、ウチパクに続くべき騎手は誰か。

左海山田、そして御神本

キミたちの頑張りに期待したい。

。。。。。。。。。。

左海のサカイも読みづらいが

御神本

これをミカモトと読める人は

何人いるだろう。爆

。。。。。。。。。。

せっかく顔も腕もいいのだから

名前も覚えてもらおうよ。

ミカモトくん。笑

2007年6月29日 (金)

メイショウサムソン、ユタカで凱旋門賞。グレなきゃいいが。

さっきテレビで

少年法は廃止すべきか?

と、いう議論をしていたが

オイラは廃止支持

少年法を支持してる人たちの多くは

知識はあるが世間を知らない

青臭い正義を振りかざす

理想論者。

オイラが一番キライなタイプ。笑

細かい意見を書いてるとキリが無いので

オイラが一番言いたいことを

一行で言ってみる。

中村主水がホントにいればいいのになぁ。

これで察してちょ。

。。。。。。。。。。

さて、今日のニュースはこれ。

メイショウサムソン、武騎手騎乗で凱旋門賞へ

。。。。。。。。。。

昨年の2冠馬で、今年の天皇賞・春(GI)を制したメイショウサムソン(牡4、栗東・高橋成忠厩舎)が、現地時間10月7日に仏・ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(仏G1、芝2400m)に武豊騎手とのコンビで出走することがわかった。

 同レースにはウオッカ(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)も出走を予定しており、凱旋門賞に日本調教馬2頭が出走するのは史上初となる。

 また、騎乗する武豊騎手は、94年ホワイトマズル(6着)、01年サガシティ(3着)、06年ディープインパクト(3位入線失格)に続く4度目の凱旋門賞騎乗となる。

。。。。。。。。。。

ユタカアドマイヤから解雇されたのを見計らったように

これまた大オーナーの松本氏が積極的にユタカを起用している。

メイショウバトラーが記憶に新しい。

ここぞとばかりにユタカを押さえにかかったか?

まぁ、勝負事だから、ね。

確かに海外遠征は経験が必要不可欠。

ユタカの起用は決して間違ってはいない。

が、メイショウサムソン自身の気持ちは大丈夫なのか?

。。。。。。。。。。

強い馬ほど利口で自尊心が高いと聞く。

一部例外もあるようだが。。。

あのテイエムオペラオー

ある日の調教中にムチを入れられたのが気に入らなかったらしく

厩舎に帰る途中に和田騎手をワザと振り落として、ジロッと一瞥をくれて

そのままスタスタと自分で馬房に帰ったことがあると言う。

・・・和田くんがインタビューで言ってた。爆

で、メイショウサムソン

2冠を獲ったあたりから

自分が1番だという自覚があるらしく

結構、他馬を威嚇したりするらしい。

しかも石橋騎手

デビューからずっと苦楽を共にしてきたパートナー。

石橋騎手の言うことは聞いても

他のジョッキーの言うことは

聞かない可能性がある。

たとえ、ユタカであっても。

。。。。。。。。。。

すべては結果。

さすがユタカ

と、なるのか

スイッチしたのは失敗だったんぢゃ?

と、なるのか。

。。。。。。。。。。

オイラがオーナーの立場だったら

同じことしちゃうのかもしれないけど

いちファンとしては

石橋くんで行って欲しかったかな。。。

それでダメだったら

諦めもつくけど

もし日本一の騎手、ユタカでダメだったら

いろいろとこみ上げてくるであろう

モヤモヤ感は

どう処理したらいいのだろう?

。。。。。。。。。。

最後に

的場文男騎手、すごいぞ。

。。。。。。。。。。

27日、大井11R・帝王賞(交流GI)でボンネビルレコード(牡5、美浦・堀井雅広厩舎)が優勝。同馬に騎乗した的場文男騎手(50、大井・松浦備厩舎)は、史上3人目、現役では2人目となる地方通算5300勝を達成した。

 的場文男(まとば ふみお)騎手は、56年9月7日生まれ、福岡県出身。73年10月にデビュー。これまでに86年東京大賞典(カウンテスアップ)、97年帝王賞(交流GI、コンサートボーイ)など数々の大レースを制しており、02、03年には全国リーディングに輝いている。27日終了時点の地方通算成績は26694戦5300勝、JRA99戦4勝。

。。。。。。。。。。

要は、5回に1回勝ってるってことだよね。

すごいなぁ~~。

最近はウチパクがトップジョッキーだけど

石崎的場鮫島菅原、内田・・・。

もっともっと、

ベテランジョッキーの活躍が見たいですね。

2007年6月27日 (水)

外れたが、ナイスな実況。帝王賞。

ネットで帝王賞の中継を見ていたオイラ。

スタート前に

笑わせて頂きました。

実況。

・・・2000mの名物重賞、

夜の帝王賞・・・。爆

いや、確かにナイター開催だし

間違いなく「夜」の帝王賞、ですよ。

でもね、でもさ。

「夜の帝王賞」

笑うなって方がムリ。爆

この実況が聞きたい方は

NARのHPから見れますよ。

南関競馬のHPはスタートからの実況なので

残念ながら

この迷実況は聞けません。笑

で、結果は記事で。

。。。。。。。。。。

27日、大井競馬場で行われた帝王賞(4歳上、交流GI・ダート2000m、1着賞金7000万円)は、的場文男騎手騎乗の5番人気ボンネビルレコード(牡5、美浦・堀井雅広厩舎)が中団追走から直線で内を突いて伸びると、先に先頭に立った圧倒的1番人気(単勝1.5倍)ブルーコンコルドを1.1/2馬身差交わして優勝した。勝ちタイムは2分04秒3(良)。さらに1.1/4馬身差の3着には3番人気サンライズバッカスが入り、2番人気シーキングザダイヤは5着に敗れた。

 勝ったボンネビルレコードは、父アサティス、母ダイワスタン(その父マルゼンスキー)という血統。04年10月に大井・庄子連兵厩舎からデビューし、3歳時は05年東京ダービー(南関東G1)4着、05年ジャパンダートダービー(交流GI)3着などクラシック戦線で活躍。05年黒潮盃(南関東G2)で重賞初制覇を果たした。その後、05年東京記念(南関東G2)、06年サンタアニタT(南関東G3)に勝利したほか、昨年のJBCクラシック(交流GI)で3着に入るなど交流重賞でも活躍。今年2月の金盃(南関東G2)で重賞4勝目を挙げた後に中央に移籍し、今回が移籍後4戦目だった。通算成績28戦7勝(うち地方26戦7勝、重賞5勝)。

 鞍上の的場文男騎手は93年ハシルショウグン、97年コンサートボーイに続きこのレース3勝目。交流GIになってからは97年に続く2勝目。管理する堀井雅広調教師は交流GI初制覇。JRA所属馬は交流GIになった97年以降5勝目となった。

。。。。。。。。。。

確かにパドックでは

ボンネビルレコード、よく見えたんだよねぇ。

でもね、ブルーコンコルド

もっとよく見えたんですよ。

なのでオイラは

ブルーコンコルドからの馬単と

頭固定の三連単を買ってしまったのだな。

もちろんボンネビルレコードは買ってたけど

頭は固いと思ってたので。。。

アサティスが13日に死亡したってのも

ヒントだったんですかね。

。。。。。。。。。。

前のレースで的場騎手

やはり同じような騎乗で

内を突いて勝っていた。

ミユキアンカツの騎乗は決して間違ってなかったと思うけど

コース、馬場状態を知り尽くしたベテラン的場騎手が

1枚も2枚も上手だったってことでしょうな。

馬券は外れたけど

的場騎手が勝ったなら、潔く諦めるよ。

しかも、ちょっとうれしいし。笑

。。。。。。。。。。

最近よく登場する同僚のDS氏。

今日は、DS氏と同じ部署の

坊主頭のKくんの話。

そのKくん、最近海釣りにハマっているらしい。

先週の日曜日も釣りへ。

我々の感覚では

宝塚記念だろが。。。

と、なるが

競馬に興味の無いKくには関係ない。

月曜日、顔も頭も見事に日焼けして

釣果を自慢していた。

白ギスとかカサゴとか釣れましたよ。。。

おぉ、いいなぁ。てんぷら食べたいなぁ。

。。。。。。。。。。

そんな、顔も頭も日焼けしたKくん

昨日までは何事も無く過ごしていたが

今日、Kくんのせいで

会社に激震が走った。

日焼けしたKくんの頭が脱皮した。爆

Ts380005

思わず

クラッシャーバンバンビガロかっ!?

と、突っ込んでしまいました。爆

・・・ちなみに

会社中でこの頭、

文字にするなり、絵にするなりしたい連中でいっぱいです。爆

2007年6月26日 (火)

ブログを始めて半年。皆さんに感謝。いや、まだ続けますよ?

昨年末に立ち上げたこのブログ。

始めたきっかけは

仲間内で競馬の話をしてると

初めは

あのレース獲ったよ

みたいな話から始まるのに

必ず、すぐに

全員ハズレ自慢になる。爆

それをリアルタイムで書いたら

おもしろいかなぁ~

ってのが動機です。

特にオイラは

外してばっかいるので。爆

初めてコメントをくれたnao37さん

初めてリンクしてくれたかつさん

いろいろと、、、チル嬢。爆

それと

開設当初から読んでくれてる

愛知、宮城、奈良の方々。

他にもブックマークしてくれてるみなさん。

いつも話題を提供してくれる

同僚のDS氏、一口馬主S氏

とりあえず

上半期の締めとして

みなさんに御礼申し上げます。

。。。。。。。。。。

えぇ、今日、

ネタが無かったんです。爆

2007年6月25日 (月)

未練のユタカ、援護のユーイチ。

まずは、宝塚記念の各ジョッキーのレース後のコメントを見ていただきたい。

。。。。。。。。。。

1着アドマイヤムーン(岩田康誠騎手)
 すごいメンバーの中で勝つことができてうれしい。こんないい馬に乗せていただいて感謝したい。前半は無理せず馬任せ。直線では、早く抜け出すとやめてしまうので最後まで一生懸命に追った。

2着メイショウサムソン(石橋守騎手)
 道中厳しくマークされていた。前も後ろも射程圏に入れてレースを進め、この馬の力は出せたのだが…。

3着ポップロック(武豊騎手)
 読み通りの展開で馬も頑張っているのだが上位2頭は強かった。

4着アドマイヤフジ(福永祐一騎手)
 勝負どころでは豊さん(ポップロック)より手応えが良くて、3着はあると思ったんだが…。

8着ウオッカ(四位洋文騎手)
 ダービーのように前に馬を置いて進めたかったのだが、なかなかそうならず、馬がエキサイトしてしまった。4コーナーを回る時はもう手応えが悪かった。やはり甘くはない。

12着ダイワメジャー(安藤勝己騎手)
 返し馬から行きっぷりが悪くて。こういう馬場が嫌なのか、ずっとハミに頼って推進力を欠いた。

。。。。。。。。。。

ユタカとユーイチはとても仲がよい。

それを踏まえて

コメントを読むと・・・。

ユタカ

「読み通りの展開で馬も頑張っているのだが上位2頭は強かった。」

松本オーナー、いつもお世話になっております。最近ではメイショウバトラーという名牝に乗せていただいて、本当に感謝してます。

近藤オーナー、いろいろと誤解や行き違いもありましたが、また、オーナーの強い馬に乗せていただけないでしょうか?

ユーイチ

「勝負どころでは豊さん(ポップロック)より手応えが良くて、3着はあると思ったんだが…。」

いや~、自分の乗ってたアドマイヤフジの手応えはすごく良かったんだけど、ユタカさんはさすがですよ。

やっぱりユタカさんが乗ると違うな~。

もし、自分の馬とユタカさんの馬が逆だったら絶対差されてましたよ、近藤オーナー。

。。。。。。。。。。

やっぱり、大オーナーと仲良くしたいユタカ

それを暗に後押しするユーイチ

もし、ユタカのアドマイヤ復帰が決まったら

影の功労者はユーイチだよ。爆

。。。。。。。。。。

さっきテレビを見てて思ったのだが

内閣府副大臣のオオムラ氏。

あんなにバカだとは思わなんだ。

・・・ところでさ、彼、

B0003180_11505336 ← チブル星人に

似てるよね。爆

2007年6月24日 (日)

春の締め括り。見事にオイラらしい結果。

そんな宝塚記念

オイラの本命ダイワメジャー

いきなり-16kgって。。。

しかも、予想以上にえらい雨降り。

ありゃ、ダイワメジャー、ムリかも。

しかし、馬連はBOXで買っていたオイラ。

多少の雨降り仕様。

まぁ、どれか当たるだろ。。。

。。。。。。。。。。

ハナを宣言していたアドマイヤメインを抑えてハナに立ったのはローエングリン

アドマイヤメインアサクサキングスがこれに続いた。

確実にキツイ流れ。

ダイワメジャーはちょうど中団。

注目のウオッカはかなりかかってる様子。

チカラの勝負になるな・・・。

3~4コーナーで各馬が一斉に動いた。

しかし、ここでダイワメジャーが遅れをとった。笑

(-_-;) アララ・・・

ヤハリバタイガヘッタセイカ・・・?

なんとカワカミプリンセスが早め先頭で直線に向いた。

内からウオッカ

外からはメイショウサムソンアドマイヤムーン

その後ろからポップロックアドマイヤフジ

・・・実は、金曜日に会社で

今のところ、アドマイヤムーンにメイチ気があるんだよねぇ~

と、宣言していたオイラ。

ダイワメジャーからの馬連、馬単と馬連BOXの他に

アドマイヤムーンからの馬単も小額だがチャッカリ買っていた。

おぉ、こうなったらイワタ頑張れっ!!

でも、メイショウサムソンへの馬単は持っていたが、馬連BOXには入れてなかったオイラ。

できればユタカ、2着に来てくれっ!!!

もっと言うならアドマイヤ3頭の馬連BOXも100円づつシャレで持ってたオイラ。

ユーイチ、もっと頑張れっ!!!!爆

。。。。。。。。。。

たまにはオイラの願いも少しは届くらしい。

イワタが頑張った。笑

アドマイヤムーンが優勝。

しかし、2着にはメイショウサムソンが頑張ってしまった。

3着ポップロック、4着アドマイヤフジ、5着ファストタテヤマの順で入線。

ダイワメジャーは12着、注目のウオッカは8着でした。

。。。。。。。。。。

馬単的中。

しかし、ほんとに押さえだったのでマイナス。

回収率46%でした。爆

。。。。。。。。。。

宣言通りアドマイヤムーンから行ってれば・・・

とも思ったが

基本的にメイショウサムソン完全押さえの方向だったから

どっちにしても

トントンかマイナスだったかな。笑

。。。。。。。。。。

春競馬の締め括り

見事なまでにオイラらしい結末。

みなさん、喜んで頂けましたでしょうか?爆

春の締め括り。アンカツにした。

宝塚記念

いろいろと、展開やら天気やら悩んだが

本命ダイワメジャー

現役最多のGⅠ4勝。

内2勝は皐月賞天皇賞・秋

有馬記念の3着もある。

ならば阪神の2200mが持たないということはあるまい。

っていうか、持ってくれ。爆

先行して抜け出すのが勝ちパターンだが

前走は先行してゴール前で差すという

新しい一面も覗かせた。

ここは先行差しで後続も完封。

・・・してほしいなぁ。笑

相手は

ポップロック。暮れの有馬記念ではダイワメジャーに先着。

アドマイヤムーン。差しがハマるならコイツ。ペースメーカーもいることだし。

シャドウゲイト。馬場が渋れば頭も。

アサクサキングスマツオカくんが出張前に大仕事をやってのけるかも。

コスモバルク。2200mの日本レコードホルダー。速い流れなら侮れない。皐月賞の再現もあるぞ。

。。。。。。。。。。

馬券は馬連、馬単。

あと、相手5頭の馬連BOXも買っておく。笑

アドマイヤムーンからもちょっと。爆

。。。。。。。。。。

馬単の押さえで、以下の3頭。

スウィフトカレント。馬場が悪くならなければ。

ウオッカ。実績に敬意を表して。

メイショウサムソン。同上。

。。。。。。。。。。

プライベートも含め

たまには楽しい夏を迎えてみたい。爆

2007年6月23日 (土)

まだ決めかねています。宝塚記念。

某競馬サイトの、とあるコミュニティーに参加させてもらってるオイラ。

最近、とあるトピが立った。

自分の一口持ち馬を紹介したりするトピ。

おぉ、結構みんな持っているのだな。

しかも社台が結構いるし。

みんな余裕があるのだな。。。

・・・オイラはネットで500円の輸入ワインを1ヶ月分大人買いして生き延びてる身。

一口馬主など、とても。

仲間の馬たちが出てきたら素直に応援するけど

何となく、今日の夕方は

今の人生を考え

過去の人生を振り返り

窓際で黄昏てました。爆

。。。。。。。。。。

さて、明日はいよいよ春競馬の総決算

宝塚記念。

しかし、どうみても

豪華なメンバーだな。

他のGⅠだってなかなかないような顔ぶれ。

おかげで全く予想が進まない。爆

ある程度までは絞れたけどね。

今のところ

馬連BOXにしようかと思ってますが

ここで

「ヒモでは買うかもしれないけどBOXには入れない人気馬」を発表。

ジャジャンッ♪

ウオッカ

強いのは認める。

しかし、今年5戦目。

しかも、ここ3戦は決して楽なレースではなかったハズ。

目に見えない疲労が心配。

完封された桜花賞

天敵ダイワスカーレットの兄、ダイワメジャー&アンカツのコンビもまた、不安要素。

レースを作るのはアドマイヤメインだが

レースを支配するのはアンカツユタカ

いくら51kgでも直線で脚が残ってない可能性有り。

もう1頭。

メイショウサムソン

基本的に時計の裏づけが無い。

前走の天皇賞のような形になれば強いが

スピード決着になった場合

菊花賞の再現も充分あり得る。

今回も菊花賞と同じように

アドマイヤメインが引っ張る速いペース。

前を捕らえきれないか

後ろからアッサリ交わされる可能性有り。

。。。。。。。。。。

この2頭でアッサリ決まったら

オイラのこと笑ってやって。爆

2007年6月22日 (金)

いいんだよ、勝ち上がらなくて。

最近、洗顔フォームを「コラーゲン配合」にしてみたオイラ。

顔より先に

手がすべすべになりました。爆

。。。。。。。。。。

会社の先輩S氏

一口持ち馬オンシジューム

先週、休み明けで写真判定の末、4着。

オイラ。

・・・昇級初戦で休み明けで4着だったら、次は勝ち負けぢゃないですか?

S氏。

でもさ、馬券にならないって辛いよ・・・?

獲ったと思ったのにさぁ、1頭内に残ってやがってさぁ。。。

・・・ん~~。でも、今までのレースぶり見てると、キツイ流れで引っ張る馬がいるときの方がレースがし易そうだし

クラスが上がった方がレースしやすいんぢゃ?

きっと、すぐに勝ちあがれますよ。

いや、いいんだよ、勝ち上がらなくて。

しばらく1000万で着拾って稼いでくれた方がさ。

元が取れるし。

・・・ソウデスカ。

。。。。。。。。。。

来週、中1週で福島で出走予定だそうです。

S氏の希望に反して

たぶん勝ち負けだと思うので

オイラは買うぞ。

みなさんも是非。爆

2007年6月21日 (木)

こういう種牡馬に頑張って欲しい。

春競馬の総括

宝塚記念の枠順も決まったが

そこはアマノジャクなオイラ。

食いついたのはこの記事。

グレートデンヒル産駒が初勝利

。。。。。。。。。。

どっかで聞いた名前だが

どこで活躍した馬だっけ???

・・・その疑問、記事を読んで解決。

。。。。。。。。。。

21日、旭川競馬場で行われた2R・2歳未勝利(牝馬、ダート1000m)で、佐々木国明騎手騎乗の3番人気デンヒルダンス(牝2、北海道・谷口常信厩舎)が優勝。この勝利が新種牡馬グレートデンヒルの地方、中央通じての産駒初勝利となった。

 勝ったデンヒルダンスは父グレートデンヒル、母がJRA3勝のハグミートウショウ(その父ノーザンディクテイター)という血統。従兄にトウショウファルコ(AJCC-GII)がいる。5月にデビューし、このレースが3戦目だった。通算成績3戦1勝。

 同馬の父グレートデンヒルは父デインヒル、母Wild West Lass(その父Bletchingly)という血統の豪州産馬。通算成績は26戦0勝(うち地方6戦0勝)。


 03年に日高地方を襲った台風で、濁流に約3km流されながら奇跡的に一命を取りとめた馬として話題になった。04年から種牡馬入りし、初年度産駒は5頭が血統登録されている。

。。。。。。。。。。

おぉ、そうだ、流された馬だ。

って、言うか、活躍してないぢゃん。爆

でも、デインヒルは日本の競馬でも活躍馬を出してるし、意外とイケるかも。

何より、この生命力。

そして、運の強さ。

こんな種牡馬が活躍してくれたら

正に、奇跡の血

なんだけどなぁ。爆

サンデーサイレンス亡き後

こんな種牡馬が活躍してもいいぢゃん。笑

。。。。。。。。。。

続いて

デットーリ、またGⅠ勝ちました。

。。。。。。。。。。

現地時間19日、英・アスコット競馬場で行われたクイーンアンS(4歳上、英G1・芝8f)は、L.デットーリ騎手騎乗の3番人気ラモンティ Ramonti(牡5、英・S.ビン・スルール厩舎)が、スタートからハナに立つと、直線での競り合いから短頭差抜け出して優勝した。勝ちタイムは1分37秒21(良)。2着には5番人気ジェレミー Jeremy、さらに短頭差の3着には7番人気タートルボウル Turtle Bowlが入り、このレースが現役復帰初戦となった1番人気ジョージワシントン George Washingtonは4着に敗れた。

勝ったラモンティは父Martino Alonso、母Fosca(その父El Gran Senor)という血統の仏国産馬。05年3月にイタリアでデビューし、3歳時に伊ダービー(伊G1)で2着に入るなどの活躍を見せ、昨年のヴィットリオディカプア賞(伊G1)でG1初制覇を果たした。昨年12月の香港マイル(香G1)3着後に現厩舎へ移籍しており、移籍初戦の前走ロッキンジS(英G1)ではアタマ差の2着に惜敗していた。通算成績15戦9勝(重賞5勝)。

。。。。。。。。。。

何とコメントしてよいやら。

凄すぎ。

以上。爆

。。。。。。。。。。

現役復帰初戦のジョージワシントン

レースを見てないので何とも言えないけど

4着に来たってことは

気持ちは切れてなかったってことですかね?

もう1回叩いて凱旋門賞

ってなことになったら

結構、厄介かも。笑

。。。。。。。。。。

最後に

シェルゲーム、登録抹消。

。。。。。。。。。。

 04年巴賞(OP)を勝ったシェルゲーム(牡6、美浦・藤沢和雄厩舎)が、21日付でJRA競走馬登録を抹消したことがわかった。今後については未定。

 シェルゲームは、父Swain、母Chancey Squaw(その父Chief's Crown)という血統の英国産馬。半兄に01年香港C(香G1)などGI・6勝(海外含む)を挙げたアグネスデジタル(父Crafty Prospector)、半弟に06年京成杯(GIII)を勝ったジャリスコライト(牡4、美浦・藤沢和雄厩舎、父ファンタスティックライト)がいる。


 03年11月にデビューし、2連勝で葉牡丹賞(500万下)を制覇。翌年は毎日杯(GIII)で始動し、後のダービー馬キングカメハメハの2着。青葉賞(GII)では3着に入ったものの、外国産馬のため日本ダービー(GI)への出走は叶わなかった。その夏、巴賞(OP、函館・芝1800m)で3勝目を挙げ、秋は天皇賞・秋(GI)路線に向かったが、毎日王冠(GII)6着、天皇賞・秋13着と振るわず休養入り。同レース以降約2年8か月の間、レースに出走することはなかった。通算成績8戦3勝。

。。。。。。。。。。

・・・ごめん、

存在自体、忘れてた。爆

2007年6月20日 (水)

スイープトウショウ宝塚記念回避。そして、あぁ、勘違い。

名曲「なぜか埼玉」で一世を風靡した

さいたまんぞう氏

実は岡山県出身で

埼玉には一度も住んだことが無い

と、いう驚愕の事実を

今日、初めて知ったオイラです。(遅っ。)爆

。。。。。。。。。。

今日はこれ。

スイープトウショウ宝塚記念回避。

24日の宝塚記念(GI)に出走を予定していたスイープトウショウ(牝6、栗東・鶴留明雄厩舎)が、右後肢跛行のため同レースへの出走を断念することになった。これは17日朝、調教前の装鞍時に厩舎前で暴れて転倒し、右後肢を打撲したことによるもの。今後は厩舎に滞在して調整される見通しとなっている。

 同馬は05年の宝塚記念の勝ち馬で、ファン投票では4位に支持されていた。

。。。。。。。。。。

今年の宝塚記念

近年稀に見る豪華メンバーだが

逃げ、先行馬がやたら多い。

このメンバーぢゃ、差し馬、かなぁ。。。?

と、考えて

重い印を打とうと思っていた同馬。

また一から考え直し。爆

とりあえず、重い怪我ぢゃなくてよかった。

。。。。。。。。。。

最後に今日の

あぁ、勘違い。

いつもコメントをくれるチル嬢

面白いことを言ってた。

小田切有一氏所有の2歳馬

キヲウエタオトコ。(今週デビュー予定。)

キョウエタオトコ

だと思ったらしい。爆

すごい馬名だ、「今日、獲た男」、
牡馬につけるより、どっちかと言うと牝馬だよなぁ、
でもつけたとしても、ヒンシュク買う馬名だな、よく審査通ったなー

・・・・・。

おもしろいなぁ。笑

ちなみに

オイラならいつでも空いてるよ。爆

2007年6月19日 (火)

みんなボロボロ。でも、ナイキアディライトは頑張る。

渋谷のスパ施設の爆発。

当初、ボイラーの事故かと報じられていたが

温泉と一緒に湧き出す天然ガスが原因らしい、との報道。

亡くなった方、ご遺族、怪我をされた方、

そして、今回は雇われ社長も支配人も

かわいそうだったな。。。

都会のド真ん中での事故。

建物はボロボロで骨組みだけになってましたが、いつ、どこで、同じ様な事故が起きるか解らないですもんね。。。

。。。。。。。。。。

国会。

環境省のアベソウリのポスター他、の経費が無駄遣いとのレンホウの指摘。

ごもっとも。

もう、何やってんだか。。。

若いアベ氏には期待をしてた分

失望も大きい。

来月末の参院選で

任期強制終了だね。

ごくろうさん。

。。。。。。。。。。

そんな気分の悪い中、

ちょっとうれしいレース結果。

京成盃GM、ナイキアディライトが重賞10勝目

19日、船橋競馬場で行われた京成盃グランドマイラーズ(3歳上、南関東G3・ダート1600m、1着賞金1000万円)は、内田博幸騎手騎乗の1番人気ナイキアディライト(牡7、船橋・川島正行厩舎)がスタートから先手を奪うと、4角で一旦は差を詰められたものの直線で再びリードを広げ、3番人気ブルーローレンスに4馬身差をつけて快勝した。勝ちタイムは1分39秒3(良)。さらに1/2馬身差の3着には7番人気トロットテイオーが入った。

 勝ったナイキアディライトは、父ディアブロ、母ナイキアラモード(その父スリルショー)という血統。3歳時の03年は羽田盃(南関東G1)、東京ダービー(南関東G1)を制して南関東2冠馬に輝き、その後も04年かしわ記念(交流GII)、日本テレビ盃(交流GII)、05年マイルグランプリ(南関東G2)、06年報知グランプリC(南関東G3)、埼玉新聞杯(南関東G3)を制すなど重賞戦線で活躍を続けている。今回の勝利で重賞10勝目となった。通算成績34戦12勝(うちJRA3戦0勝、重賞10勝)。

。。。。。。。。。。

過去には帝王賞アドマイヤドンとハナ差の勝負をしたり、3歳だったアジュディミツオーを完封したり

決して田舎の大将なんかではない。

最近は交流戦では今ひとつだが

何とかもう一花咲かせてもらいたいですね。

。。。。。。。。。。

最後にどうでもいい話。

最近、オイラが電車で座ってるときのこと。

前に立った人、

20代のおね~ちゃんのジーンズ

30代と思しきサラリーマンのスーツ

チャック開いてるから気を付けて。爆

2007年6月18日 (月)

デットーリ、凄すぎ。

相変わらず体調不良のため

面白いコメントはできかねますが

気になったニュースを少しばかり。

。。。。。。。。。。

現地時間17日、伊・サンシーロ競馬場で行われたミラノ大賞典(3歳上、伊G1・2400m、6頭立て)は、L.デットーリ騎手騎乗の1番人気スーダン Sudan(牡4、仏・E.ルルーシュ厩舎)が、3番人気ハッタン Hattanにハナ差を付け優勝した。勝ちタイムは2分32秒10(重)。さらに3馬身差の3着には2番人気エキシビットワン Exhibit Oneが入った。

 勝ったスーダンは父パントレセレブル、母Sarabande(その父Woodman)という血統の愛国産馬。これまでに昨年のパリ大賞典(仏G1)でレイルリンク Rail Linkの3着などがあったが、重賞は初制覇。昨年4月のデビュー戦以来の2勝目となった。


 鞍上のL.デットーリ騎手は2日の英ダービー(英G1)、3日の仏ダービー(仏G1)、10日の仏オークス(仏G1)に続き3か国に渡って3週連続のG1勝ちとなった。

。。。。。。。。。。

3週連続で3ヶ国で4つのGⅠ制覇。

もう、コメントのしようがありません。。。

今年、いくつのGⅠを勝つのでしょうか??

是非、JCDJC、にも参戦願いたいものです。

。。。。。。。。。。

次、よいこの味方、頑張った。

6/16土曜日、函館4Rの3歳未勝利戦で、山本英俊オーナーが所有するタイガーマスク(牡)が2着に入線し、初賞金を手にした。
同馬は、オーナーが獲得賞金を寄付すると公言して話題になった馬。
「1回使ったことで、少しは良くなっていたからね。次はもっとやれると思う。素晴らしい企画だし、まずは協力できて良かった」と藤沢師。
トレーナー、騎手の進上金を含めた獲得賞金の95%にあたる190万円は、東京社会福祉協議会が運営を行う善意銀行を通じて、都内の養護施設に寄付される。 

。。。。。。。。。。

いやぁ~、うれしいですね。

ホントに頑張ってほしいです。

でも、前にも書いたように

馬場入りの際は

是非、マントを翻して

埒の上に飛び乗って欲しいですね。爆

2007年6月17日 (日)

唯一の心配コマキ。案の定。

マーメイドS

オイラの本命ソリッドプラチナム

午前中の予想に、オイラ、こう書いた。

唯一の心配は

鞍上が後ろから行って届かないこと。

。。。。。。。。。

シェルズレイがハナを主張。

そのまま大逃げを打った。

離れた2番手にコスモプラチナ

これがほぼ単騎逃げと同じ状態。

その後ろにニホンピロブリュレミスベロニカが続く。

後はほぼ団子状態。

ソリッドプラチナムは向こう正面では最後方。

コマキ、そろそろ動いてもいいんぢゃないかい・・・?

しかし、オイラの心配をよそに全く動く気配ナシ。

シェルズレイはリードを保ったまま直線へ。

内からディアチャンスが前を交わす。

外からはサンレイジャスパー

そして大外から

やってきました、ソリッドプラチナム。

ディアチャンスはもう交わせそうにない。

せめて2着は確保しろよ。。。

思わず

コマキィ~~!!

と、叫んでみたが

クビ差届かず3着。

( ̄  ̄メ) コマキ・・・。

イツモウシロカライキスギナンダヨ・・・。

結果は

ディアチャンスサンレイジャスパーソリッドプラチナムシェルズレイスプリングドリューの順で入線。

唯一の心配、大的中。爆

・・・こんな的中はいらん。。。

心配だったからね、馬連、馬単ぢゃなくて

三連複にしようかとも思ったんだけどね。。。

やっぱり三連複にしとけばよかったと

後悔したオイラでした。笑

。。。。。。。。。。

今日の昼間、

中学1年生の姪と、その友達が遊びに来た。

Ts380004 右が姪のあいちゃん

左が友達のまいちゃん

たこと水菜とエリンギのパスタを作ってあげました。

姉から

たまには若い女子とランチを楽しんでちょ。

と、メールがきたので

オイラ、こう、返信しておいた。

高校生だったらドキドキするけど、中学生ぢゃな。爆

春の牝馬最終戦。マーメイドS。

春の目標をどこに置くか。

ヴィクトリアマイルの新設で春の牝馬戦の位置付けが大きく変わった。

過去、GⅠ実績馬が圧倒的に強かったレースだったが

なかなか大きいところを獲れない馬への「配慮」レースに。

本命ソリッドプラチナム

他の有力馬たちは福島牝馬Sで勝ち負けしたり、休み明けだったりと、ここが目標とは思えない中

昨年の勝ち馬の同馬は、休み明け初戦に地元のオープン特別を使ってきた。

その時の勝ち馬はエプソムCを勝ったエイシンデピュティ

前走は調教代わり。

ここは間違いなく勝ち負け。

唯一の心配は

鞍上が後ろから行って届かないこと。爆

相手は

シェルズレイ。開幕週で前残りがある。

ミスベロニカ。よく分からないが、未知の魅力。

サンレイジャスパー。切れない。笑

コスモプラチナ。前残りの可能性有り。

コスモマーベラスアンカツ。笑

あとは以下の2頭をちょっとだけ。

ディアチャンス。好調ユタカ

ヤマトマリオン。力のいる阪神ならハマる可能性有り。

。。。。。。。。。。

まぁ、軽く買っておきます。笑

2007年6月16日 (土)

目覚めの馬券、ボケ倒し。

昨日、具合が悪くて仕事を休んだオイラ。

今日も早起きはしたものの

な~んか調子が悪い。

そこへ実家のマンションの向かいのマンションに住んでる

姉からのメール。

父が退院して、母が疲れ切っている模様。

軽い鬱状態。

顔を出せ。

との旨。

返信。

オイラも具合悪くて昨日仕事休んだ。

ムリ。爆

。。。。。。。。。。

そんな感じで、今日も何となく具合が悪い。

お昼ごはん食べた後、昼寝。

コレ、すなわち、安眠。笑

。。。。。。。。。。

で、ふと目覚めたら15:30。

函館のメインのゴールシーン。

おや、福島のメインって、これから?

良いタイミングで目が覚めたことだし

買ってみるか。

と、新聞を見ると

降級馬が2頭。

コイツらを1、2着交互に添えた三連単。

3着は3歳馬を中心に急いで投票。

。。。。。。。。。。

目覚めたばかりの脳みそ。

やっぱりマトモな判断はしない。

3歳馬同士のクランエンブレムホクトスルタンで決着。

・・・ちぇっ。寝よ。。。

と、思ったオイラだったが

函館の最終レースを見ると

何か、獲れそう。爆

グリグリ人気のアンカツの馬は16kg増。

なら、フジタの馬で頭は堅いだろ。

そう思い、簡単にサクサク予想。

さて、馬単でいくらつくかな。

と、I-PATで、オッズを確認。

最終オッズ。

・・・・・。

え??

サイシュウオッズ???

もしかして、

締め切った?

・・・おかしいと思ったオイラは新聞を確認。

阪神の最終Rと発走時間間違えてました。爆

。。。。。。。。。。

しかも

予想、当たってるし。爆

馬単5120円ですか。。。

。。。。。。。。。。

折角、具合良くなってきたのに

また寝込みそうなオイラです。爆

2007年6月15日 (金)

病床で思ったこと。(どうでもいい話。)

あまりの具合の悪さに

仕事を休んだオイラ。

今の会社に入って休むのは

離婚調停以来2度目。爆

病欠は初。笑

食事以外はほとんど寝ていた。

食欲があるわけではないのだが

妙に何か食べたくて

必要以上に食べてしまいました。笑

。。。。。。。。。。

今日のニュースで何となく思ったこと。

病気の身なので

正直、レスポンスは悪い。爆

。。。。。。。。。。

Mr.大盤振る舞いセキグチ氏、夏の参院選出馬。

フサイチのオーナーのセキグチ氏

愛馬の出走に飽き足らず

自分も国民新党から出馬するらしい。笑

どうでもいい、っちゃぁどうでもいい。

でも、何となく政界の人になるより財界の人でいて欲しい。

。。。。。。。。。。

今週から新馬戦、有力馬もデビュー。

オイラはPOGとかやってないので

特にわくわく感はない。笑

ある程度強い馬が出揃ったら

きっと興味が倍増すると思う。笑

。。。。。。。。。。

ミヤザキアオイさん、結婚。

特にファンというわけではないが

何か面白くない。爆

。。。。。。。。。。

中国製「きかんしゃトーマス」に有害鉛。

土鍋、ペットフード、ダイエット食品・・・。

こんどはトーマス。

例を挙げればキリが無い。

日本の社保庁と中国には

道徳心と言う言葉を知ってる人がいないらしい。

。。。。。。。。。。

一日寝てたけどまだ眠い。

ゼナも飲んだし

また寝ます。。。

2007年6月13日 (水)

ウオッカ、宝塚記念参戦正式決定。

さっき、オイラのけーたいに

ワンギリがあった。

それだけでもイラッとするのに

非通知設定。爆

意味が解らん。笑

。。。。。。。。。。

さて、今日はこの話題。

ウオッカ、宝塚記念参戦決定。

以下、nikkansports.comより

お決まりの無断転載。笑

。。。。。。。。。。

ウオッカ(牝3、栗東・角居)の宝塚記念(G1、芝2200メートル、24日=阪神)出走が12日、正式に決定した。角居勝彦師(43)が「ダービー後も順調に回復でき、疲れが取れたので出走を決めました」と語ったもの。牝馬として64年ぶりにダービーを制した歴史的な快挙に続き、今度は3歳馬として初となる春のグランプリ制覇に挑む。全休日明けの12日、ウオッカは坂路で4ハロン61秒0、しまい13秒5の時計を出した。今後は17日に追い、20日に最終追い切りを行う予定となっている。
 またこの日、滞在中の函館競馬場で主戦・四位洋文騎手(34)は新たな挑戦に笑顔を見せた。宝塚記念における3歳牝馬の重量は51キロだが、四位がその重量で騎乗するのは99年10月の渡月橋S(オルカインパルス11着)以来8年ぶり。「全然問題ない。夏は52キロなどざらにあるし、30分汗取りすれば1キロ落ちるから」。普段の体重は50キロを少し超える程度。「木曜ぐらいになると食わなくなるし、体がそのリズムに慣れている」。主戦・四位の心構えも整っている。

。。。。。。。。。。

いいぢゃないですか。

どうしても、有力馬が夏休みを取ったりして

有馬記念ほど盛り上がらない宝塚記念。

ダービー参戦のときは

肉体的にも精神的にも負担が大きすぎるんぢゃないだろうか

と、心配していたが

あの勝ちっぷりを見せられちゃねぇ。笑

人気になるだろうなぁ。

そして、どんどん人気になって、すっ飛ぶ。

今からこんなシナリオを描いているオイラです。爆

・・・そう言うこと書くと

アッサリ勝たれて、馬券を外して

オイラは凹むんだな、きっと。笑

。。。。。。。。。。

もひとつこの記事でオイラが気になったこと。

「30分汗取りすれば1キロ落ちるから。」

・・・・・。

四位騎手、

やり方、教えては貰えないだろうか?爆

2007年6月12日 (火)

デットーリ絶好調。そして冷凍みかん。

まずはこのニュース。

デットーリ、英、仏、ダービーに続き

仏オークス制覇。

。。。。。。。。。。

現地時間10日、仏・シャンティイ競馬場で行われた仏オークス(3歳牝、仏G1・芝2100m)は、L.デットーリ騎手騎乗の4番人気ウェストウインド West Wind(牝3、仏・H.A.パントール厩舎)が後方追走から直線で一気に末脚を伸ばすと、6番人気ミセスリンジー Mrs Lindsayに1.1/2馬身差をつけ差し切った。勝ちタイムは2分06秒30(良)。さらにクビ差の3着に11番人気のディヤカラニー Diyakalanieが入り、1番人気のヴァダポリーナ Vadapolinaは8着、4戦4勝でここに臨んでいた2番人気コケレイエ Coquerelleは最下位14着に敗れた。

 勝ったウェストウインドは父Machiavellian、母が92年サンチャリオットS(英G2)を勝ったRed Slippers(その父Nureyev)という血統の英国産馬。叔母に94年愛ダービー(愛G1)、英オークス(英G1)を勝った名牝バランシーン Balanchineがいる。ちなみに、母も叔母もデットーリ騎手が主戦を務めていた。

 今年3月にデビューし、3戦目の前走・5月9日にシャンティイ競馬場(芝2000m)で2着に2.1/2馬身差をつけ初勝利を挙げたばかりだった。通算成績4戦2勝。

 鞍上のL.デットーリ騎手はこのレース初制覇。先週の仏ダービーもローマン Lawmanで制しており、オーソライズド Authorizedで制した2日の英ダービーと合わせ、9日間で欧州のクラシックレースを3つ制したことになる。同年にこの3レースを制したのは史上初の快挙。

。。。。。。。。。。

やっぱりすげぇ~な、この人。

飛行機事故で怪我してから

騎乗を選んでる姿は

何となくアンカツとダブるよね。

闇雲に乗らない代わりに

確実に勝つ。

超一流のジョッキーは

今後、こういう騎乗スタイルもアリ、かも。

。。。。。。。。。。

アドマイヤ軍団と決別した(?)ユタカ。

最近、営業かけまくりのようだが

日本が誇る天才にも

こういう時期があってもいいのかもね。

ここを超えたら

もう誰も手が付けられない、今以上にすごいジョッキーになると思うよ。

。。。。。。。。。。

話は思いっきり変わって今朝のめざましテレビ

新発売のドリンクを特集してたんだけど

その中に「冷凍みかん味」のジュースがあった。

おぉ、冷凍みかん4個入り。。。

(by GTP:マニアックなネタですみません。)

ふと蘇る23年前の夏の記憶。。。

。。。。。。。。。。

1984年の8月、たしか12日。

ロス五輪で柔道のヤマシタ選手が金メダルを取った日。

その日、西武球場で物凄いロックフェスティバルがあった。

アンヴィル、まだデビュー間もないペーペーだったボンジョヴィ、スコーピオンズ、ホワイトスネーク、マイケルシェンカーグループ。

興味の無い人には、この時期の未勝利戦のメンバーより解らないと思うが

ロック好きには

よだれが出そうなスーパーバンドたち。

見に行きましたよ、オイラは。

12時からアンヴィルがスタート。

このバンド、すぐにいなくなったな。爆

そして、まだデビューしたての、アメリカではスコーピオンズのツアーのオープニングアクトを勤めていたボンジョヴィが13時頃から出てきた。

意外と日本ではすぐに人気が出たので

会場は大盛り上がり。

・・・真夏の炎天下、ですよ。

そして、ステージのセッティングも終わり

14時過ぎにスコーピオンズが登場。

・・・そして、事件は起きた。

当時、アメリカで同じイベントをやったら間違いなくトリを取るべきスーパーバンド。

そのスコーピオンズ

真夏の昼の一番暑い時に出てきたらどうなるのか。。。

熱射病や脱水症状でタンカで運ばれる人、続出。爆

オイラも正直、つらかった。

のどが渇いてしょうがない。。。

当時のオイラには

予めお茶とかジュースを用意するなんていう知恵は

全く無かった。爆

何か買いに行きたい。。。

でも、ステージは見たい。。。

こんな葛藤に悩まされ

結局、1時間ほどの激しいステージに付き合ってしまったオイラ。

次のホワイトスネークのステージまでの間に水分補給しないと。

売店へダッシュ。

しかし、激しいハードロックに脳みそを揺さぶられたおバカな集団は、考えることも一緒。

どの売店も、長蛇の列。爆

うぅ、死んでしまふ。。。

と、目に飛び込んできた看板。

冷凍みかん

あぁ、助かった。。。

列に並んだオイラ。

待つこと5分、10分、15分・・・。

あと、5人、4人、3人・・・。

そしてオイラの2人前。

売店のおばちゃんの

大きな、そして元気な声が

炎天下の肌に纏わりつくような空気に

響き渡った。

冷凍みかん、完売で~~す!!

。。。。。。。。。。

あまりのショックに

死ぬかと思いました。爆

。。。。。。。。。。

その後は西武球場を出るまで水分は補給できず

ほぼ干からびた状態で家に帰り

帰った瞬間、3Lの水をイッキ飲みしたのは言うまでもありません。爆

2007年6月11日 (月)

で、アンカツは大丈夫なの?

昨日のCBC賞の最後の直線で

落馬したアンカツ

ずっと気になっていたのだが

やっと出てきた報道は、これ。

。。。。。。。。。。

3番スピニングノアール(安藤勝己騎手)は、最後の直線走路で前の馬に触れてつまずき、騎手が落馬したため競走を中止した。
馬:異状なし
騎手:頚部・頭部挫傷

。。。。。。。。。。

いや、だからさ、

オイラが知りたいのは

アンカツはどうなのよ?

来週は乗れるのかい?

ムリなのかい?

アンカツ大好きなオイラ。

重大な怪我だったらショックだし。。。

米国に渡ったクワタの扱いが

あれだけ大きいんだったら

アンカツ1面にしてもよかろう。(ムリ?)

・・・とりあえず、馬が無事で何よりでした。

。。。。。。。。。。

たびたび登場する

同僚のDS氏

エプソムC獲ったよ。

・・・おぉ、エイシンデピュティから流したの?

いや、単勝1点勝負。

・・・やるなぁ。。。

朝、テレビでエイシンデピュティが良いって誰かが言ってたからさぁ。

・・・オイラの予想を参考にした訳ではない様子。

今年、初めて当たったよ。

しかも

これで、今年プラス収支。爆

もう、今年、止めようかなぁ。笑

・・・逃げ、ですか?

。。。。。。。。。。

そんなDS氏有馬記念のころには

どつぼにハマってることを願う。爆

2007年6月10日 (日)

久々だよ、プラス収支。

そんなエプソムC

ホントに

展開から結果まで予想通り。

。。。。。。。。。。

ファイングレインが逃げてデアリングハートタイガーカフェがこれを追いかける展開。

オイラの本命エイシンデピュティは内の5~6番手でこれを追走。

なんて素晴らしい並び。笑

もう、3コーナー手前で当たった気がしたオイラ。

直線に向いても逃げねばるファイングレイン

その内からエイシンデピュティ。

最内の埒沿いに進路をとったトウショウカレッジ

外からはブライトトゥモローサイレントプライドが追い込んでくる。

おぉ、カツハルさえ頑張ればどれでも当たりぢゃないか・・・。

思わずテレビに向かって

カツハルゥ~~!!

と、叫んでしまったオイラ。

・・・カツハル、頑張りましたよ。

クビ、ハナ、クビ、ハナ、の接戦を物にして

エイシンデピュティブライトトゥモローサイレントプライドファイングレイントウショウカレッジの順で入線。

馬連、馬単、的中。

久々のプラス収支。

この時点で今日のプラスは確定。

・・・ちなみにトウショウカレッジがもう少し頑張ってくれれば、そうとう儲かったんだけど。笑

でも

この勢いでCBC賞もいただきだぁ!

。。。。。。。。。。

ところが

世の中そんなには甘くなかった。。。

アドマイヤホクトが逃げて、フサイチリシャールナカヤマパラダイスが追いかける展開。

確実に差し向けの展開。

ところがオイラの本命ペールギュントは以外にもあんまり伸びなかった。

ギリギリ馬場の良い三分どころを突いたブラックバースピンが優勝。

先行して一旦下がったナカヤマパラダイスが差し返して2着。

アグネスラズベリが3着。

ペールギュントは6着。。。

アンカツは落馬するし。

今のところ何も報道はないけど

大丈夫だったんでしょうか?

。。。。。。。。。。

先行した馬が潰れた中で

脚を伸ばしたナカヤマパラダイス

次走、注目です。

。。。。。。。。。。

久々のプラス収支。

回収率293%。

昨日の負け分を合わせても

210%。

何か、酒が美味いのは

気のせいですか?爆

エプソムCとCBC賞。

エプソムC

最後まで前が止まらなかった今開催の東京。

今週こそ、と差し馬を買い続け

ボロ負け。爆

仕方ない、先行馬を買うか。笑

本命エイシンデピュティ

ペースに関係なく先行できるのは、今の東京にはピッタリ。

カツハルが番手追走から抜け出す、ハズ。

相手は

タイガーカフェ。豪腕の鞍上が気を抜かせないで走らせれば侮れない。

ファイングレイン。たぶんコイツが単騎で逃げる。

サイレントプライド。芝の左回り連帯率100%。

ブライトトゥモロー。同上。

あと、以下の馬を押さえでちょっとだけ。

トウショウカレッジ。何だか好調。

マイネルレコルト。この鞍上があってる気がする。

ダンスインザモア。差しがハマれば。

。。。。。。。。。。

CBC賞

こちらは順調に外差しが決まりだした。

本命ペールギュント

目先を変えて短距離に路線変更したのが大正解。

もともと3歳時はGⅠで人気してた馬。

昨日の雨もノド鳴りに味方。

相手も差し馬。

スピニングノアール。安定して34秒前半の脚が使える。

アグネスラズベリ。同上。

ミスティックエイジ。鞍上が魅力。

タガノバスティーユ。前走は届かなかったが今回は差し込んでくる、ハズ。

あとは押さえで以下の2頭。

アドマイヤホクト。もし、前残りがあればレベルの高かったレースを勝ち抜いてきたコイツ。

リキアイタイカン。忘れた頃にすっ飛んでくるからなぁ。笑

。。。。。。。。。。

たまには気持ちよく当たらないかなぁ。笑

2007年6月 9日 (土)

回収率。辛抱は続く。

某サイトで予想の印を打った手前

一応買ってみた東京HJ

ハードルレースなど分かるはずもなく

何となく打った印。

当然、ハズレ。笑

しかも、案の定昼寝をしていたオイラ。

レースは見てない。

本命にしたコウエイトライ

6着だった、らしい。爆

VTRも、見る気すら起きない。笑

結果は1番人気のメルシーエイタイムが大差のレコード勝ちだったようで

2着に8番人気のメジロベイシンガー、3着に10番人気のベストグランチャ、だったようです。笑

。。。。。。。。。。

2着の人気薄メジロベイシンガーに▲を打ってるとこが、オイラらしいけどね。笑

。。。。。。。。。。

で、買う気はなかったんだけど

つい、ブリリアントSも買ってしまったオイラ。

当然、ちゃんと予想などするハズもなく

人気馬中心となってしまったが

人気も割れてることだし、組み合わせによっちゃぁそこそこつくだろ。

と、マイネルボウノットマコトスパルビエロシャーベットトーンボンネビルレコードオリンピアンナイトの馬連BOXを購入。

結果は

オリンピアンナイトシャーベットトーンボンネビルレコードの順で入線。

しかも4着はマイネルボウノット。笑

ほぼ完璧。

・・・完璧、なんだけど

一番つかない組み合わせ。爆

このレースだけでも赤字。笑

。。。。。。。。。。

最近、当たるようにはなってきたけど

回収率が全然100%を超えない。

今日も結局35%。爆

辛抱は続く。。。

。。。。。。。。。。

リンクしてる@CHIRUのとこの

ブログペットの「茶太郎」が最近のオイラのお気に入り。

ギザカワユス

って感じ?笑

しかも、面白い。

悔しいが、オイラより面白い。笑

どんどんいろんな言葉を覚えるらしい。

毎日、「ひみつ日記」を読んで

大笑いしてるオイラ。

つい、オイラも何かブログペットを飼ってみたくなってしまったのだが

そこは冷静に考えた。

・・・どう考えても

ロクな言葉を覚える訳がない。爆

何か恐ろしいことになりそうなので止めました。笑

。。。。。。。。。。

最後に昨日のめざましテレビ

父の日の話題で

皆藤愛子が書いたメッセージカード。

「お父さんいつもありがとう。

またお風呂掃除にきてね。」

・・・・・。

愛ちゃん、

何か違うだろ。爆

一応買ってみるか。東京HJ。

今、テレビでニュースを見てたんだが

グッドウィルグループのオリグチ会長

その髪型、変。爆

。。。。。。。。。。

昨日も一昨日も

ブログのネタを考えているうちに

気が付いたら

いつの間にやら寝ていたオイラ。

相当、お疲れモード。

今日は平地重賞もないし、競馬はお休みしようかと思ったんだけど

他のサイトで東京HJの予想に印を打った手前、一応買うことに。笑

。。。。。。。。。。

さすがにハードルレースはよく分からないので

以下の予想、あまり根拠はないです。笑

◎:コウエイトライ
○:マルブツトップ
▲:メジロベイシンガー
△:ダイワウインダム
△:キングジョイ
△:メルシーエイタイム

。。。。。。。。。。

もしかしたら

昼寝してて、レース見ないかも。爆

2007年6月 6日 (水)

東京ダービー、げっと。

昨夜、サッカーのコロンビア戦を

最後まで見ていた記憶は、ある。

ある、のだが

その後の記憶が全くない。爆

。。。。。。。。。。

小ネタも含めて

書きたいことはたくさんあったんだけど

気が付けば

例によって例のごとく

電気はぜ~んぶ点けっ放しで

ベッドの上、でした。笑

。。。。。。。。。。

さて、今日は東京ダービーがありました。

レースはネット中継で見てたんだが

引き続き体調、及び脳みそ不良のため

結果は記事で。

。。。。。。。。。。

6日、大井競馬場で行われたダービーWeek第3戦・東京ダービー(3歳、南関東G1・ダート2000m、1着賞金4500万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の3番人気アンパサンド(牡3、川崎・池田孝厩舎)が中団追走から直線に向くと、1番人気フリオーソとの叩き合いをクビ差制して優勝した。勝ちタイムは2分05秒0(良)のレースレコード。さらに3/4馬身差の3着には4番人気ロイヤルボスが入り、2番人気トップサバトンはスタートで大きく出遅れて8着に敗れた。

 勝ったアンパサンドは、父フィガロ、母アビエント(その父ウォーニング)という血統。06年6月に北海道・米川昇厩舎からデビューし、イノセントC(旭川)で重賞初制覇。北海道2歳優駿(交流GIII)2着後に川崎へ移籍した。移籍初戦の全日本2歳優駿(交流GI)は9番人気で3着に健闘したが、ニューイヤーC(南関東G3)は1番人気で3着。京浜盃(南関東G2)と羽田盃(南関東G1)はともにトップサバトンの2着に惜敗するなど、勝ち切れないレースが続いており、今回が移籍後初勝利となった。通算成績13戦4勝(うちJRA1戦0勝、重賞2勝)。

 鞍上の戸崎圭太騎手、管理する池田孝調教師は、ともに東京ダービー初制覇。道営出身馬は昨年のビービートルネードに続く2年連続の勝利。今年の南関東牡馬クラシックは羽田盃のトップサバトンに続き、道営出身馬による連勝となった。

。。。。。。。。。。

今年の南関のクラシック戦線は

あんまり見てなかったオイラ。

でも、成績表を見る限り、3強。

あとは、どれを頭にするか、だけの問題。

そこでオイラは情に動かされた。

羽田杯を勝った石崎駿くん

昨年の東京ダービー、今年の東京プリンセス賞を勝った町田直希くん

若手が頑張ってるぢゃないか。

戸崎くんがそろそろ勝ってもよかろう。。。

で、戸崎くん騎乗のアンパサンドから

1、2番人気の

ウチパク騎乗のフリオーソ御神訓くん騎乗のトップサバトン

馬単2点勝負。

・・・と、思ったが

ゲストが藤崎奈々子だったので

2、3、7、5の馬連BOXも100円ずつ買ってしまったよ。爆

でも、馬単の本線で当たったので

よしとします。笑

・・・こんな適当な買い方だと

2点で当たってしまうのだな。。。爆

。。。。。。。。。。

おととい

ワインオープナーが壊れた。

と、へこんだオイラ。

昨日、とりあえず100均で買ってきた。

プラスチック製だったので

嫌な予感はしていた。

えぇ、してましたとも。

Ts380003

一回目で

壊れた。爆

しかたないので

向かいの酒屋で買ってきましたよ。

初めから

ちゃんとしたのを買えばよかった

と、後悔したオイラです。笑

2007年6月 4日 (月)

天才L.デットーリ。悲願達成。

Ts380002 ワインオープナーが壊れた。

←犯人はこのワイン。

コルクを半分までほじって

100均で買った栓抜きに頑張ってもらった。笑

。。。。。。。。。。

天才デットーリ

2日連続ダービー制覇&初英ダービー制覇。

現地時間3日、仏・シャンティイ競馬場で行われた仏ダービー(3歳牡牝、仏G1・芝2100m)は、L.デットーリ騎手騎乗の3番人気ローマン Lawman(牡3、仏・J.ベギニェ厩舎)がスタートから先手をとり、4番人気リトゥラト Literatoの追撃を1.1/2馬身差抑え逃げ切った。勝ちタイムは2分05秒90(稍重)。さらに短首差の3着に5番人気シャムディナン Shamdinanが入り、並んで1番人気のザンベジサン Zambezi Sun、レインコート Raincoatはそれぞれ4着、11着に敗れた。

 勝ったローマンは父Invincible Spirit、母Laramie(その父Gulch)という血統の仏国産馬。半姉に04年仏オークス(仏G1)を勝ったラティス Latice(父Inchinor)、半兄に05年パレロワイヤル賞(仏G3)を勝ったサトリ Satri(父Mujadil)がいる。05年の仏・ドーヴィルイヤリングセールにて75000ユーロ(約1000万円)で落札されている。昨年11月にデビュー勝ちし、前走のギシュ賞(仏G3・芝1800m)で初重賞制覇を飾っていた。通算成績5戦3勝(重賞2勝)。

 騎乗したL.デットーリ騎手は92年ポリテン Polytain、05年シャマーダル Shamardalに続く仏ダービー3勝目。前日に英・エプソム競馬場でオーソライズド Authorizedに騎乗して英ダービー(英G1)を制しており、2日連続のダービー制覇となった。同年の英・仏ダービーを勝ったのは72年のL.ピゴット騎手、80年のW.カーソン騎手、90年のP.エデリー騎手に続く史上4人目となる快挙。

で、英ダービーについて。

現地時間2日、英・エプソム競馬場で英ダービー(3歳牡牝、英G1・芝12f10y)が行われ、1番人気に推されたL.デットーリ騎手騎乗のオーソライズド Authorized(牡3、英・P.チャプルハイアム厩舎)が、中団から直線で伸びて後続を突き放し、2番人気イーグルマウンテン Eagle Mountainに5馬身差をつけて圧勝した。勝ちタイムは2分34秒77(良)。さらに2.1/2馬身差の3着には4番人気アカリーム Aqaleemが入った。

 勝ったオーソライズドは父Montjeu、母Funsie(その父Saumarez)という血統の愛国産馬。従兄にOkawango(仏グランクリテリウム-仏G1)、ヒマラヤンブルー(函館記念-GIII・2着)がいる。05年10月のタタソールズセールにて40万ギニーで落札されていた。

 昨年9月のデビュー戦は2着に敗れたが、2戦目のレーシングポストT(英G1)で初勝利。今年は5月のダンテS(英G2)を快勝しており、今回が3連勝でのダービー制覇となった。通算成績4戦3勝(重賞3勝)。


 騎乗したL.デットーリ騎手(36)は15回目の挑戦で悲願の英ダービー初制覇。管理するP.チャプルハイアム調教師は92年ドクターデヴィアス以来の同レース2勝目となった。

。。。。。。。。。。

さすが世界の天才。

2日連続ダービー制覇、ってのも凄いけど

英ダービーを勝ってなかった、

ってのもまた・・・。

。。。。。。。。。。

そんなに遠くない昔

イギリスのお偉い方が

一国の首相になるよりも

ダービー馬のオーナーになる方が難しい。

と、言ったのは有名な話だが

あのデットーリ

やっと英ダービーを勝った

と、言う事実を目の当たりにすると

やっぱりダービーというレースは

実力だけぢゃなく

運も大きく左右するレースなんだなぁ

と、改めて思うオイラでした。

。。。。。。。。。。

さっきまでTVタックルを見ていたオイラ。

・・・オイラはいつも言ってるように

無党派層で、支持政党はない。

しかも、どっちかと言うと反自民なんだが

ヒラサワカツエイ氏は別。

葛飾区民のオイラ。

別に地元のセンセイだから、ってのは

全く関係ない。

たぶん、他の国民も支持してると思う。

何でこういう人が冷遇されるのか。。。

・・・それはね、

国民が考えてることに対して

政府は何とかごまかそうとしてるから。

ヒラサワ氏は素直だから

一般人と同じ目線で発言しちゃうから。

口先だけ

国民が、とか、現実社会は、とか言ってる

まぬけで無能な野党より

よっぽど有能な「反政府」だと思うけどね。

。。。。。。。。。。

どうせアベ政権は今年の夏で終わり。

ヒラサワ氏や民主党のナガツマ氏らで

普通の感覚を持った政府を

作れないもんですかね。。。

2007年6月 3日 (日)

2月18日のデジャヴ。安田記念。

スタート直後に

オイラの安田記念は終わった。

。。。。。。。。。。

本命にしたオレハマッテルゼ

綺麗なスタートだったが、若干の出負け。

押して上がって行こうとしたとき

前が塞がったらしく、軽く立ち上がった。

後方からの競馬を余儀なくされたオレハマッテルゼ。

( ̄  ̄メ) ゴトウ・・・。

ダイワノウシロニツケナキャダメダロ。。。

レースはコンゴウリキシオーが逃げてエイブルワンマイネルスケルツィが追いかけ

ダイワメジャーがそれらをしっかり大名マークという、大方の予想通りの展開。

・・・オイラの予定では

その後ろにオレハマッテルゼがいる、

ハズだった。爆

そのオレハマッテルゼ

インに進路を取り、徐々に進出開始。

でも・・・。ムリだろうなぁ。。。

何かこの時点で

もう、どうでもよくなってたオイラ。笑

直線に向いてもコンゴウリキシオーが粘っている。

間を割ってダイワメジャー

オレハマッテルゼはインを突いてきたものの

残り400mのところで

キッチリへこたれた。爆

・・・そういえば、香港馬4頭のBOXも買ってたんだよなぁ。

と、思い出してはみたものの

どいつもこいつも

来る気配なし。爆

優勝争いはと言うと

坂を上がったあたりで

コンゴウリキシオーダイワメジャーの脚色が一瞬同じになったが

最後にダイワメジャーがクビ差交わしてゴール。

ダイワメジャーコンゴウリキシオージョリーダンスアドマイヤキッススズカフェニックスの順で入線。

ちなみにオレハマッテルゼは最下位でした。爆

。。。。。。。。。。

大相撲で白鵬が横綱に昇進したから

1枠(白い帽子)とリキシオー、ってのも考えたんだけどね。

最近ケントク買いしても当たらないから

と、思って止めたのが失敗だった。笑

。。。。。。。。。。

勝ったダイワメジャー

ドバイ帰りでどうかなぁ、と、思ってたけど

やっぱり強いですね。

最後のひと伸びで交わしたクビ差。

あれが「格の違い」なんだろうなぁ。

コンゴウリキシオー

これも強いなぁ。

今回、ダイワメジャーより前に行く馬は全部潰されると思って買ってなかったんだけどね。

今後が楽しみです。

ジョリーダンスアドマイヤキッススズカフェニックス

前が残りやすい馬場だったから

ちょっと可愛そうだったかな。

でも、他の先行馬が潰れたことを考えると

やっぱり1、2着馬はかなり強いよね。

いや、アンカツ、お見事でした。

。。。。。。。。。。

と、ここまで書いて

オイラはあることを思い出した。

今年のフェブラリーS

やっぱりオレハマッテルゼを本命にして

直線でインを突いてへこたれて

最下位。爆

で、勝ったのが

アンカツ騎乗のサンライズバッカス。

安田記念の上位5頭の人気は

2、3、9、15、1番人気。

で、フェブラリーSの上位5頭の人気は

3、2、9、15、6番人気。

・・・何かデジャヴを見てる気が。笑

。。。。。。。。。。

2月に続いて

またしても

オレハマッテタノニ、でした。爆

キョウコソマッテルゼ。安田記念。

本命オレハマッテルゼ

コンゴウリキシオーが逃げてマイネルスケルツィサクラメガワンダーダイワメジャーらが追いかけると思われる。

当然、アンカツが前を潰して早め先頭、と言うキツイ流れが予想される。

チークピーシーズ効果で走る気が出てきたオレハマッテルゼ

前走はかかってしまったが

今回、うまく中団の前よりにつけてギリギリまで追い出しをガマンすれば

ダイワメジャーが掃除してくれる先行勢をまとめてかわす、ハズ。

ゴトウ、オマエただでさえ仕掛けが早いんだから、ガマンしろよ。爆

相手は

ダイワメジャー。実績と鞍上に敬意を表して。

スズカフェニックス。同上。笑

キストゥヘヴン。同上。爆

ジョリーダンス。前残りだった前走、コイツだけが次元の違う脚で突っ込んできた。

ジョイフルウィナー。前走の超スローで差し込んできたのはコイツだけ。

あとは以下の馬を押さえで100円ずつ。

エアシェイディ。東京芝連対率100%

ディアデラノビア。好調角居厩舎

シンボリエスケープ。距離微妙だがコイツも東京芝連対率100%

残りの香港馬3頭。来たら悔しいので。笑

。。。。。。。。。。

さらに香港馬4頭の馬連BOXも100円買う。爆 だって、予想の仕様がないんだもん。

。。。。。。。。。。

ゴトウ、くれぐれも早仕掛けすんなよ。笑

2007年6月 2日 (土)

頭鉄板。馬券も獲った。が。笑

そんなユニコーンS

いきなりドラゴンファイヤーが除外。

オイラはロングプライドから馬連、馬単を買っていた。

が、三連単。

1着ロングプライド、2着ドラゴンファイヤー固定流し。爆

(; ̄Д ̄) サンレンタン、ムダダッタ?

楽しみ半減の中、レースはスタート。

激しい先行争いを制したコマンドールクロスが逃げ、マイネルレーニアが追いかける展開。

ロングプライドは後方からの競馬。

まぁ、この展開なら届くだろ。。。

好調ユタカだし。

と、気楽に見ていたオイラ。

直線に向くと番手でレースを進めていたナムラジョンブルが抜け出した。

その後ろにいたフェラーリピサが追いかけてくる。

内からはトーホウレーサー

みんな買っていたオイラ。

ところが。

肝心のロングプライドが外に出すのにてこずってなかなかやって来ない。爆

前の3頭は脚色がほぼ一緒。

イワタの豪腕でフェラーリピサが前に出る。

追い上げてくるロングプライド

あぁ、届かない・・・。

と、思ったオイラだったが

やっぱりこの馬強い。

一完歩ごとに差を詰めると

きっちり差し切った。

ユタカ、ありがとう。笑

ロングプライドフェラーリピサナムラジョンブルトーホウレーサーエスケーカントリーの順で入線。

馬連、馬単、的中。

。。。。。。。。。。

勝ったロングプライド。やっぱり強いね。

直線でスムーズに運べたら突き抜けてたかも。

JDDの筆頭候補。

フェラーリピサ。これもかなり強いと思うけど

これまでのレースを見てると速い脚が使えるタイプではなさげなので

早め先頭で押し切った方がいいのかも。

ナムラジョンブル。押さえてはいたが、正直、半信半疑だった。

正攻法での今日の結果なら交流重賞(JpnⅢ)なら取れるかも。

トーホウレーサーだからコイツ、強いって。笑

エスケーカントリー。前4頭からは離されていたし、特にない。爆

。。。。。。。。。。

今日も当たったオイラ。

しかし、今日も人気サイドの決着。

えぇ、そうですよ。

回収率83%(返還金含む)。爆

今日も100%に届かず。笑

ナムラジョンブルがもうちょっと頑張ってれば

確実にプラスだったのに。。。

。。。。。。。。。。

でも、先週の土曜日が31%

日曜日が ピーー■■%。-。(自主規制)

・・・上昇気流に乗った、のか?爆

頭鉄板。で、あって欲しい。爆 ユニコーンS。

人気だけど

本命ロングプライド

レベルの高かった端午Sをひとまくりで圧勝。

その端午Sで千切られた2、3着馬が昇竜Sでワンツー。

相当強いと見た。

鞍上も先週あたりから好調気配のユタカ

ここは鉄板。

・・・だといいなぁ。爆

対抗ドラゴンファイヤー

何せ陣営が超強気。鞍上もカツハルだし。笑

あとは

グレイトフルタイム社台、吉田豊、逃げ馬。黄金の単騎逃げ確定ライン。

シャドウストライプ。距離が微妙だが、一応。

フェラーリピサ。強いと思うが、前走結構むちゃなレースをしたので反動が心配。なので評価を下げた。

ナムラジョンブル。時計的には足りないけど、先行して残る可能性があるので。

トーホウレーサー「緊張の糸が切れたのか、馬が萎んで見えると言う評があったので、切ろうかなぁ、と思ったけど、いつも「コイツ強いってば。」と、書いてる手前、一応買う。爆

。。。。。。。。。。

一時期の絶不調は脱したが

回収率が100%を超えないオイラ。

今日の目標は

10円でもいいからプラス収支。爆

2007年6月 1日 (金)

もしかしたら物凄い名馬たちをみてるのかも。

正式に決まったようです。

ウオッカ凱旋門賞参戦。

。。。。。。。。。。

 5月27日の日本ダービー(GI)で牝馬として64年ぶりの優勝を果たしたウオッカ(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)が、現地時間10月7日(日)に仏・ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(仏G1・芝2400m)に出走することが正式決定した。同馬は凱旋門賞と同じコースで行われる9月16日のヴェルメイユ賞(仏G1・芝2400m)か同日のニエユ賞(仏G2・芝2400m)をステップに同レースへ向かう予定。

 凱旋門賞にはこれまで日本馬7頭が参戦しているが、ウオッカが出走すれば、3歳馬、牝馬としてははじめての出走となる。

。。。。。。。。。。

ダービーのパドックでは

妙な落ち着きがあって

どうなのかなぁ~~?

と、思っていたオイラ。

しかし、結果は強かった。

大レースで勝った馬たちって

物凄い気合の入った顔で直線上がってきたり

ゴール後、興奮状態だったりするんだけど

一流牡馬相手にダービーを勝ったウオッカには、それがなかった。

当たり前のように直線抜け出し

ゴール後も

まるで勝ったのが当たり前のよう。

桜花賞で負けた馬たちが

NHKマイルCオークスを当たり前のように勝った事実からも解るように

ダイワスカーレットウオッカ、この2頭は

我々の想像以上の名馬なのかも。

前に、メイショウサムソン

意外と初の欧州馬以外の凱旋門賞勝ち馬になるかも。

って、書いたけど

ウオッカも充分勝負になりそうですね。

でも、サムソンも有力だぞ。笑

。。。。。。。。。。

メイショウサムソンだけの出走だったら

去年のディープフィーバーみたいなことはないと思ってたんだけど

ウオッカが参戦となると、話は別。

去年のような「ディープ包囲網」を作られたら敵わないからねぇ。

。。。。。。。。。。

マスコミは提灯持ちみたいな記事ばっかり書いてないで、冷静な真実を報道してほしい。

・・・オイラは去年、ディープは絶対負けると思っていた。

展開もほぼ、オイラの読んでいた通りだったし。

素人のオイラにも読めた展開を

プロの記者が読めない訳がない。

要は関係者に気を使った、ヨイショ。

念のため言っておくが

ディープは強かった。

あくまでも相手の作戦、展開に負けただけ。

一言で言ってしまえば

アウェー、だっただけ。

でも、もし、ホントにディープが勝てると思っていた記者がいたなら

他のスポーツ担当に変えてもらったほうがいいよ。。。

。。。。。。。。。。

それと、おつむが弱い自称「競馬ファン」

今年の秋は国外に出るなよ。。。

。。。。。。。。。。

何か最近オイラ、

カルシウム不足かなぁ。

笑いより、棘があるよなぁ。爆

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »