« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

意外と初の欧州馬以外の勝ち馬はコイツかも。

久しぶりにフラフラあっちこっち買い物に行って

現金の掴み取りに挑戦したんだけど

745円もらって

何だかうれしいオイラです。爆

。。。。。。。。。。

今日はこのニュース。

メイショウサムソン凱旋門賞挑戦。

以下、nikkansports.comより

いつものように無断転載。笑

メイショウサムソン(牡4、栗東・高橋成)が世界へ羽ばたく! 皐月賞、ダービーに続き天皇賞を勝ってG1・3勝目を奪取。高橋成忠師(66)は凱旋門賞(仏G1、芝2400メートル、10月7日=ロンシャン)挑戦プランを明らかにした。

 メイショウサムソンに、凱旋門賞への挑戦プランがあることが分かった。29日のレース後、松本好雄オーナー(69)が明らかにした。「人には笑われるかもしれないが、こういう馬に巡り合えることはなかなかない。メイショウドトウで海外に挑戦したい気持ちもあったし、大阪杯と天皇賞の内容次第だと思っていた」。メイショウドトウは、01年の宝塚記念でテイエムオペラオーを破っている。その馬でかなえられなかった夢を、実現させる時が来た。高橋成師も「そういうプランがあるのは聞いている」と前向きな姿勢を示した。

 松本オーナーは以前から海外遠征のための情報を収集し、生産地などの関係者から「血統的にもヨーロッパは合うのでは」と助言を受けた。「56キロで出られる3歳馬のスターをつくるレース。古馬は59・5キロを背負う。厳しい戦いになるだろうが、この馬で行かなければどの馬で行くのか」と気持ちは固まっている。

凱旋門賞は昨年、ディープインパクトが挑んで3着に入線(後に失格)した世界最高峰のレース。今後のサムソンはとりあえず宝塚記念を目標にしていくが、遠征に向けての細かいプランもオーナー、高橋成師と調整される。そして、ディープインパクトでも成し得なかった偉業を目指す。

。。。。。。。。。。

・・・勝てるかもよ?

エルコンドルパサーは包まれるのを嫌がって

ハナへ行ってモンジューの2着。

これは勝ちに等しい内容だった。

記憶に新しいディープインパクト

レイルリンクハリケーンランシロッコとの

3対1と言う

アウェイの洗礼を受けたすっごく不利な競馬で3着。(後日失格処分)

これも

ホームなら絶対負けねーぞ。

って言う内容。

つまり、上記2頭はどっちかって言うとアメリカ血統だけど、日本の調教技術のレベルの高さを示した。

で、メイショウサムソン

バリバリの欧州血統。

オペラハウス×ダンシングブレーヴ。

いけるでしょ?笑

昨日の天皇賞でスタミナとスピード両方の完成を思わせる勝ちっぷりだったしね。

・・・おかげでオイラはハズレたけどね。爆

昨年のディープフィーバーのような事も無いだろうし

今年はノーマークで行けるんぢゃないかと。笑

。。。。。。。。。。

三大馬主のキンコンカン

海外でも大活躍。

金子氏ディープインパクトをはじめトゥザビクトリーユートピア

近藤氏アドマイヤムーン

Mr.大盤振る舞い 関口氏フサイチコンコルドフサイチペガサス日米ダービー制覇

。。。。。。。。。。

大馬主の松本氏

初GⅠは01年のメイショウドトウの宝塚記念。

しかも、テイエムオペラオーという大きな壁を破っての初GⅠだった。

その後はメイショウボーラーメイショウサムソンでGⅠ勝ちを積み重ねた。

いわゆるブランド生産牧場からは買わないことで有名な松本氏。

大馬主であるのにも拘らず、なかなかGⅠを勝てなかった。

しかし、競馬サークルでの信頼は絶大と聞く。

そんな松本氏に是非、初の海外GⅠ

そして、初の欧州以外の馬で

凱旋門賞を勝って欲しいと思うのは

オイラだけぢゃ無いハズ。

2007年4月29日 (日)

負のスパイラル、泥沼化の様相。

天皇賞

結果から言うと、

あぁ、ハズレたさ。爆

。。。。。。。。。。

オイラの予定では、こうなるハズ、だった。

これといった逃げ馬がいないここは

吉田豊ユメノシルシが逃げるだろう。

で、これといって誰も突付かないだろうから向こう正面までは落ち着いた流れになるハズ。

しかし、複数の陣営が早めの競馬を匂わせていたので、3~4コーナーでグチャグチャになるハズ。

人気になった先行勢は早めに脚を使って直線半ばでタレるハズ。

そこで、オイラの本命ネヴァブションが突き抜けて、差しに転向したスタミナ満点のトウカイトリックが追いかけてくる・・・。

。。。。。。。。。。

オイラの予想、

直線までは完璧ぢゃんっ!!爆

・・・しかし、オイラは3つの予想ミスをした。

1つ目は、早めに動いた先行勢がバテなかったこと。

2つ目は、勝ったメイショウサムソンが思いのほか強く、時計勝負にも対応できたこと。

そして3つ目は、

少しは上手くなったと思っていた北村くんがやっぱりヘタクソのままだったこと。爆

。。。。。。。。。。

そこで、今日はいつもと少し趣きを変えて

北村くん密着カメラ&オイラの全ツッコミ。爆

スタート。

いきなりの出負け。

おぃ・・・。

そしてそのまま1週目の3~4コーナーを最後方でウイングランツと併走して回ってきた。

まぁ、あと2000m以上あるからな。徐々に押し上げて行けば間に合うな。

ホームストレッチではかなり縦長の展開に。

はよぅ行かんか、ボケ

しかし、1コーナーでは単独最後方。

スローに見えるけど、前が潰れそうな流れなのかなぁ。

向こう正面で押し上げて、勝負どころで置いて行かれなければ大丈夫か。。。

2000mを超えたあたりで北村くんは進出開始。

よし、いいぞ。

ところが内にウイングランツ、外にアイポッパー、前にダークメッセージトウカイエリート

あのバカ、そのど真ん中に突っ込んだ。爆

当然、アンカツが外に出してあげるはずもなく

結局ちっとも前に行けないまま勝負どころの3~4コーナーへ。

( ̄  ̄メ)

・・・キタムラ、コウナッタラココカラマクレ。

しかし、

ちっともマクる気配なし。

結局、ケツから2番目で直線に向いたが全然伸びない。

(-_-;)  オワッタ・・・

な~んの見せ場もなく13着でゴール。

やっぱりコイツ、ヘタクソのままだったか。。。

。。。。。。。。。。

ちなみに全然見てなかった前の方は

メイショウサムソエリモエクスパイアトウカイトリックの順で

入線したらしいです。爆

。。。。。。。。。。

馬連BOXで買ってたスイートピーS

2着、3着でした。爆

ラブカーナを買い目に入れたまではよかったんだけどねぇ。。。

。。。。。。。。。。

I-PATの残金2400円。

悔しいので東京の最終レースにぶち込んだ。

6、8、9、の馬連300円、ワイド500円BOX。

・・・あえなく撃沈。爆

。。。。。。。。。。

すべてにおいて絶不調のオイラ。

ネットでバイオリズムを調べてみた。

そしたら、身体、知性、感情、

見事にすべて下の方にありました。爆

。。。。。。。。。。

I-PAT、入金しないと。

そういえば。。。

SPAT-4もカラだったことを思い出したオイラでした。爆

やっと決めた。天皇賞(春)。

枠順が決定してから

悩みに悩んだ天皇賞

ここ20年間、6歳以上の勝ち馬はライスシャワーただ1頭のみ。

しかし、ライスシャワー菊花賞天皇賞(春)勝ちの実績があった稀代の名ステイヤー

例外中の例外と考える。

過去10年を見ると基本的に勝ち馬は4歳。

5歳の勝ち馬はイングランディーレ以外はGⅠ2勝以上の実績馬。そのイングランディーレも長距離実績は抜群だった。

さらに今年はDコース使用

03~05年は外枠の馬が多数きている。

そういう訳で

本命ネヴァブション

今年に入って3連勝。

ある程度のスピード決着にも耐えうるし

マーベラスサンデー×ミルリーフならスタミナ勝負でも問題なし。

4連勝で頂点へ。

心配なのは北村くんが天皇賞ジョッキーとして相応しいかどうか。爆

相手は

マツリダゴッホ。前走はノリちゃんが脚を測った可能性有り。評価を下げた理由は内枠のみ。

メイショウサムソン。転厩初戦だった前走、負けられないとばかりに仕上げすぎた可能性有り。字面と違って2000m前後が的鞍かも。

アイポッパー阪神大賞典勝ち、サッカーボーイ産駒、アンカツ。切れない要素満載。笑

トウカイトリック。スタミナ勝負ならかなり強い。

デルタブルース。スタミナ勝負の上、時計がかかれば頭もあるぞ。

あとは押さえで以下の馬をちょっとだけ。

ファストタテヤマ。忘れた頃に飛んでくる。

トウショウナイト。2年前、本命にしてすっげ~おしい4着。スズカマンボとの馬連も持ってたのに・・・。笑

ダークメッセージ間違って」、があるかもしれん。

エリモエクスパイア。同上。笑

馬券は馬連、馬単、

ネヴァブショントウカイトリック2頭軸の三連複。

あと、ワイドをちょっと。

。。。。。。。。。。

スイートピーSは買い目だけ。

ハロースピードラブカーナクィーンスプマンテレインダンストウカイオスカーの馬連5頭BOX。

。。。。。。。。。。

果たして、オイラの連敗は止まるのでしょうか?笑

2007年4月28日 (土)

上手く行かない時って。。。

青葉賞

突然の雷雨に嫌な予感はしていた。

オイラの本命メイショウレガーロは、まずまずのスタートから中団追走。

まぁ、大丈夫だろ。

と、見ていたオイラ。

ところが向こう正面でハプニング。

オイラの2番手評価、ナタラージャ故障発生

( ̄□ ̄;) ゲゲッ。

三連複を

軸 メイショウレガーロ

対抗 ナタラージャヒラボクロイヤル

ひも 111418

のフォーメーションで買ってたオイラ。

早くも半分消えた。爆

直線に向くと、中を割ってメイショウレガーロが伸びてきた。

内からはフィニステール

外からは一瞬行き場をなくしたヒラボクロイヤルが立て直して凄い脚で伸びてくる。

おぉ、メイショウレガーロ、頑張るんだ!

と、思ったのもつかの間

内、外からあっさり交わされる始末。

馬連、馬単はここで諦めたが

まだ三連複が。。。

しかし、そんなこと思う間も無く

トーセンマーチにまで交わされた。爆

・・・・・。

結果はヒラボクロイヤルトーセンマーチフィニステールの順で入線。

メイショウレガーロ、またしてもトライアルで4着撃沈。

そのくせ、きっと本番でもまた掲示板に乗ったりするんだろうな・・・。笑

相変わらず、強いんだけど詰めが甘い。

もっと腕っ節の強いジョッキーの方がいいんぢゃないの?

時計のかかる馬場で消耗戦になったら勝てそうだけどね。笑

。。。。。。。。。。

最近、メインレースだけで止めてたオイラ。

しかし、今日は何か腹の虫の収まりが悪かった。

最終レース、カツハルが逃げ切るに違いない。

と、意味不明の確信をしたオイラ。

ところが何故か、馬単ではなく

1着 カツハルフレンチビキニ

2着 クレヨンルージュラピッドオレンジ

3着 1216

と三連単を購入。

結果は。。。

フレンチビキニは、見事逃げ切った。

そして2着、12番リメンバードリーム。爆

しかも、90.9倍も付きやがった。

馬単、5点で獲れたぢゃん。。。

Oo。( ̄。 ̄ )y- ~

ウマクイカナイトキッテ、コンナモン。。。

。。。。。。。。。。

どうやら先週から

負のスパイラルに突入したようです。笑

今日は当てないとな。青葉賞。

日用品がまとめて切れてしまい

今日、山のように買い物をしなくてはいけないオイラです。笑

さて、青葉賞

ここは素直にメイショウレガーロから。

今年に入ってずっと重賞を使っているが

すべて差の無い競馬。

レベルもすべて高かった。

前走の皐月賞も結果的には大荒れだったが

決してへんてこりんなレースなどではなく

かなりレベルが高かったと思う。

開幕2週目の府中。

まだまだ先行有利。

この馬が先行して押し切る、ハズ。

相手は

ナタラージャ今にしてみれば、2走前は相手が悪かったってことですな。笑

マルカハンニバルエリカ賞出走馬。どっかで穴あけるぞ。笑

ヒラボクロイヤル。前走ナムラマースの2着。皐月賞をパスして初めからここ目標。

ダノンヴィッター。レベルの程は解らないけど、ここまでずっと3着以内。ノリちゃんが手放さないのがコワイ。

あとは押さえで

フィニステール。安定してるけど勝ち切れない。笑

マイネルヘンリー。府中なら走る。

オーシャンエイプスほんとは買いたくない。爆

馬券は、馬連、馬単。

あと、メイショウレガーロ軸でナタラージャヒラボクロイヤルを加えた三連複フォーメーション。

。。。。。。。。。。

とりあえず、

今日は買い物で大忙しです。笑

2007年4月26日 (木)

ウオッカ、ダービーですか・・・。

最近、このブログをリンクして下さってる稀有なブログの存在に気づいたオイラ。

。。。。。。。。。。

「馬に賭ける」

http://uma-kake.cocolog-nifty.com/blog/

オイラのくだらないネタのオンパレードと違って

なかなか参考になるデータとか書いてらっしゃるので、是非みなさん御一読を。

それと、管理者のかつさん、オイラの名前

「す~さんさん」ぢゃなくて、「す~さん」でお願いします。

「アグネスチャンちゃん」みたいなので。爆

。。。。。。。。。。

うれしかったので、お礼のコメントをしたオイラ。

意外と律儀でよいこ。爆

そしたら御丁寧に返事を頂いた。

で、何だかとってもオイラのことを褒めて下さってるではないか。

・・・照れるなぁ~。笑 

* ̄ー ̄*

なんせオイラ、結構長く生きてるけど

あんまり他人から褒められたことないもんで。爆

どっちかってゆ~と

口を開けば怒られるタイプ。爆

子供の時から

他人が真面目な話をしてると

茶々入れたくってしょうがないんだよねぇ。

未だその性格、治らず。笑

。。。。。。。。。。

さて、天皇賞の枠順も確定しましたが

今日はコレでしょ。

ウオッカ、ダービー参戦。

26日、昨年の2歳女王で、桜花賞(GI)2着のウオッカ(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)が、5月27日に行われる日本ダービー(3歳牡牝、GI・芝2400m)に出走することがわかった。

 管理する角居調教師が語ったもので、牝馬の日本ダービー出走は96年のビワハイジ(13着)以来となり、勝てば37年のヒサトモ、43年のクリフジ以来、64年ぶり史上3頭目の快挙となる。


 ウオッカは父が02年日本ダービー馬タニノギムレット、母はJRA5勝のタニノシスター(その父ルション)という血統。昨年10月のデビューから3戦目で阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)を制し、昨年のJRA賞最優秀2歳牝馬を獲得。今年に入りエルフィンS(OP)、チューリップ賞(GIII)を連勝し、桜花賞は圧倒的人気(単勝1.4倍)に推されていたが、ダイワスカーレットの2着に敗れていた。通算成績6戦4勝(うち重賞2勝)。

。。。。。。。。。。

ウオッカが強いのは認める。

もしかしたら勝てるかも知れない。

でも、でもね、

馬ダメにしちゃうかもしれないよ?

この時期の牝馬を牡馬混合、って言うか他はみんな牡馬のJpnⅠ、しかもダービーに出走させるってことは

オイラ、体力的にもメンタルな部分でも

かなりの負担を強いるような気がしてならないんだけど・・・。

NHKマイルCとはわけが違うし。

トップジョッキーのノリちゃん桜花賞前のインタビューで、

ウオッカは気の良い馬だから桜花賞までに消耗してなきゃいいけど・・・。

みたいなことを言ってた。

さらにヤバイぢゃん。

ダービーと言う最高峰のレースで

燃え尽きてしまうかも。

古馬になってからマイルGⅠ天皇賞(秋)を狙ってもいいと思うし、桜花賞を勝てなかったからといって何らウオッカの評価が下がる訳でもないと思うんだけど・・・。

角居師のことだからそれなりにちゃんと考えてるとは思うけど

名牝だけに逆に大事に使って欲しいなぁ。

オイラの心配が杞憂であることを願う。。。

。。。。。。。。。。

さっき届いたフランスワイン3種、計36本。

1111

大人買い。爆

1本500円だけどね。笑

ええ、もちろん1ヶ月分ですよ?笑

Photo

今晩はコイツを飲んでみます。笑

2007年4月25日 (水)

イノブタダービー。でもイノブタ汁は・・・。

今朝のめざましテレビでやってた

鹿児島県の吹上砂丘で行われる串木野浜競馬

面白そうでしたねぇ。

競走馬の他、ポニー、農耕馬のレースもあるそうです。

ポニーのレースでは子供が乗って

客席の方に行ったり海に飛び込んだり。笑

オイラも乗ってみたいぞ。

。。。。。。。。。。

紀伊民報にはこんなニュース。

名物イノブタダービー 5月3日にイブ王国建国際(抜粋)

すさみ町周参見のすさみ海水浴場で5月3日午前8時~午後4時、イブ王国建国22周年祭が開かれる。恒例のイノブタダービーやシーカヤックレース、朝市などイベントが多数ある。イノブタダービー実行委員会(上田勝司委員長)主催。

~中略~

 建国祭の名物行事、イノブタダービー」の出走豚が決まった。スポーツ界の著名人にちなんで「イチロー」「マツザカ」などと、名前を付けている。
 出走するのは今春に生まれたばかりのウリ坊計6匹。主催者がホームページで寸評と予想の印を付けている。本命視しているのが「イチロー。「世界競豚界で向かうところ敵なしの強さを誇る」と紹介、変幻自在の走りをする「マツザカ」が対抗豚。そのほか、豚っぷりの良さに将来性を感じる「マークン」や、端正な容姿からは想像できない力強さを併せ持つ実力派「ユーチャン、彗星(すいせい)のごとく現れた大型新人「マオ、精神面の弱さがなくなり、心身ともに充実した「ミキティ」が出る。

 インターネット(http://www.susami.org)からも投票できる。予想が当たると抽選で賞品がもらえる。
 イノブタダービーは、1周100メートルの特設競豚場を、イノブタが走り、障害物を乗り越えてゴールを目指す競技。意外性、娯楽性たっぷりのレースが人気を呼んでいる。

。。。。。。。。。。

・・・なんか、楽しそうだなぁ。笑

でもね、イベントがね、

【午前】イノブタ汁サービス(先着300人)、なんでも朝市、潮干狩り、イノブタうどん早食い競争、JR周参見駅から会場までの王国建国パレード、王国建国22周年式典、スターフィッシュマーチングバンド演奏、シーカヤック1時間耐久レース予選

・・・いや、別にイチャモンつけるつもりは全くないんだけどね、

今春に生まれたばかりのウリ坊のレース見ながらイノブタ汁とかイノブタうどんって

ちょっと食べづらいかなと。爆

。。。。。。。。。。

昔、どっかの漁港のイベントを銀座でやってて

イカのイベントだったんだけど

水槽でイカのレースをやったのね。

その名も

イカさまレース。(だったかな?)

何か、それを思い出したよ。笑

でさ、競走イカに名前がついてたんだけど

オイラのお気に入りの名前がこれ。

ナイスネイカ。爆

どうしても忘れられないんだよね。笑

2007年4月24日 (火)

誰が逃げる?天皇賞。

オイラの天皇賞の予想を惑わす

nikkansports.com のこんな記事。

トウカイトリックは昨年9着時は先行脚質だったが、今年は差し馬にモデルチェンジ。大平助手は「去年は自分のポジションに迷っていたところがあった。前走は馬が変わったと思うような脚だった」と、メンバー最速上がり(3ハロン34秒0)を使った阪神大賞典3着を振り返った。これまで長距離では堅実。「混戦だしチャンスとは思うが、勝負どころでどうしても置かれるのがどうか」と、反応を課題に挙げた。

。。。。。。。。。。

逃げないでどうする気だ??

きつい流れ(ペースが速いとか遅いとかぢゃないぞ。念のため。)で逃げてこその馬だろが?

オイラはコイツがきつい流れで逃げることを前提に考えていたのに。。。

そうなればデルタブルースでガチガチだと思っていたんだが・・・。

。。。。。。。。。。

ここで、オイラのシャレの解る読者の方々のためのペース解説。

速い、遅い、は馬場状態でどうにでもなるので

あんまり関係ない。

大切なのは

きついかゆるいか。

速くてもゆるいこともあるし、遅くてもきついこともある。

解りやすいのがシンボリクリスエスゼンノロブロイ

ヒシミラクルが一緒に走ったレース。

きつい流れになった時はヒシミラクルが勝った

一瞬の脚は使えないけど

良い脚は持続するからね。

ゆるい流れのよ~いドン!になるとゼンノロブロイ。

サンデーサイレンス産駒の特徴だけど

ゆるい流れの上がり勝負にはめっぽう強い。

日本の競馬でサンデーサイレンスがブレイクしたのはまさにこのせい。

いつの頃からかスローの上がり勝負の競馬が主流になってたからね。

例外の代表はステイゴールド

日本ではGⅠ勝てなかったけど2着4回。

いづれもきつい流れのレースだった。

母父のディクタスの血なんだろうね。

勝ち身に遅いとか言われてたけど

シーマクラシック香港バーズを勝ったように

さらにきつい流れだったら

日本でもGⅠ勝ってたんだろうな。

ついでに言うと

ナリタトップロードもスロー症候群の

被害馬の1頭。

。。。。。。。。。。

そんなことより

今週の天皇賞

誰が逃げるかで

堅く収まるか、大荒れになるか、分かれるよ。

2007年4月23日 (月)

やっぱりユタカとは相性悪いみたい。

昨日の午前中に書いたアンタレスSの予想で

ユタカエイシンラージヒルを本命にして

最大の心配はオイラが買うとユタカが来ない確率が異常に高いこと。

と、書いて

ほんとにすっ飛ばれたオイラ。爆

気になったので

I-PATの投票成績を調べてみた。

そして

驚愕の事実が判明した。

。。。。。。。。。。

騎手別成績。

買ってる金額が多い順に表示されている。

アンカツノリイワタゴトウに次いで

ユタカは5番目に買っている。

買ってる金額ベスト10中、5人がプラス収支。

ちなみにアンカツの回収率は昨日までで145%

で、買ってる金額ベスト10中、回収率が9番目なのがゴトウ

それでも31%だ。

そして回収率10番目はユタカ

・・・なんと6%。爆

しかも、買っている騎手全員の中で

回収率0%を除くと

最低の数字。

ホントに相性が悪いんだな。。。

でも、ユタカは今週は香港出張だから

何か天皇賞、当たりそうな気がする。爆

2007年4月22日 (日)

オイラの本命、-12kgと-14kgって・・・。

ホクレレ

確実に先行できる

と、フローラSの本命にしたオイラ。

馬体重が-12kgってところで嫌な予感はしていた。

えぇ、してましたとも。

そしてスタート。

ホクレレ、いきなりの出負け。爆

あ~ぁ、と思ったオイラ。

でも、ノリちゃん、先行馬をワザと出負けさせて後ろから行くことがたまにある。

でもさ、ベッラレイアの後ろからぢゃ無理だろ。。。

かなりテンションが下がったオイラ。

イクスキューズがスローに落として絶妙の逃げでレースを引っ張る。

完全に無理。

ここで諦めました。爆

直線に向いてもイクスキューズがスイスイ。

淡~い期待をして後方に目をやると

ホクレレは最内から馬群を捌いてくるものの

とても届きそうにない。笑

ところが同じような位置にベッラレイア発見。

しかも前が塞がってる。

ありゃ、この馬、ホント運が無いのかなぁ。。。

と、同情しかけたオイラ。

前の方では相変わらずイクスキューズがスイスイ。

真ん中をミンティエアーが抜けてきた。

やっとこさ外に持ち出したベッラレイア

しかし、ここからが凄かった。

イクスキューズを捕らえにかかるミンティエアー

その脚も凄かったが

さらに外からベッラレイアが物凄い脚でまとめてかわす。

普通なら届きそうもない位置から開幕週のスローペースを見事差し切った。

結果は

ベッラレイアミンティエアーイクスキューズの順で入線。

強いとは思ってたけど

あのヘタな騎乗で勝っちゃうんだから相当なもんだよねぇ。

シーザリオオークスを思い出しましたよ。笑

・・・ちなみにホクレレ9着でした。

。。。。。。。。。。

そしてアンタレスS

本命にしたエイシンラージヒル-14kg

普段なら

絞れたのかなぁ、とか思うけど

ホクレレ惨敗の直後だけに

オイラのテンションは全く上がらず。爆

レースはいきなりスナークファルコンの落馬で始まった。笑

オイラの期待通りにユタカが逃げる。

トーセンブライトがこれに続く。

が、藤田が執拗に突っついてきやがった。

( ̄  ̄メ)  フジタ、ヨケイナコトヲ・・・。

何とか先頭で直線に向いたエイシンラージヒルだったが、すぐにアッサリ交わされた。

その直後にいたキクノアロー、中団にいたワイルドワンダーが抜けてくる。

アンカツイワタの叩き合いとなったが

イワタワイルドワンダーが見事制した。

クノアローが2着。

大きく離れた3着は外から突っ込んできたメイショウトウコン

地方出身のトップジョッキー2人の叩き合いは見応えありましたな。

ちなみにエイシンラージヒル

・・・・・。

こいつも9着かいっ!爆

。。。。。。。。。。

ケントク買いでも真面目に予想しても

結局当たらなかった2日間でした。爆

開幕週は先行馬。

フローラS

前走、すごい脚を繰り出した馬たちが人気になっている。

が、かなり馬場がいい状態で迎えた開幕週。

ある程度先行できないと届かない可能性大。

本命ホクレレ

東京、中山関係なく先行できる。

前走は勝った馬にうまく逃げられたが今回は鞍上にノリちゃんを向かえた。

フラワー2着だったのにも拘らず桜花賞は除外。

しかし、ソエがあったらしく、それがかえって吉と出る、と思う。

相手は

ベッラレイア。相当強いと思うが、恐らく後ろからの競馬になると思うし、目標はあくまでオークス。なので今回は評価を下げた。

ミンティエアー蛯名が出遅れなければ。爆

ランペイア。デビュー戦は出遅れてナタラージャの2着。もしかしたらかなりの大物かも?

イクスキューズ。本番はムリとふんだ藤沢師が賞金稼ぎに専念してきた可能性有り。笑

あとは押さえで

トウカイファイン。サウスポーかも。

ザリーン。なんとなく穴気配。笑

マイネルーチェ京成杯サンツェッペリンの09秒差。

ジョウノガーベラカツハルが・・・。爆

馬券は馬連、馬単。

あと、ホクレレ軸でベッラレイアイクスキューズを加えた三連複フォーメーション。

。。。。。。。。。。

アンタレスS

このコースも先行が基本。

本命エイシンラージヒル

またうまいことユタカが空いてた。爆

この枠だから多分コイツが逃げる。

5走前もユタカで逃げ切り勝ち。

きっと楽に逃げられると思う。

最大の心配はオイラが買うとユタカが来ない確率が異常に高いこと。爆

相手は

タガノサイクロン。立ち直ってればコイツ強いぞ。

クワイエットデイ。何だか絶好調持続。

キクノアローダイオライト記念はレベルが低かった可能性有り。もしくはカンカン泣き(斤量が思いとダメ)するのかも。アンカツに戻ってどうか?

ワイルドワンダー。希望してた内枠を引いた。

メイショウトウコン。同コースの平安Sの勝ち馬。

スナークファルコン。コース実績有り。

トーセンブライト。先行できるし藤田だし。笑

馬連、馬単。

。。。。。。。。。。

そういえば、このブログ始めてからユタカ本命にするの初めてかも知れない。笑

2007年4月21日 (土)

明日はまじめに予想します。

てきとーに予想した

福島牝馬S東京競馬場グランドオープン記念

かすりもしませんでした。爆

やっぱりまじめに予想しないとダメですな。

まじめに予想したからって当たるもんでもないけど、何か見てる時の力の入り具合が違うよね。笑

そう言うわけで明日はちゃんと予想します。

でも、オイラの本命はグリグリ人気の

あの馬ぢゃないぞ。爆

乞うご期待。

重賞なので一応買う。笑 福島牝馬S。

今日はパスしようかと思ったけど

一応、重賞なので買うことにした。笑

さて、どうでもいいメンバーが揃ったこのレース。

まともに予想しても当たる気がしない。爆

でも、一応、予想はしてみた。

馬券は以下の5頭のBOXで。笑

テイエムプリキュア。穴あけるまで買うぞ。笑

ロフティーエイム吉田弟ならなんとかしてくれそうだから。

ジョリーノエル。福島走るし、小野くんにたまには重賞勝って欲しい。

コスモマーベラス。実績に敬意を表して。

サンレイジャスパー。同上。笑

馬連、ワイド。

もちろん小額で。爆

。。。。。。。。。。

東京競馬場グランドオープン記念

重賞ではないけど

縁起モノだから。爆

・・・東京競馬場にウイニングチケットレガシーワールドがやってくるそうだ。

ウイニングチケットダービーを勝ったときのゼッケンが10番

レガシーワールドJCを勝ったときは8番

で、出馬表に目をやると

10番に同じトニービン産駒が。爆

あぁ、ケントク買いさ。笑

そう言うわけで

本命ダディーズドリーム。8歳馬なのにトップハンデなのも怪しい。笑

相手は

チャクラ。こういう騎手の方が合ってるかも。

アドバンテージ。軽いし。

ゴーウィズウィン8番だし。笑

チェストウイング前走本命にして飛ばれたし。爆

ルーベンスメモリー。東京走る。

コスモプロデュース。同上。笑

こちらは流しで

馬連、ワイド。

もちろんこちらも小額で。爆

2007年4月20日 (金)

で、大井とJBC協会は仲直りしたの?

テレビ東京で始まった

よろずや平四郎活人剣

しかも

初回2時間スペシャル。

北川弘美の名前に惹かれて

ついつい見てしまったオイラ。

何故か昔っから

時代劇は大好きなんだけど

準主役が北川弘美ですよ?

早耳むすめ時代から大好き。

・・・そういえばさ、オイラ、かわいいなぁって思う娘はさ

何故かみんな

オスカープロモーション。爆

そんなこんなで最後まで見てしまったんだが、

話が佳境に入ったところで

つづく

・・・え??

時代劇って1話完結ぢゃないの?

2時間もやって???

必殺シリーズだって水戸黄門だって

その場限りの完結ぢゃん!!爆

普段あんまりテレビ見ないオイラ。

ましてやドラマはほとんど見ない。

・・・でも、来週見てしまいそうだぞ。爆

但し、めざましテレビは別。笑

。。。。。。。。。。

そんなことよりこのニュース。

今年のJBC開催決定。

。。。。。。。。。。

19日、NARにおいてJBC特別委員会が開催され、今年のJBC競走が従来通り行われることが発表された。

 同競走は、生産地が反対している「現役外国馬の導入」を大井競馬が認めたことに対する抗議の一貫として、社団法人ジャパンブリーダーズカップ協会(吉田勝己会長)が支援を中止する旨の通知を3月に行っており、同協会が商標登録を行っている競走名「JBCクラシック」、「JBCスプリント」およびロゴマークの使用中止を要望するなど、実施は困難とされていた。


 実施要項は以下の通り。

◆実施競馬場
大井競馬場

◆実施日
10月31日(水)

◆実施競走
・JBCスプリント(交流GI・ダート1200m、1着賞金8000万円)
・JBCクラシック(交流GI・ダート2000m、1着賞金1億円)

。。。。。。。。。。

いや、実にうれしい。

うれしい、のだけども

結局仲直りしたの? してないの??

今年だけの臨時措置か?

今年だけはやってやるけど

今後の大井開催はないよ、なのか?

なんか、すっごい

もどかしい報道だぞ。爆

前にも書いたけどさ

現役外国馬の出走数なんて

たかが知れてるんだからさ

仲良くしようよ、ね?

でも、できれば

南関のJpnⅠ、帝王賞とか東京大賞典とかで

南関チャンピオンとJRAチャンピオンと海外のダートチャンピオンが激突するの

見てみたいなぁ、と思うオイラです。

2007年4月19日 (木)

フローラSって・・・。

特に小ネタもなけりゃ

競馬のネタもこれと言ってないので

フローラSについて考えることにした。笑

過去10年の連対馬を眺めてて思ったんだが

レベル低いな、このレース。爆

オークス馬は2001年の2着馬のレディーパステルだけとは。。。

ここ5年に絞れば

後の活躍馬はディアデラノビアだけぢゃん。

要するに、「オークスの権利を取るだけ」の馬のためのレースってことだったのね?

。。。。。。。。。。

今年はベッラレイアが断然の人気になると思うけどさ、もしかしたら勝てないんぢゃ???

だってさ、過去5年の勝ち馬の人気

9、14、5、2、10、ですよ?

何か今から嫌な予感が。。。

まともだったらベッラレイアの実力が違いすぎるんだけど

ベッラレイアオークスを見据えた仕上げをしてくるであろうに対して

オークスに出走することが目的の馬は

目イチの仕上げをしてくる可能性大。

特に府中開幕週の今週は

先行できる馬に一流の騎手が乗ってきたら狙ってみるべきかもね。

2007年4月18日 (水)

選挙と新幹線と競馬と。

小ネタもないので

まずは競馬LABの記事から。

。。。。。。。。。。

今週から統一地方選挙の後半戦がスタートしたが、選挙と聞いて非常に迷惑なのが、ボランティアの声が鳴り響く選挙カーである。

トレセンがある栗東市も先々週は県会議員、今週は市会議員と、選挙続きで朝から周辺を選挙カーが行ったり来たり。これには関係者も「マイクの音を気にしているのか、朝からカイバを食べないで困っている。妙にテンションが上がっている馬もいるし、レースに向けて調整が大変」とかなり迷惑の様子。

今週の競馬(特に牝馬)は馬体重に要注目ですぞ!

。。。。。。。。。。

オイラの職場は品川区なんだけど

朝から選挙カー走ってますよ。

でさ、やっぱりうるさいと思うぞ。

葛飾区民のオイラには関係ないんだが

通勤途中に選挙カーから手を振られたりすると

すっごくうざいもん。爆

ちなみにオイラ、ちゃんと選挙は行きますよ。

都知事選も行ったしね。笑

・・・そんなことよりオイラと読者の方々に大事なのは、栗東の市議会選挙。

新幹線の新駅建設問題で滋賀県自体が

えらい騒ぎ。爆

知事は凍結派。

先々週の県議選では凍結派が過半数を制したとの報道があった。

そして今度の栗東市の市議選だ。

えらい騒ぎになってるんだろうか・・・?

ちなみに、こんな報道。

新幹線新駅問題が争点の滋賀県栗東市議選(定数20)は、立候補者23人のうち建設の「推進」派14人に対し、凍結・中止を唱える「反対」派は9人。推進派は過半数となり、早くも〈勝利〉が決まった。しかし、県議選では反対派が躍進。駅建設のため、所有地を仮換地した地権者は「市議選で推進派が勝っても、凍結の流れは止められないのでは」と不安をのぞかせた。

(2007年04月16日  読売新聞)
市議会では推進派が不戦勝ってことですかな?
。。。。。。。。。。
選挙が盛り上がるのは決して悪いことではないと思うんだけど
栗東市は特別なところだってこと、自覚して欲しいなぁ。
新幹線の新駅の予算よりも大きなお金が動く元になる、大事な大事なお馬さんが
た~くさんいらっしゃるんだよ?爆
選挙カーでお馬さんにストレスかけた候補者は
公職選挙法違反(?)と公正競馬に反する罪で
即逮捕だな。爆
。。。。。。。。。。
前の会社で全国を飛び回ってたオイラ。
栗東市の市民の本当の意見は知らないが
ビジネスマン的には
栗東市に
新幹線の新駅はいらないよ。

2007年4月17日 (火)

今日は政治の話。でも、笑えるぞ。

会う人会う人に皐月賞どうだった?

と、訊かれ

ヴィクトリーは切っちゃったけど

2着3着のワイドは獲ったよ

と、答えると

よくサンツェペッリン買ったねぇ~

と、必ず言われ

その理由を説明するのが

だんだん面倒くさくなってきたオイラです。爆

オイラに言わせれば

何であんなに人気が無かったのか

その方が不思議なんだけど。

正直5~6番人気になると思ってたので。笑

。。。。。。。。。。

今日は政治のネタ。

まず、読売新聞の記事。

 政府の地方分権改革推進委員会が17日開かれ、作家の猪瀬直樹委員が、東京都の中心部を国直轄の「東京DC特区」とする構想を提案した。

 自治体の税収格差の是正が狙いで、大企業が多く法人関係税が集中する特区の税収を、財政の苦しい地方の自治体に回すとしている。


 米国の首都ワシントンDCをイメージした特区は、千代田、中央、港、品川、新宿、江東など、おおむね12区にわたり、人口は約300万人。猪瀬氏の試算によると、特区内の地方税収は3・3兆円(2004年度決算ベース)で、地方税収全体の約1割を占める。特に、法人2税は1・5兆円で、全自治体の2割を超える。

 猪瀬氏は「東京は、自己努力の結果ではない税収が入り、独り勝ちしている」と指摘するが、実現のハードルは高そうだ。

。。。。。。。。。。

続いて産経新聞の産経抄

 米国の首都、ワシントンは正式には、ワシントン・ディストリクト・オブ・コロンビアと呼ばれる。コロンビアは、アメリカ大陸の発見者コロンブスに由来し、連邦政府の直轄地であることを意味する。

 ▼なぜこんな特別な都市ができたのか。「連邦の首都はどの州にも属してはならない。州と州との力関係をゆるがしてはならないからである。さりとて首都を一州とすることも、同じ理由からできない」からだ(『ワシントンDC・ガイドブック』赤木昭夫著)。

 ▼3期目を迎える石原慎太郎東京都知事に対して、作家の猪瀬直樹さんが、きのうの日刊スポーツに興味深い提言を寄せている。東京の中心部を、国直轄の東京DC特区にし、DC内の税収は財政の苦しい地方自治体に回せ、というのだ。

 ▼確かに年間予算13兆円を誇る東京都はあまりに巨大になりすぎた。財政だけではない、人口、地価などあらゆる指標が「東京独り勝ち」を示している。特区が、東京圏と地方との地域間格差を解消すれば、道州制移行への最大の障害が取り除かれることにもなる。

 ▼世論調査によると、2016年の夏季五輪招致について、都民の多くが冷ややかな反応を示している。知事が「いい夢を見よう」といくら呼びかけても、巨額の費用がかかることへの不安が先立つようだ。特区という新首都を国際社会に披露する機会ととらえたらどうだろう。43年前の五輪のように、国民全体が招致に向けて盛り上がりをみせるかもしれない。

 ▼ただ実現は難しい。東京のスーパーパワーを背景に、国にもの申してきた知事が、発想の転換を受け入れるとは考えにくい。こんな大仕事ができるのは、石原慎太郎しかいない、と猪瀬さんははっぱをかけるが、さて。

。。。。。。。。。。

正直、メリットとデメリットがよく分からない。

で、ワインが行き届いた脳みそで考えてみた。爆

オイラは葛飾区民。

ここが特区に入ってるかどうか定かではないが

入ってると仮定しよう。

東京都には含まれなくなるワケでしょ?

まずは税金。

区民税は払うけど、都民税は払わなくてよい?

いいねぇ~。爆

区議会ってのも無くなるのかなぁ?

選挙の騒音が無くなるなら、これもよし。

国政選挙はどうなるんだろ?

葛飾区はヒラサワカツエイ氏とかレンホウ氏など

テレビでお馴染みの議員がいるのだが

どういう選挙区になるんですかね??

。。。。。。。。。。

会社に例えるなら

各部署に部長がいるのに

ある部署が突然社長管轄になるようなもんですかね?笑

前の会社でもありましたよ。

。。。。。。。。。。

そんな理由で社長と行動したある日のこと。

取引先との打ち合わせ前に

時間があったので喫茶店に入った社長とオイラ。

何かヘコんでた社長。

おもむろに口を開いた。

・・・友達が自殺しちゃってさ・・・金に困ってたみたいなんだよな・・・。一言いってくれればいいのにさぁ・・・。

涙目の社長、何も言えなかったオイラ。

しばしの沈黙。

そして社長は口を開いた。

す~さん、

目線の先にはカウンターに座ってた後姿の女性。

肩が凝っていたのか、首を回していた。

あのねーちゃん、巨乳かなぁ・・・?

・・・はい?

肩凝ってるみたいだけど、揉んであげたいよなぁ。

・・・え?

乳も揉みしだいてみたいよなぁ・・・。

・・・・・。

あの、さっきまでの悲しい話は

いったい・・・。

でも、オイラ、一応、こう答えた。

オイラは巨乳よりは手のひらサイズが好きですが・・・。

社長のお答え。

おまえ、人として間違ってるよ!

・・・・・。

ここで人格否定ですか?爆

・・・結構有名な某和風ファストフードチェーンの社長のお話でした。爆

。。。。。。。。。。

話戻すけどさ、特区になったら

学生は

都民の日は休めないのかな?笑

2007年4月16日 (月)

香港馬名はむづかしい。

2日前のニュースで恐縮だけど

今日のネタはこれ。

。。。。。。。。。。

現地時間29日に香港・シャティン競馬場で行われるクイーンエリザベス2世C(3歳上、香G1・芝2000m)の選出馬が、14日に香港ジョッキークラブから発表された。

 ドバイデューティフリー(首G1・芝1777m)を制覇後、4日に香港入りしているアドマイヤムーンは選出馬12頭中最高のレーティングを与えられ、中心的存在と見られている。2番手はドバイシーマクラシック(首G1・芝2400m)の勝ち馬で、2年前のこのレース、05年香港C(香G1)の勝ち馬でもあり、このコースを得意とするヴェンジャンスオブレイン Vengeance of Rain。ドバイDF、ドバイSC勝ち馬同士の対決となり、世界的にも注目のレースになりそうだ。


 他では、南アフリカのフジキセキ産駒スシサン Sushisanも「壽司先生」という香港馬名を付けられ出走を予定している。選出馬は以下の通り。

※左から馬名、英語名、香港名、性齢、所属、レーティング

アドマイヤムーン 賞月(牡4、栗東)125
ヴェンジャンスオブレイン Vengeance of Rain 爪皇凌雨(セン6、香)122
ベストギフト Best Gift 自由行(セン6、香)118
スシサン Sushisan 壽司先生(セン4、南ア)116
セイハリ Seihali 勝喜利(牡8、首)115
ビバパタカ Viva Pataca 爆冷(セン5、香)115
ヴァイタルキング Vital King 活力金剛(セン4、香)113
サーアーネスト Sir Ernesto 小武士(セン5、香)110
チャンピオンズギャラリー Champions Gallery 冠軍廊(牡4、香)109
ビバマカオ Viva Macau 爆炸(牡4、香)109
マリンズベイ Mullins Bay 滿麗灣(牡6、南ア)108

スプリームゲインズ Supreme Gains 寶樹勁盈(セン4、香)105

。。。。。。。。。。

アドマイヤムーン「賞月」ですか。。。

ベストギフト「自由行??

オイラ香港の言葉は全然解らないけど

日本的に考えると「最適贈物」だよね?爆

スシサン「壽司先生

最近流行の寿司職人教室の先生ですかね。笑

セイハリ「勝喜利」笑点みたいですな。爆

ヴァイタルキング「活力金剛

これは解りやすい。笑

ビバパタカ Viva Pataca 「爆冷」

ビバマカオ Viva Macau 「爆炸」から察すると

Vivaは「爆」なんですね。

なら、ビバノンノはどんな香港馬名になるんでしょうか?

すっごい気になる。笑

前にも書いたけど

ステイゴールド黄金旅程」みたいな

気の利いた名前はないんですかね?

今年を見る限り

笑いを取ってるとしか思えん。爆

2007年4月15日 (日)

ハナ、ハナで3万馬券獲り逃す。皐月賞。

でも、ワイド的中したから実はプラス。爆

そんな皐月賞

一応の本命はアサクサキングスだったが

馬券は、あとフサイチホウオーサンツェッペリンナムラマースアドマイヤオーラ

5頭の馬連、ワイドBOXで買っていた。

。。。。。。。。。。

サンツェッペリンが宣言通りハナを主張するが、1コーナーでヴィクトリーがハナを奪う。

実はアドマイヤオーラとヴィクトリー、どっちを買うか最後まで悩んでいたオイラ。

でも17番枠カツハルぢゃ前に行けないかなぁ。

と、思いヴィクトリーを切ったオイラ。

あれ?行けちゃったよ。。。

この時点で嫌な予感が。爆

向こう正面ではヴィクトリーサンツェッペリンメイショウレガーロ、そしてオイラの一応の本命アサクサキングスが続く。

フサイチホウオーは中団の内、アドマイヤオーラはその後ろ。

3~4コーナーを回ってくるとアサクサキングスが上がってきた。

おぉ、いいぞ。

これでヴィクトリーがタレれば830倍位つくはず。

と、思ったのもつかの間

前2頭はタレる気配ナシ。

逆に伸びないアサクサキングス。爆

直線に向いたところではアンカツが強引にフサイチホウオーを外に出してきた。

一瞬サンツェッペリンが前に出る。

大外からはフサイチホウオーが凄い脚で突っ込んでくる。

おぉ、馬連340倍的中か!?

と、ちょっとドキドキしてきたオイラ。

しかし、ヴィクトリーは粘り切った。。。

ハナ、ハナ、の差で

ヴィクトリーサンツェッペリンフサイチホウオーの順で入線。

やっぱり3着だったフサイチホウオー。爆

ちなみにアドマイヤオーラ4着、アサクサキングス7着、ナムラマース11着。

馬連、アサクサキングスからの馬単、三連複は外したものの

ワイドが的中。

馬連を厚く買っててワイドは押さえ程度だったので、さほど儲からなかったけど

82.3倍もついたおかげで回収率150%。爆

なかなかしぶといオイラでした。笑

でもさ、オイラが悩んで最後に切る馬って

どうしてきっちり馬券になるんだろ?爆

・・・だから、ブログのタイトルこれにしたんだけどね。笑

。。。。。。。。。。

大穴を演出してもファンから暖かく迎えられるのがカツハルのいいところ。

インタビュー面白かったですね。

(音無)先生からは

岩田くんのように乗ってくれ

って言われてました。笑

・・・乗れませんでしたぁ。爆

とても勝利ジョッキーのインタビューとは思えませんでした。笑

で、当の音無師

・・・行かないように話してたんですけど・・・1コーナーで行くと思いました。

えぇ、ダメだと思いましたよ。爆

。。。。。。。。。。

何はともあれ、お二人とも

よかったですな。笑

馬連はBOXで。笑 皐月賞。

4連勝中のフサイチホウオー

もしかしたらこの馬に土をつけてたかも知れない馬が1頭いる。

本命アサクサキングス

2走前、直線でフサイチホウオーに前をカットされる大きな不利を受け、5着敗退。

あれがなければ確実に勝ち負けだった。

あそこでもしも勝っていたらこっちが4連勝。

前走は急遽乗り替りで逃げて勝ったが

今回は恐らく番手でレースを進められるハズ。

鞍上のコーシローも、この馬もそうだが

カワカミプリンセスが回ってくるなど

ここにきて運が上昇中。

この運に乗った。笑

相手はフサイチホウオー。再三書いてきたが血統的に、どうしても中山2000m では本命にしづらい。しかし、対抗以下には落とせない。

あとは

ナムラマース。混戦になったときには豊富なキャリアがモノをいう。

サンツェッペリン。前走はまるでやる気ナシの叩き台。逃げ粘る可能性大。

アドマイヤオーラほんと、ユタカの馬は切りづらい。爆

馬券は

馬連、ワイドは上記5頭のBOX。

馬単はアサクサキングスから上記4頭とココナッツパンチへ。

三連複はアサクサキングスフサイチホウオーの2頭軸で、

②、⑥、⑦、⑧、⑨、⑩、⑮、⑯、⑰、⑱

抜けたら悔しいので手広く。笑

。。。。。。。。。。

アサクサキングスが来れば別だが

もし当たっても

トリガミの可能性大。爆

2007年4月14日 (土)

バカ馬ではなかった。でも根性ナシだった。

結構自身アリアリだったマイラーズC

撃沈。爆

。。。。。。。。。。

コンゴウリキシオーがやや強引にハナへ。

サクラメガワンダーマイネルスケルツィ、そしてオイラの本命ローエングリンがこれに続く。

できればローエングリンにハナを切って欲しかったが、藤田が強引に行くことは予想の範疇だったので、まあいい。

後続をどんどん引き離すコンゴウリキシオー

3~4コーナーで差が詰まる。

あぁ、このまま行けばローエングリンとマイネルスケルツィが抜けて、あとは何か差してくるだろうな。

たぶん今日も当たったな。。。

と、余裕をかましていたオイラ。

だが、しかし、だけど、But。

コンゴウリキシオーがへこたれない。

( ̄□ ̄;) マサカ、ニゲキルキカ・・・?

それどころかローエングリン

早々とへこたれた。爆

結局、コンゴウリキシオーが逃げ切り、

最内から凄い脚で突っ込んできたスイープトウショウが2着。

2番手を追走したマイネルスケルツィが3着。

オイラの本命ローエングリンは12着。

前走ワンツーだった同厩のエアシェイディ(11着)と今日も仲良く並んでました。爆

。。。。。。。。。。

レコード決着だったようにタイムは速かったけど

全体的には

完全に前残りの決着。

道中の位置取りがそのまま着順に直結してましたな。。。

勝ったコンゴウリキシオーは過去の実績や叩き2戦目、復帰してから好調の藤田に乗り替りと、決して買えない馬ではなかったけど

初マイルってのがちょっと引っかかって買い目に入れませんでした。

スイープトウショウについては最速の上がりを出したように、やはりこのメンバーでは一枚上。

今日は展開のアヤでしょう。

。。。。。。。。。。

それにしてもだ。

午前中書いたように

バカ馬ではなくなってたローエングリン

だけど、あんなに根性ナシだとは思わなかった。笑

もしかしたら

ハナに行ききってしまうか、中団より後ろから差す競馬ぢゃないと止めちゃうのかも。。。

最近、番手追走だと下がってるしね・・・。

。。。。。。。。。。

まさか3着は外さないと思っていたので

先週儲けたこともあって

馬連、馬単、ワイド、と

結構調子こいて買ってたオイラ。笑

皐月賞で取り返すことができるのか?爆

明日のことは明日考える。マイラーズC。

皐月賞どうしよぉ。

と、未だ悩んでるオイラです。笑

明日のことより目先のマイラーズC。笑

本命ローエングリン

かつて、この馬は行きたいだけ行って

勝つときゃ勝つし、負けるときゃ負けると言うレースを繰り返していた。

なので、オイラはずっと

バカ馬と呼んでいた。爆

ところが昨年から控える競馬を覚え、それなりの安定感を示してきたではないか。

で、前走の中山記念

悠々と逃げる姿はかつてのバカ馬の面影は無く、他馬を威圧していたような貫禄さえ感じた。

昔、金鯱賞で当時の表記で9歳だったフジヤマケンザンが2番手追走から貫禄たっぷりに抜け出して勝った姿とダブって

目頭が熱くなったぞ。爆

かと言って、決して楽なペースで逃げたわけではない。

もともとの能力の高さに加え、

きっと、おりこうさんになった。爆

中山記念出走馬はその後も好走している。

きっとレベルが高かったと思う。

ここも他馬を威圧して後続を完封してくれることを期待する。

相手は

サクラメガワンダー。初めからここ目標。って言うか、いつまでモタモタしてんだよ?爆

エアシェイディ中山記念2着。最近のシルバーコレクターの代名詞。笑

スイープトウショウ。まともだったら一番強い。

マイネルスケルツィ。マイル戦での安定感はかなりのもの。レベル高かった京都金杯の勝ち馬。

エイシンドーバー京都金杯2着。今年に入って絶好調。

あとは押さえで

ハットトリックアドマイヤキッスイースターをちょっとだけ。

。。。。。。。。。。

レース後、

やっぱりコイツ、バカ馬だ。

と、ならないように願ってます。爆

2007年4月13日 (金)

またしても歴史は繰り返すのか?

先週、ウオッカの鞍上の四位

タニノギムレットでへぐった話を書いて

見事桜花賞を当てたオイラ。(自慢)爆

昨日のブログでも書いたが

フサイチホウオーの血統が

皐月賞で勝てない気がしてならない。

お父さんのジャングルポケットしかり

さらに同父のウイニングチケットしかり。

しかも、今日、いろいろ調べてて判ったんだが

ジャングルポケット皐月賞

1枠1番だったのね。爆

結果、3着。

ウオッカタニノギムレット

どちらも鞍上が四位だったけど

ジャングルポケット角田で、今回はアンカツ

こう言っちゃかわいそうだけど

四位角田とは腕が違いすぎる。

二人とも決してヘタではないし、技術はある。

でも、アンカツは別格だからねぇ。

でもなぁ。。。

未だ本命が決まらないオイラ。

きっとBOX買いだな。爆

。。。。。。。。。。

もし、フサイチホウオー皐月賞で負けて

ダービー8枠18番に入ったら

確実に頭鉄板ですね。爆

2007年4月12日 (木)

皐月賞の枠順は決まったが。

昨日の夜中、何だか覚えてないんだけど

夢を見てて、思いっきりベッドの横の梁を蹴飛ばしたオイラ。

070412_220301

このカドのところ。笑

あまりの痛さに寝ぼけながらも

涙目になりました。爆

。。。。。。。。。。

さて、皐月賞の枠順が発表されました。

1-1 フサイチホウオー(牡3、安藤勝己・松田国英)
1-2  ローレルゲレイロ(牡3、藤田伸二・昆貢)
2-3  マイネルシーガル(牡3、後藤浩輝・国枝栄)
2-4  ブラックシャンツェ(牡3、上村洋行・長浜博之)
3-5  フェラーリピサ(牡3、岩田康誠・白井寿昭)
3-6  ドリームジャーニー(牡3、蛯名正義・池江泰寿)
4-7  サンライズマックス(牡3、池添謙一・増本豊)
4-8  ナムラマース(牡3、藤岡佑介・福島信晴)
5-9  サンツェッペリン(牡3、松岡正海・斎藤誠)
5-10 メイショウレガーロ(牡3、福永祐一・小島太)
6-11 ニュービギニング(牡3、四位洋文・池江泰郎)
6-12 アサクサキングス(牡3、武幸四郎・大久保龍志)
7-13 モチ(牡3、川田将雅・田中章博)

7-14 エーシンピーシー(牡3、柴田善臣・久保田貴士)
7-15 アドマイヤオーラ(牡3、武豊・松田博資)
8-16 フライングアップル(牡3、横山典弘・藤沢和雄)
8-17 ヴィクトリー(牡3、田中勝春・音無秀孝)
8-18 ココナッツパンチ(牡3、吉田豊・大久保洋吉)

。。。。。。。。。。

正直、まだ本命が決まりません。

オイラ、アンカツ大好きなので

フサイチホウオーを押したいところですが

どうもこの血筋が

中山の 2000m 勝てない気がしてならないんですよねぇ。。。

でも、最内に入ったから軽視できないし。

・・・軽視する気もないけどね。笑

基本的には先行抜け出しタイプを狙いたいんだけど、今年は何やら行きたい馬も結構いるから差し決着の可能性も拭えないしねぇ。。。

なので

もう少し悩んでみます。笑

2007年4月11日 (水)

競馬のネタは無いが小ネタをひとつ。

タイトル通り競馬のネタは無い。笑

で、小ネタをひとつ。

昼間ラヂオを聞いていたら

高田文夫先生がすごい発言。

朝テレビつけたらさ、(特ダネ!の)小倉さんがさ、ボストンの球場の前で生中継でレポートしてたじゃん・・・中略・・・でさ、陽気なアメリカ人が小倉さんの頭、こづいちゃったりしてるんだよ。俺、見ててドキドキしちゃったよ!

ズレるんじゃないかと思ってさ!爆

・・・先生?

そこで乾貴美子が追い討ちをかける。

放送事故が起きたらどうしよう、みたいな・・・爆

・・・・・公共の電波に乗せていい発言なんでしょうか?爆

今日は以上。笑

2007年4月10日 (火)

1999年皐月賞の思い出。

今日も小ネタがないオイラ。

何故、身の回りに面白い事が起きないんだ

と、真剣に悩んでます。爆

。。。。。。。。。。

今週は皐月賞なので

皐月賞の面白い思い出がないかなぁ~、と探してたんだけど、なかなか思いつかない。

・・・いや、決して皐月賞が全然当たってないわけではないですよ?

念のため。笑

で、過去のレース結果を見てて

思い出しましたよ、ネタを。爆

。。。。。。。。。。

1999年、後の最強馬テイエムオペラオーが勝った皐月賞。

オイラ、本命はナリタトップロードに決めていた。

ただ、相手が絞れない。

出馬表とにらめっこしていたオイラはあることに気がついた。

・・・なんか、隣(と、隣枠)同士の馬の名前、同じような位置に同じ文字が多くないか?

変なところで几帳面なオイラ。

隣及び隣枠の同じような位置にある同じ文字を丸で囲んでみた。笑

以下、解りづらかったごめんね。笑

。。。。。。。。。。

1-1  ワンダーファン

1-2  アドマイヤベガ

2-3  アドマイヤフラッ

2-4  タキヘラクレス

3-5  マネルシアタ

3-6  トウカイダンディ

4-7  ヤマニンアク

4-8  ナリトップード

5-9  ブライアン

5-10 ニシセイリュウ

6-11 オースミブライト

6-12 テイエムオペラオー

7-13 ドラゴンブライアン

7-14 カマア

7-15 クガーアン

8-16 マタンゴ

8-17 タクラッシャー

8-18 マプラチナム

。。。。。。。。。。

すると、なんと6枠2頭に丸がつかなかった。

(オスミとオペラオ「ー」は位置が違うのでクレームは受け付けません。爆)

・・・まさか、6-6ってことはないだろうなぁ

と、ちょっと不安になりつつも

ナリタトップロードで堅いだろ。

と、同馬から流しつつ

同じ馬主のオースミブライトは買って

テイエムオペラオーは切ったオイラ。

。。。。。。。。。。

結果は

1着 テイエムオペラオー (5番人気)

2着 オースミブライト    (6番人気)

3着 ナリタトップロード   (2番人気)

枠連 6-6 7160円

馬連 11-12 6730円

。。。。。。。。。。

まさか・・・と、思いつつも

枠連6-6も頭をよぎっただけに

かなりヘコんだオイラでした。爆

2007年4月 9日 (月)

サマー2000札幌記念に違和感。

今日は特に小ネタもないので

サマーシリーズについて。

。。。。。。。。。。

JRAは9日、昨年から始まった「サマーシリーズ」について、競走馬部門の「サマースプリントシリーズ」、「サマー2000シリーズ」に加え、騎手部門のシリーズチャンピオンを決定する「サマージョッキーズシリーズ」が加わったことを発表した。

 このシリーズは各シリーズ対象競走の着順に応じて特定の点数が与えられ、合計得点が13点以上で、かつ1勝以上した馬および騎手の中から最高得点を得たものがシリーズチャンピオンになる。


 競走馬部門のチャンピオンには5000万円(馬主4000万円、厩舎関係者1000万円)の褒賞金が交付され、騎手部門のチャンピオンには100万円の褒賞金と同時に、今年のワールドスーパージョッキーズシリーズへの優先出場権が与えられる。競走馬部門のチャンピオンが複数頭いる場合は、その頭数に等分してそれぞれに交付される。

【各シリーズ対象競走・施行日】
1.サマースプリントシリーズ
◆7/1 函館スプリントS(GIII、函館・芝1200m)
◆7/15 アイビスサマーダッシュ(GIII、新潟・芝1000m)
◆8/12 北九州記念(GIII、小倉・芝1200m)
◆8/26 キーンランドC(GIII、札幌・芝1200m)
◆9/9 セントウルS(GII、阪神・1200m)

2.サマー2000シリーズ
◆7/8 七夕賞(GIII、福島・芝2000m)
◆7/22 函館記念(GIII、函館・芝2000m)
◆7/29 小倉記念(GIII、小倉・芝2000m)
◆8/19 札幌記念(GII、札幌・芝2000m)
◆8/26 新潟記念(GIII、新潟・芝2000m)


3.サマージョッキーズシリーズ
サマースプリントシリーズとサマー2000シリーズの計10レースが対象。

【得点形式】
GII(GIII)競走
1着 12点(10点)
2着 6点(5点)
3着 5点(4点)
4着 4点(3点)

5着 3点(2点)
6着以下はいずれも1点

。。。。。。。。。。

新設されたジョッキーズシリーズについては

別に何も言うことは無い。

強いて言えば

がんばれよ。

くらいか?爆

・・・そんなことぢゃなくて

オイラが違和感を感じてるのは

サマー2000シリーズの札幌記念。

こう言っちゃなんだが

他の4レースは

中央場所で勝ち切れない馬たちのチャンピオン決定戦だよね?

なかなか大きいとこを勝てない馬たちに対する救済措置と言っても過言ではない、と思うぞ。

だけど、札幌記念は全然性質が違うのでは?

秋のGⅠ戦線に向かう有力馬たちの始動レースではないのか??

そもそもサマー2000シリーズ自体が

一流の馬がお休みしてる時に競馬を盛り上げるための

一流半の馬たちによるチャンピオンシリーズでしょ???

秋の初っ端にスプリンターズSを迎えるサマースプリントシリーズとはちょっと性質が異なると思うぞ?

なので、オイラの意見。

札幌記念はシリーズからはずして

距離短縮してスプリントにされた北九州記念を2000シリーズに入れるべきだと思う。

で、スプリント戦は新しく何か作ろう。笑

。。。。。。。。。。

夏の心配より

皐月賞の心配しないと。爆

2007年4月 8日 (日)

アンカツ桜花賞連覇、そして700勝おめでとう。

そして万馬券ありがとう。爆

いや~~、見事でした。

そんな桜花賞を振り返る。

。。。。。。。。。。

だれもが逃げると思っていたショウナンタレントがやや出負け。

アマノチェリーランがハナを奪った。

しかしそこはヨシトミ先生、ムリに行かない。

この時点で用なし。爆

外からアストンマーチャンが暴走ぎみに先団へ。

あぁ、これでこいつも消えたな、と思ったオイラ。

しかし唯一の誤算は暴走ぎみに行ってしまった為に、ウオッカを内へ押し込んでこなかったこと。笑

まぁ、アンカツが何とかするだろ。

しかし、オイラの本命ダイワスカーレットもややかかり気味。爆

しかしそこはアンカツ、ちゃんと内を絞ってきた。

それ以外はウオッカは意外と邪魔されず

オイラの予定よりはいいポジションをキープ。

この時点でこの2頭で決まったと確信したオイラ。

他の馬は一切見てなかった。笑

あとはどこで追い出すかだな。。。

ところがアンカツ、またしてもウオッカを待った。爆

( ̄△ ̄;)  ・・・マジッスカ??

ところが追い出したら抜かせない。

それどころかウオッカが2度、ダイワスカーレットにぶつかるように内にヨレた。

坂を上がったところでダイワスカーレットが突き放し、見事優勝。

ウオッカは最後頭が上がってしまい2着。

3着にカタマチボタンが突っ込んできた。

馬連、馬単、三連単的中。

しかも三連単は万馬券のおまけつき。爆

大幅プラスでした。

いや~気持ちの良いレースでした。笑

。。。。。。。。。

後からVTRで確認したんだけどさ、

やっぱりアンカツがレースを支配してた感じですね。

で、ウオッカダイワスカーレットに並びかけた時には余計な脚を使わされてたんぢゃないかなぁ。

だからアンカツウオッカが来るまで待ったし、ウオッカは直線でヨレたと思うよ。

ウオッカが来る前にスパートするかと思ってたんだけど、道中脚を使わせる作戦に出るとは。。。

馬にスピードとスタミナがあるからこそ出来る事ですよね。

お兄ちゃんのダイワメジャーに乗ってるからこそ出来た作戦かも知れませんな。

いや、さすがアンカツです。

。。。。。。。。。。

あと、アストンマーチャンは戦前から距離不安が囁かれていましたが、キッチリ1400mを超えたあたりでへこたれましたな。

解り易いヤツ。爆

。。。。。。。。。。

オイラのブログを読み返してもらえば解ると思うけど、

シンザン記念が終わった時点で今日の本命を決めていたオイラ。

・・・しかし、困っているのが牡馬戦線。

皐月賞の本命、全くの白紙状態です。爆

歴史は繰り返すか。桜花賞。

ウオッカは強い。

そんなことは初心者だって知ってる。

でも、オイラの本命はダイワスカーレット。笑

前にも書いてきたが、

前々走では今年の有力牡馬のアドマイヤオーラを相手に自身の脚を測り

前走は敢えてウオッカが来るまで追い出しを待って相手の脚を測った、と思われるアンカツ

前走後、あまりに強くて笑っちゃたよ」とコメントしていたが、そんなのんきな男ではない。

。。。。。。。。。。

そこで、展開を考える。

前に行きたいユタカは当然ウオッカを閉じ込めてから行くはず。

さらにその外から、これまた前に行きたいアンカツはぎゅ~っと内を締めてから上がって行くと思う。

後ろからの競馬を余儀なくされるウオッカ

で、鞍上の四位

こいつ、重賞で人気になると後ろから行って、大外ぶん回す癖がある。爆

思い出すのがウオッカのお父さん、タニノギムレッ皐月賞

やっぱり人気になって外ぶん回して3着。

これと同じことをしないとは限らない。

そういう訳でウオッカは対抗まで。笑

あとはウオッカが3着の可能性も考えて

カタマチボタン。復帰した藤田の一発が怖い。

ハギノルチェーレ。こう言うタイプが一番やっかい。爆

カノヤザクラ。昨日も書いたが、もしかしたらファルコンSってすごくレベルが高い可能性有り。

フローラルカーヴ。それなりのランクの牡馬たちと勝ち負けしてきたのは侮れない。

アストンマーチャンできれば飛んで欲しい。爆

エミーズスマイル寒竹賞勝った馬は怖い。

。。。。。。。。。。

馬券は馬連、馬単。

それと

1着ダイワスカーレット

2着ウオッカ

3着上記6頭

1着ダイワスカーレット

2着上記6頭

3着ウオッカ

の三連単。

。。。。。。。。。。

これでウオッカに勝たれたら

やっぱり馬が強かったってことです。笑

2007年4月 7日 (土)

明日の資金、溶けかけてきたぞ。笑

午前中に書いた3レースだけ買ってたオイラ。

まず、中山8R

オンシジュームから買ってたオイラ。

今回は人気になるとは思っていたが

まさか1番人気とは。。。

で、なかなか強い競馬で見事1着。

2着に2番人気のリンクスクイン

馬連、馬単共に当たったが

これがまたちっとも儲からない。爆

かろうじてプラスだったけどね。

。。。。。。。。。。

ニュージーランドT

オイラの本命マイネルレーニア

ユーチャリスの逃げを2番手追走。

結構ハイペースな感じ。

おいおい、大丈夫か?

と、思ったオイラ。

直線に向いたところで一瞬先頭。

しかし、3番手を追走してたトーホウレーサーにあっさりと交わされる。爆

この2頭の馬連も持ってたのでマイネルレーニアが踏ん張ってくれることを願ったが

坂を上がったところで

完全にへこたれた。爆

あっと言う間に後続に飲み込まれ9着。

結果は

トーホウレーサーマイネルフォーグワールドハンターの順で入線。

荒れましたな。。。

で、勝ったトーホウレーサー

予想にも書いたけど、前走逃げ粘ってナムラマースの04秒差の5着。

ナムラマースは今年の3歳ではかなり上位ランクの馬。

そう考えると今日は人気が無さ過ぎたよね。

だって、オイラ、普通に対抗に考えてたけど

単勝5110円って聞いてビックリしたもん。笑

2着のマイネルフォーグは連闘での叩き2戦目がハマった感じですかねぇ。

3着のワールドハンターについてはよく解りません。爆 もしかしたらファルコンSってすごくレベル高かったのかも。

今後、ファルコンSに出走してた馬たちが出てきたら注目です。

対照的にスプリングS組はレベルの低さを露呈してしまいましたね。

まぁ、たぶんみんな判ってると思うけど。爆

。。。。。。。。。。

阪神牝馬S

完全にお遊びで買ってたオイラ。笑

今日の負けはレース前に決まったようなもん。

本命にしたテイエムプリキュアは最後方から。

もう、この時点で完全に諦めた。爆

しかし、レースは荒れた。

5番人気のジョリーダンスが1着。

3番人気のアグネスラズベリが2着。

断然グリグリ1番人気のディアデラノビア

なんと3着に沈んだ。

わからんもんですな。。。

お遊びで買わなかったらアグネスラズベリから買おうと思ってたけど、ジョリーダンスはきっと買わなかったなぁ。

。。。。。。。。。。

今日は大した金額買ってなかったから

傷口は小さくて済んだけどね。。。

明日の桜花賞、がんばろっと。笑

明日の資金、増やすか溶かすか。

ニュージーランドT

本命マイネルレーニア

朝日杯FSで先行して5着。それ自体はたいして評価出来ないが、同コースの重賞を経験してるのが強み。

前走も離されたとはいえトーセンキャプテンの3着に粘った。

ここも期待。

相手は

ヤマニンエクレール。なんか切れなかった。笑

ハロースピード。実績は上だけど、展開に注文がつくから評価を下げた。

トーホウレーサー。前走逃げてナムラマースの04秒差の5着は立派。

シベリアンバード。こいつも何か切れなかった。笑

スズカコーズウェイ。仕方なく。爆

ムラマサノヨートー。買う気無かったんだけど、朝、単勝が変な売れ方してた。ドカンと誰かが投票した可能性大

。。。。。。。。。。

阪神牝馬S

あまりに固そうなので

全く人気にならないJpnⅠ馬から。爆

本命テイエムプリキュア

ここ3走牡馬相手、前走ダート、安部幸に鞍上大幅強化。大駆けがあるとしたらココしかないぞ。爆

相手は

アグネスラズベリアサヒライジングディアデラノビア、という常識的な3頭へ馬連、馬単。

もちろん100円ずつ。爆

。。。。。。。。。。

おまけで中山8R

会社の先輩S氏の一口持ち馬オンシジューム

今日勝たないとS氏凹むぞ。笑

⑩から③、⑧、⑨、⑬。

さて、明日の資金は増えるでしょうか。笑

2007年4月 6日 (金)

オンシジューム、明日こそ勝てるか?

今週ずっとココログの文字が小さいと

ぶ~たれてたオイラ。

事態は意外と簡単に決着した。

。。。。。。。。。。

会社で食べてる先月の仕出弁当代7350円

隣の部署のK君がまとめて集めている。

昼休みにK君に持っていったオイラ。

7000円はいいとして

小銭入れの中には338円しかなかった。

まず7000円渡して

100円を3枚

10円を3枚

1円を8枚

。。。あ、12円足んないや。

と、ボケるオイラ。

暫し沈黙の後、K君

・・・あぁ、ビックリした。

いや、どっかで止めて欲しかったんだけど。爆

。。。。。。。。。。

で、K君と同じ部署の

前にも登場したDS氏

オイラの知り合いで唯一このブログを読んでくれている。

オイラ、こう訊いた。

ココログの文字小さいよね?

DS氏

え、変わってないよ?ブログにも書いてたけど、俺のパソコンだと今まで通りだけど?

・・・まじっすか??

だって、他のところは何も変わってないのにココログ関係のページだけ文字がちっちゃいんだけど?

マナベカヲリのブログもちっちゃくなってたよ?

。。。。。。。。。。

でさ、さっきインターネットの文字のサイズいじってみましたよ。

そしたらさ、

アッサリ直りやがった。爆

でもさ、でもさ、ココログ以外は何ともなくてさ

ココログ関係のページ開いた時だけ

文字が小さかったんだもん。

オイラのせいぢゃないさ!爆

。。。。。。。。。。

もひとつ身内ネタ。

会社の先輩S氏が一口持ってる

オンシジューム

明日の中山8Rに出走。

前走、ボストンキコウシの2着で

馬連4410円、しっかりGETしたオイラ。

明日もおすすめですぞ。

で、今日、オイラS氏にこう言った。

・・・明日勝って放牧といきたいですよね?

S氏

そぉなんだよ。明日勝てなかったら泣くよ。

・・・何とかなるんぢゃ?

でもさ、明日勝てなくても福島に行けば力が違うから、勝てるからいいや。

・・・明日勝ちましょうよ。笑

ワイド、馬連、馬単の順でお勧めします。爆

。。。。。。。。。。

ごめん、今日

競馬のネタ、これだけ。爆

2007年4月 5日 (木)

みんな外枠だぁ。

ココログの文字がちっちゃいまんまですけど

仕方ないのでネタ再開。笑

今週は桜花賞。

まずは2日前の競馬ラボの記事。

。。。。。。。。。。

先週の阪神競馬を見て「オヤッ?」と思われた人が何人いるだろうか。

そう、今週は桜花賞が控えているというのに、肝心の桜がまだ開花していないのだ。

その事をある厩務員に話してみると「早く咲きすぎると本番前に散ってしまうから、造園課が根本に氷水をまいて微調整をしているんだよ。だから、いつもレース当日は満開だろ」とからくりを丁寧に説明してくれた。

。。。。。。。。。。

おぉ、知らなかったぞ。

こういうところはエライな、JRA。爆

そんな桜花賞の枠順が決定。

。。。。。。。。。。

1-1  ショウナンタレント(牝3、柴田善臣・二ノ宮敬宇)
1-2   アポロティアラ(牝3、勝浦正樹・柴崎勇)
2-3   カタマチボタン(牝3、藤田伸二・加藤征弘)
2-4    クーヴェルチュール(牝3、鮫島良太・国枝栄)
3-5    レインダンス(牝3、武幸四郎・宮徹)
3-6   ローブデコルテ(牝3、福永祐一・松元茂樹)
4-7   イクスキューズ(牝3、北村宏司・藤沢和雄)
4-8    ピンクカメオ(牝3、蛯名正義・国枝栄)
5-9   アマノチェリーラン(牝3、池添謙一・湯窪幸雄)
5-10  ハギノルチェーレ(牝3、岩田康誠・松永幹夫)
6-11  ニシノチャーミー(牝3、藤岡佑介・浅見秀一)
6-12  カノヤザクラ(牝3、上村洋行・橋口弘次郎)
7-13  フローラルカーヴ(牝3、柴山雄一・堀宣行)
7-14  ウオッカ(牝3、四位洋文・角居勝彦)
7-15  アストンマーチャン(牝3、武豊・石坂正)
8-16  ベリーベリナイス(牝3、秋山真一郎・増本豊)
8-17  エミーズスマイル(牝3、内田博幸・出川龍一)
8-18  ダイワスカーレット(牝3、安藤勝己・松田国英)

。。。。。。。。。。

3強、全部外枠ぢゃん・・・。

コースが改修されて、今までとは違うとは思うけど

な~んか、やだなぁ。

今のところダイワスカーレット本命に考えてるんだけど

よりによって大外って・・・。

穴指名しようとしてた馬も

外のほうにいるし。爆

日曜の午前中には結論出します。

。。。。。。。。。。

最後にめざましテレビネタ。

元気のみなもと!で

今日はウドを紹介したんだけど

中野美奈子さん、疲れてるようです。

散々ウドのメニューを紹介して

最後の締めのお言葉。

フキで疲れをフキ飛ばせぇ~。

・・・ウドだから。爆

2007年4月 4日 (水)

うぅむ、まだ直ってない・・・。

ココログの字、小さいですよね?

オイラのパソコンだけぢゃないですよね??

ずっと、このままなんだろうか・・・?

過去の記事の文字を大きくしたところなんか

逆に小さくなってるし。

いくつか書きたいネタはあるんだけど

なんか今ひとつ書く気になれん・・・。

今週は桜花賞だっつぅのにねぇ。

週末もこのままだったら

諦めて予想も結果報告も

このまま書くけど

なんか

笑いがとれない気がするぞ。爆

いつも読んで下さってる皆さん、

すみませんが今日もネタは書きません。

クレームは是非、ココログまで。爆

2007年4月 2日 (月)

ありゃりゃ。

たまぁにあるんだけど

ココログ全体の表示がおかしいので

今日は書くのやめときます。

なんか、折角書いても

ネタのニュアンスが伝わらないと嫌だし。

カテゴリーの選択すら

思うようにできません。笑

明日には直ってることを願ってます。

なのでオイラのくだらないネタは

また明日。笑

2007年4月 1日 (日)

東西とも、叫びどころナシ。笑

ダービー卿CT

お約束通りダンスインザモアの出遅れで始まる。爆 ・・・馬にも鞍上にも出遅れグセがあるから仕方ないね。

レースは予想通りロイヤルキャンサーニシノデューが引っ張る速い流れ。

オイラの本命グレイトジャーニーは後方待機。

まぁ、こんなもんだろ。

と、見ていたオイラ。

直線に向いたところで

どうもグレイトジャーニーの反応が悪い。

おまけに出すとこ無さげ。

おいおい、と思いつつ

実はインセンティブガイからも馬券を買ってたオイラ。

先行集団に目をやると

そのインセンティブガイの内をあっと言う間にピカレスクコートが交わして行った。

続いてコイウタも交わして行く。

外からはマイネルハーティー

かすかな望みを抱き、一応後方に目をやると

グレイトジャーニー、相変わらず前がつかえてた。爆

結果はピカレスクコートコイウタマイネルハーティーの順の入線。

結構荒れましたな。

・・・ってゆ~か、マイネルハーティーの複勝、1000円もついてたんだね。買っときゃよかった・・・。

°°-y( ̄。 ̄ )

。。。。。。。。。。

何か、黙ったままタバコを吸ってるうちにレースが終わってしまい、ちょっと嫌な予感がしてきたオイラ。

大阪杯がスタート。

こっちも予想通りシャドウゲイトが逃げてアラタマインディが追いかける展開。

コスモバルクは4~5番手、その後ろにメイショウサムソン、そしてオイラの本命ホッコーソレソレー

どうやら相手をマイペースで逃げてるシャドウゲイト1頭に絞ったと思われるメイショウサムソンが3~4コーナーで動きだした。

コスモバルクは反応が悪く、全く動かない。

ホッコーソレソレー、ここで一緒について行け。

と、思ったのも虚しく

肝心の勝負どころで完全に遅れをとった。爆

直線ではシャドウゲイトメイショウサムソンの一騎打ち。

実はシャドウゲイトからもGⅠ馬JpnⅠ馬の2頭に馬単を買ってたオイラ。

アンミツ、粘れ!

と、叫ぼうとしたが

あっさり交わされた。

叫びどころナシ。爆

結果はメイショウサムソンシャドウゲイト、最後後方から突っ込んできたメイショウオウテの順で入線。

ホッコーソレソレーは勝負が決まった頃、

べろ出しながらバカ面こいて突っ込んできたが5着。

心の中だけど唯一叫んだ瞬間。

( ̄  ̄メ)

おせーよ。

結局この馬、上がりの脚は凄いのに勝負どころで置いて行かれるから勝ちきれないのね。

今日、じっくり見ててよ~く解った。笑

好調御神訓に乗った。

まずはアドマイヤムーンドバイDF優勝おめでとう。

ダイワメジャーも3着に健闘したそうです。

。。。。。。。。。。

ダービー卿CT

本命グレイトジャーニー

中山記念から東風Sは昨年と同じローテーション。

前走も後方から差してきて03秒差。

着順ほど負けてない。

鞍上に御神訓くんを迎えたように恐らく初めからココ狙いだと思う。

対抗はインセンティブガイ

前走、先行して最後にぐいっと伸びたのはこの馬だけ。

あとは

マイネルハーティー。前走の上がりの脚はイチバン。

コイウタ。軽量、中山好き。

ロジック。鞍上ウチパクだし。笑

ダンスインザモア。なんか最近調子良さそう。笑

。。。。。。。。。。

大阪杯

GⅠ馬とJpnⅠ馬が始動。爆

どっちも59kgで先行馬。

昨日のレースを見てると完全に差しが決まってる。

なのでココは敢えて評価を下げる。

本命ホッコーソレソレー

常に安定して速い上がりの脚が使える。

前走も直線でごちゃついて一瞬下がるも、根性見せて差し返してきた。ここも差しきり期待。

ただ、お父さんのキングヘイローによく似て

やたら首が高いのがちょっと心配。爆

対抗はタガノデンジャラス

前走の脚が使えれば。

イワタだし、何とかするだろ。笑

あとは

メイショウサムソン。敬意を表して。

アサカディフィートコイツ、買わないと来るんだもん。爆

コスモバルク。ホントは本命にしたいんだけど、どうも休み明けの59kgだと詰めが甘そうでねぇ。

シャドウゲイト。差し馬が不発の場合は逃げ切り濃厚。

あと、サンバレンティントリリオンカットを押さえでちょっとだけ。

。。。。。。。。。。

アンカツとユタカとユーイチがいないと

何か予想しづらいよね。笑

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »