« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

予想も結果もケントク買い。笑

ここ2~3週間、パブロンゴールド(微粒)を愛飲しているオイラ。

相変わらず調子が悪い。笑

今日も朝からくしゃみを連発。

ブログを始めてから

土日は午前中に予想を書いて、夕方には結果報告を欠かさず書いてきたが

今日は重賞もないし、予想する気力も無かったので、久々にゆっくりした午前を過ごした。

・・・洗濯はしたけどね。爆

でも、そこはオイラ。

予想はしなくても馬券は買う。爆

なになに、船橋市市制施行70周年記念

レース名、長っ!!

この時点で完全に予想を拒否。

当然、ケントク買い。笑

フナバシだから、2、7、8、4の

馬連、ワイド、枠連のBOX。

。。。。。。。。。。

くしゃみが止まらなかったオイラは

お昼にキムチラーメンにニンニクをたっぷり入れ

チャーハンに生卵を乗せて

滋養強壮を試みた。笑

で、横になってお昼寝。

・・・何やら気分の悪い夢を見て

ふと気がついた時は16時。

レース終わってるぢゃんか!!

慌ててUHFの競馬中継をつけて結果確認。

すると、7、11、9 の順で入線していた。

あぁ、馬連もワイドも枠連もハズレたか・・・。

で、ふと気付く。

7、11、9 ? 

70周年記念?

7 と、10の周り?

それで、11と9?

IQサプリかっ!爆

・・・・・・・・・・。

どこまでも現実を見つめず

ケントク買いで納得しようとするオイラです。爆

2007年3月30日 (金)

重賞表記、意外とつまらない決着へ。

28日のブログで

帝王賞はきっと

(GⅠ)(JpnⅠ)(LocalⅠ)

って表示になるぞ。

って書いたオイラ。

事態は意外とつまらない決着を見せた。爆

。。。。。。。。。。

 関東地方公営競馬協議会は30日、南関東重賞競走の格付け表記について、国際セリ名簿基準委員会(ICSC)が定めるパートI国の基準に従い、平成19年度(4月1日)より、従来の「G1」表記から「SI」に変更することを発表した。交流重賞については既報の通り「GI」から「JpnI」へ変更となる。詳細は以下の通り。

◆交流重賞の表記
 交流重賞の格付の表記は、従来の「GI」、「GII」、「GIII」競走を、それぞれ「JpnI」、「JpnII」、「JpnIII」に変更する。
 なお、従来の交流重賞で行っていた南関東重賞の格付との併記は行わない。


◆南関東重賞の表記
 交流重賞以外の南関東重賞の格付の表記は、従来の「G1」、「G2」、「G3」競走を、それぞれ「SI」、「SII」、「SIII」に変更する。
※「S」とは、Stage(ステージ、〔活動の〕舞台、〔進歩の〕段階)、South(南方〔南関東の南〕)、Special(特別な)等を表す略称。

。。。。。。。。。。

交流重賞の併記は行わない、ですか。

な~んだ、つまらん。笑

と、言うことは

帝王賞JpnⅠ

東京ダービーSⅠ

と、言うことですな?

すると、兵庫チャンピオンシップJpnⅡだけど

大井記念SⅡ

ってことですよね。

・・・なんか「S]より「Jpn」の方が

偉そうで、ヤだ。爆

でもさ、

「G1」より「SⅠ」の方が

かっこよく見えるのは

「1」と「Ⅰ」の数字のマジックだろうか?爆

。。。。。。。。。。

本音を言うとね

重賞の表記なんてなんでもいいぢゃん。

日本の競馬のレベルは間違いなく上がってるんだからさ。

GⅠもJpnⅠもSⅠも

間違いなくレベル高いって。

だからさ、

まずは、明日のドバイで

実力見せてやってくれ。笑

2007年3月29日 (木)

シーイズトウショウ引退。辛い過去を思い出した。

昨日、浅草線のネタを予告したまではよかったが

今日、浅草線の事故で電車が止まり

1時間ほど余計に電車の中にいたオイラです。爆

・・・おかげで腰が痛いぞ。

。。。。。。。。。。

高松宮記念の出走前から言われてましたが

シーイズトウショウの引退、繁殖入りが正式に発表されました。

スプリント重賞5勝を挙げるなど短距離戦線で活躍していたシーイズトウショウ(牝7、栗東・鶴留明雄厩舎)が、29日付で競走馬登録を抹消することを発表した。今後は生まれ故郷の北海道新ひだか町(旧静内町)のトウショウ牧場で繁殖生活に入る。初年度はロックオブジブラルタル(その父デインヒル)を種付けする予定。

 シーイズトウショウは、父サクラバクシンオー、母ジェーントウショウ(その父トウショウフリート)という血統。伯母にシスタートウショウ(91年桜花賞-GI)、伯父にトウショウオリオン(98年北九州記念-GIII)従弟にスリーアベニュー(07年ガーネットS-GIII)がいる。

 02年8月にデビューしてから短距離を主戦とし、03年CBC賞(当時はGII)、04、05年函館スプリントS(GIII)連覇、06年CBC賞(GIII)、06年セントウルS(GII)を制するなど、重賞5勝全てをスプリント戦で挙げている。その他にも、03年桜花賞(GI)2着、05年テレビ愛知オープン(中京・OP)では1分06秒7のコースレコード勝ち、昨年創設されたサマースプリントシリーズでは初代王者に輝くなどの数多くの実績を残している。通算成績38戦7勝(うち海外1戦0勝、重賞5勝)。

。。。。。。。。。。

前走はさすがに中京最終週で最内枠だったので本命にはしませんでしたが

結構好きな馬だったので、よく本命にしてました。

・・・そんなことより、記事の中に

嫌な、と言うか、助けられた、と言うか

びみょ~な名前を見つけてしまいました。

トウショウオリオン(98年北九州記念-GIII)

。。。。。。。。。。

当時、オイラは首都圏に30数店舗を展開してた輸入物を中心とした服飾雑貨を扱う某ショップの

新宿店の店長をしていた。

そこに赴任したのはその1年半前。

本人の承諾なしに、会社の実験台として固定給+利益に対する歩合給という準フランチャイズシステムでやらされた。

いや、正確に言うと、やってもいいけどきちんと契約書を交わしてくれと頼んだのにも拘わらず交わしてくれなかったんだけどね。

頑張ったオイラ。

1年でそれなりの利益を出した。

・・・ホントは毎月くれるハズの歩合も1年後にまとめてくれたけどね。しかもオイラが散々文句を言って。笑

で、1年経った4月半ばのある日、店長会があった。

そこで、あのクソ社長、オイラにこう言い放った。

店長の店さ、今月からフランチャイズになってるから。

・・・・・・・・・・。

はい・・・?

いま、なんて??

・・・・・・・・・・。

そんな大事なこと

本人の承諾なく決めてしまったんですか?

ちなみに、当然ながら

契約書は交わしてません。爆

そんなこんながあって

いつの間にやらフランチャイズオーナーになってしまったオイラ。

かなり気の毒。爆

それだけならともかく

頼みもしないのに

本部から、社員預かってくれ、とか言われて

入れ替わり立ち代り

余計な人件費を払わされる始末。

とうとうオイラの手取りは

10万になり5万になり

終いにゃ0円に。

ソフトバンクぢゃないっつ~の。笑

しかもその間、毎月の休み1~2日。

ひどい人生だった・・・。

。。。。。。。。。。

ところが、おもしろい事に

そう言う時に限って競馬ってあたるんだよねぇ。爆

たしか5週連続で、単勝とか複勝とか馬連を

1点買いでぶち当てた。爆

その中の1頭が上記のトウショウオリオン

12番人気だったんだけど

鶴留師だったか厩務員だったかのコメントがやたら強気だったので買ったんだけど

鞍上は当時、まだアンちゃんだった池添くん

人気もないし、とりあえず複勝でも買っとくか。

と、なけなしの金、1000円購入。

・・・結果、1着。

単勝4250円、複勝1120円。

おぉ、当面のめし代ができた。

と、喜んだ直後、

なんで単勝買わなかったんだろ・・・。

結構凹んだオイラでした。爆

ちなみにその会社

オイラ、その約1ヶ月後に辞めたんだけど

オイラが辞めて3年後位に倒産しました。爆

2007年3月28日 (水)

「重賞」の表記、ややこしくなるぞ。笑

今日は小ネタが無いので

競馬の話から。爆

・・・いや、ほんとは昨日おもろいネタがあったんだけど

ココログのメンテナンスで昨日書けなかったので

書く気が失せた。爆

予告

「都営浅草線車内アナウンス、君、大丈夫か?」

乞うご期待。笑

・・・いつ書こうかなぁ。爆

。。。。。。。。。。

このニュースは書かない訳にいかないでしょ。

 JRAは28日、中央競馬の平地重賞競走の格付け表記について、国際セリ名簿基準委員会(ICSC)が定めるパートI国の基準に従い、国際格付け(G)を持つ競走とそれ以外の競走(Jpn)とに分類することを発表した。

 ICSCが定める基準は、(1)外国調教馬が出走できる国際交流競走であること、(2)過去3年間のレースレーティングの平均が基準(GI=115、GII=110、GIII=105)を満たしていること、(3)新設後3年間の競走実績があること、の3つで、これらを満たされない競走は「G」の表記を使用できないことになる。


 これまでのGIレース全22のうち、日本ダービーや桜花賞など3歳クラシックレース全てと、2歳戦、昨年新設されたばかりのヴィクトリアマイルを含む計10Rが「G」から「JpnI」の表記に変更されることになる。交流重賞も同様で、東京大賞典や名古屋大賞典など地方で行われる交流重賞は全て「Jpn」表記になる。

 なお、この変更は07年からで、06年までのレースについては現状通りの「G」表記になり、既に行われた今年の競走でも基準に満たないレース(スプリングS)などは「Jpn」表記になる。


 また、JRAホームページや馬券、ウインズ、競馬場などでの表記については各システム、プログラムなどの改修が必要になるため、全面的な変更は08年末になる予定。

【JRA平地重賞競走の表記内訳】
I(22レース)…GI(12)、JpnI(10)
II(34レース)…GII(16)、JpnII(18)
III(65レース)…GIII(31)、JpnIII(34)
計(121レース…国際格付け(59)、それ以外(62)

【現GIレースの表記一覧】
◆GI
フェブラリーS
高松宮記念
天皇賞・春
安田記念
宝塚記念
スプリンターズS
天皇賞・秋
エリザベス女王杯

マイルCS
ジャパンCダート
ジャパンC
有馬記念

◆JpnI
桜花賞
皐月賞
NHKマイルC
ヴィクトリアマイル
オークス
日本ダービー

秋華賞
菊花賞
阪神ジュベナイルフィリーズ
朝日杯フューチュリティS

。。。。。。。。。。

オイラは基本的に競馬の国際化には賛成の立場。

日本の馬が外国に行って

良い成績を残すようになって随分たった。

別に、日本の馬が外国に行ったから

日本のレースにも外国の馬を呼べって話ではない。

どんなジャンルでも

もう、単位は「世界」になってるのは

当たり前のこと、だと思う。

日本の最強馬は世界ではどのランクなんだ?

って、絶対にみんな興味持ってるハズ。

ぢゃなかったら

日本の馬が凱旋門賞に行って

あんなに盛り上がるわけないでしょ?

ジャパンCだって

当初は外国の2流馬にすら勝てなかったけど

今では凱旋門賞やBCの勝ち馬が来たって

普通に勝ち負けぢゃん。

。。。。。。。。。。

でもね、2、3歳戦、要はクラシック路線に関しては

ムリに開放しなくてもいいかな、と思ってます。

国内で競馬に携わる人たちの希望だしね。

ここまでは国内で最強馬決めようよ。

そして古馬になったら世界からいつでも

挑戦受けたるぞ。

ってスタンスでいいのかなぁ、と。

ダービーJpnⅠになったからといって

格が下がるとは思ってないし、

それこそ

皐月賞馬のダイワメジャーがドバイでいい成績を残してくれたら

(GⅠとなる天皇賞とマイルCSも勝ってるけどね。笑)

JpnⅠはGⅠと同じ格なんだぞ

ってことが示せると思います。

。。。。。。。。。。

で、ひとつ気になったこと。

交流重賞ってさ

今までは、帝王賞(GⅠ)(G1)

とか、ダイオライト記念(GⅡ)(G1)

みたいに表示してあったでしょ?

と、いうことは

ダービー(JpnⅠ)

天皇賞(GⅠ)(JpnⅠ)

って表記になるんですかね?

マスコミは

例えばディープインパクトについては

JpnⅠ3勝、GⅠ4勝

って書くのか

JpnⅠ7勝(内、GⅠ4勝)

って書くのか、興味がありますね。笑

。。。。。。。。。。

でさ、オイラが一番気になってるのは

交流重賞がどう言う表記になるのか。

統一グレードはみんなJpnになるんだから

例えば帝王賞は今まで(GⅠ)(G1)

だったのが、帝王賞(JpnⅠ)(LocalⅠ)

とかなるんですかね?笑

さらに、もっと懸念してるのが

交流重賞が国際化された場合。

きっと、こんなになるぞ。

帝王賞(GⅠ)(JpnⅠ)(LocalⅠ)爆

2007年3月26日 (月)

ジョージワシントン現役復帰で思うこと。

最近、寝ても寝ても眠くてしょうがないオイラ。

休日も一応早起きして洗濯やら何やらするが

お昼ごはん食べた後、必ず昼寝をする。

なので、メインレースの他に8Rとか9Rとか買ってても

まず見てない。爆

なので、JRAのHPで後からVTRで確認。笑

・・・そんな話を会社の同僚のヒゲS氏としていた。

ヒゲS氏。

寝るのは体力がいるって言いますからねぇ。

す~さん、体力有り余ってるんぢゃないですか?

オイラ。

そうだよねぇ。歳取ると早起きするのは体力が無いからって言うからねぇ。

・・・でも、一人身なのに体力が有り余っても。爆

そう言うわけで、オイラと付き合ってくれる奇特な方求む。

でもオイラ、自分で言うのも何だけど

見た目と精神年齢は若いぞ。爆

。。。。。。。。。。

こんなニュースがありました。

今年から種牡馬入りしたものの、生殖能力の問題から現役復帰が決まったジョージワシントン George Washington(牡4)が、愛・A.オブライエン調教師のバリードイル調教場に戻り、運動を再開したことがわかった。5月27日のタタソールズゴールドC(愛G1)に登録を済ませているが、復帰戦については未定。

 ジョージワシントンは、父デインヒル、母Bordighera(その父Alysheba)という血統の愛国産馬。05年5月にデビューし、06年英2000ギニー(英G1)、06年クイーンエリザベス2世S(英G1)、05年愛ナショナルS(愛G1)、05年愛フィーニクスS(愛G1)、05年レイルウェイS(愛G2)を制覇。昨年のBCクラシック(米G1)6着を最後に現役を引退していた。通算成績10戦6勝(重賞5勝)。


 今年から愛・クールモアスタッドで種牡馬入りしたが、生殖能力に問題があることが判明。急遽種牡馬入りとなった同厩舎のホーリーローマンエンペラー Holy Roman Emperor(牡3、父デインヒル)と入れ替わりになる形で、現役復帰が決まった。
。。。。。。。。。。

種牡馬になるタイミングは概ね3つのパターンがある。

・・・それなりの競争成績を残してるか、もしくは良血か、と言う大前提はあるが・・・。

それなりに成績を残し、そろそろいいだろ。ってのがいちばん一般的だよね。

次は、GⅠを勝ってまだまだこれからって時に(もしくは良血なのに)

怪我をして引退→種牡馬入りを余儀なくされる場合。

最後に、成績も残しまだまだ走れるんだけど

熱望されて種牡馬入りする場合。

この場合は、新しいスター種牡馬が欲しい場合と

これだけの馬が怪我なんかされて予後不良になんかなったらたまんないって場合があると思う。

この最後のパターンに当てはまるのが

最近ではシンボリクリスエスディープインパクトと言う

ビッグネーム2頭。

この2頭の種牡馬入りについては

・・・個人的な感想を言えば、それぞれあと1年走って欲しかったってのが正直なところですが。

経済動物と言う側面や、サンデーサイレンス亡き後という現実を考えると仕方の無いこと、だったと思う。

で、もしも、もしも、ですよ、

この2頭が生殖能力に問題あり、ってことになったら

はたしてジョージワシントンのように

現役復帰するんでしょうか?

いや、できるんでしょうか?

たしかオイラの記憶違いでなければ

現役登録抹消して種牡馬登録した馬は

現役復帰できないって聞いた気がするんだけど・・・。

もし、仮に現役復帰できたとして

シンボリクリスエスはともかく

ディープインパクトみたいに

ファンが大泣きして引退した馬は

・・・ってゆ~か、大泣きして送り出したファンは

素直に復帰を喜んでくれるのか?

なんか、びみょ~だよね。笑

でも、ホントにこう言う万が一の事態に備えて

JRAも考えて欲しいし

我々ファンも

広い心を持つようにしようね。笑

2007年3月25日 (日)

8枠3頭。内2頭は持ってた、が。笑

高松宮記念

予定通りの重馬場。

馬券は馬連BOXで買っていたオイラ。

オイラの一応の本命プリサイスマシーン

好スタートから番手をキープ。

馬場のいいところを通りながら直線へ。

心の中の対抗オレハマッテルゼはその前で似たような競馬。

心の中の3番手スズカフェニックスはスタート後、徐々に押し上げ、直線に向く時にはプリサイスマシーンをピッタリとマーク。

アンカツをマークするユタカ

・・・先週の阪神大賞典を思い出す。

ユタカ、余計なことしおって・・・。

でも、今日は馬単ぢゃなく馬連で買ってるから、

ま、いっか。

と、思ったオイラ。

しかし、ユタカはやってくれた。爆

追い出すタイミングを計るユタカアンカツ

そしてユタカアンカツの外から追い出した時

前にいたオレハマッテルゼが外にヨレた。

( ̄  ̄メ)  ゴトウ、テメ・・・。

完全に前を塞がれたアンカツ。

・・・ユタカが追い出したら、たまたまゴトウがヨレたのか

ゴトウがヨレそうなのをユタカは一瞬に感知して追い出したのか。

たぶん、後者。爆

このくらいエゲツナイことしないと

トップにはなれないんだな

と、思った先週と今週。笑

何事も無かったようにユタカは後続を引き離し

スズカフェニックスが1着。

不利を受けたプリサイスマシーン

体勢を立て直して突っ込んでくる。

しかし、その外からピンクの帽子が突っ込んできた。

8枠はオレハマッテルゼスリーアベニューも買ってたオイラ。

一瞬、獲った、と思った・・・。

17番。

あれ?オイラが買ったのは、たしか16番と18番。。。

・・・・・・・・・・。

ペールギュント?上村??

 ????

(・_・)   ナンデ??

馬券を外したことよりも、頭の中が

ナンデ? ナンデ? ナンデ?・・・爆

で、ふと思い出した。

あぁ、コイツたしかノド鳴りだった・・・!

久しぶりに空気が湿って良い感じだったんだろうな・・・。

。。。。。。。。。。

いつも競馬が終わった後に

大事なことに気が付くオイラです。爆

差し馬と重上手のBOXで。笑

高松宮記念

正直、よくわからん。爆

一応の本命プリサイスマシーン

先週から完全に差しが決まるようになった中京。

前走の阪急杯で、直線で行き場をなくしながら

差し切った脚はかなりのもん。

ここでも差し切りを期待。

相手は

サチノスイーティー。重馬場での前残りがあればこの馬。

スズカフェニックス。差し脚はイチバンだけど、やや内枠なので評価を少し落とした。

オレハマッテルゼ。昨年の勝ち馬。左回り上手。重馬場上手。まさか後藤、今日は逃げないだろうな?笑

スリーアベニュー。良馬場だったら要らないと思うがこの条件なら。

馬券は上記5頭の馬連BOXと、

プリサイスマシーン1頭軸でシーイズトウショウエムオーウイナーを加えた三連複。

。。。。。。。。。。

マーチSは真剣に予想してないので買い目だけ。

⑪から⑦ ⑨ ⑬ ⑮ ⑯

馬連、馬単。

。。。。。。。。。。

今、東京は凄い風雨だけど(AM9:00)

名古屋はど~なんだろ?笑

2007年3月24日 (土)

両方的中。なのに回収率111%の怪。爆

日経賞

なんと、インテレットが逃げた。笑

あ~ぁ。と思ったオイラ。

一口持ってる会社の先輩S氏の顔が眼に浮かぶ。

きっと、スタート早々

ごと~っ!!!

とか言って、怒ってんだろうな・・・。爆

そして、突っかかるようにフサイチパンドラブラックタイドエリモエクスパイア等がこれに続く。

ペースは決して速くはないが

きっと先団はキツイ流れ。

マツリダゴッホは2コーナーあたりで、一瞬行きたそうな素振を見せるも

その後はおりこうさんにその後ろで折り合ってる感じ。

オイラの本命トウショウナイトはさらに後ろの方で待機。

3コーナーあたりで前がわさわさと動き出した。

あ~、こりゃ完全に前に行った馬、全部潰れるわ。たぶん獲ったな。

と、余裕をカマシてたオイラ。

トウショウナイトの反応が鈍い。爆

( ̄  ̄メ)  ブシザワ・・・。

サイアク2チャクマデニハモッテコイヨ・・・。

直線に入るとマツリダゴッホが早くも先頭。

コイツからの馬単も押さえで買ってたオイラ。

まぁ、いいだろ。

と、思ってたところへネヴァブションが突っ込んできた。

トウショウナイトも後を追ってくるが

マツリダゴッホを交わすのが精一杯。

ネヴァブショントウショウナイトマツリダゴッホの順で入線。

馬単は外したものの

馬連、三連複的中。

しかし、人気サイドの決着だった為、さほど付かず。

しかも、トウショウナイトマツリダゴッホでほぼ堅いと思っていたオイラは

その1点を分厚く買い、あとはホントに押さえ程度しか買ってなかった。

馬連、三連複的中。なのにトリガミ。爆

(-_-;)  ムゥゥ。

。。。。。。。。。。

ま、毎日杯は当たるだろ、と気を取り直したオイラ。

オイラの本命ナムラマース

まぁ、どう考えてもここぢゃ負けないだろ。

と、余裕の構え。

後ろから行ったものの、直線では外からキッチリ伸びてきた。

まぁ、当然だわな。

あとは誰が2着かなぁ~♪

と、見てたら内で逃げたトーホウレーサーが粘ってる。

おぉ、押さえでしか買ってないけど

君が粘ると高配当だ。がんばれ~!

と、テレビの前ではしゃぐオイラ。爆

しかし、願いは届かず

後方から差してきたヒラボクロイヤル2着。

ニュービギニング3着。

ちなみにトーホウレーサーは5着。笑

馬単のみ買ってたオイラ。

ヒラボクロイヤルはしっかりと買っていた。

6番人気だし、そこそこ付くかなぁ。

・・・甘かった。爆

単勝は売れてなかったくせに

馬連、馬単のオッズ見たら

何か知らんがよく売れてる。笑

まぁ、それでもここはきっちりプラス計上。

。。。。。。。。。。

とりあえずトータルでもプラスだったので

いいことにしますが

2レース予想して、その2レースだけ買って、両方当たって

回収率111%。爆

これってどうなんだろ?笑

勢いか、実績か。

日経賞

勢いのあるマツリダゴッホ

実績のあるトウショウナイトか。

悩んだ末、トウショウナイト本命。

3走前は先週の阪神大賞典勝ちのアイポッパーを下し

有馬記念ではディープインパクトから09秒差。

着順ほど負けてない。

前走は今年の中距離戦線で中心の一頭になりそうなアドマイヤムーンの02秒差の3着。

唯一の心配は斤量ではなく鞍上。爆

相手はやはりマツリダゴッホ。この勢いはたぶん本物。笑

あとは

これも勢いのあるアドマイヤタイトル

実績に敬意を表してフサイチパンドラ

前走もお世話になったインテレット会社の先輩S氏の一口持ち馬。爆

距離伸びてネヴァブション

今回は先行を匂わせているトウカイワイルド

馬券は馬連、馬単。三連複。

尚、三連複はトウショウナイトマツリダゴッホの2頭軸で

上記5頭に加え、ブラックタイドビービートルネードまで流す。

あと、念のためマツリダゴッホからちょっとだけ馬単。笑

。。。。。。。。。。

毎日杯

ナムラマースでしょうがないでしょ。爆

戦ってきた相手が違いすぎるもん。

相手は

レベルが高かったと思われるエリカ賞組のブラックオリーブ

ゆきやなぎ賞で1、2着のヒラボクロイヤルメトロシュタイン

後者は特に、安部幸が先行してもたせてしまいそうな気が。

人気だけど、レベルが高かったと思われる先週のあざみで3着したザレマを前走下しているクレスコワールド

あとは押さえで

トーホウレーサータスカータソルテフォーミュラーワンをちょっとだけ。

。。。。。。。。。。

ほんとは前走の弥生賞で本命にしてすっ飛ばれたタスカータソルテを、しつこく追っかけようかと思ったんだけどね。

イワタからもう一度乗せてくれって頼んだみたいだし。

でも、またまた大外だったからやめました。笑

2007年3月23日 (金)

3歳サバ読み?かわいいもんでしょ。

今日はとっても残念なニュースから。

トーセンキャプテン骨折。

。。。。。。。。。。

JRAは22日、先月のアーリントンC(GIII)を勝ったトーセンキャプテン(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)に右第3足根骨板状骨折が判明したことを発表した。全治などについては不明。

 トーセンキャプテンは父ジャングルポケット、母は日本産でクレオパトル賞(仏G3)を勝ったサンデーピクニック(その父サンデーサイレンス)、祖母が伊オークス(伊G1)、伊1000ギニー(伊G2)に勝ち、90年伊3歳牝馬チャンピオンに選ばれたアトールという血統。


 1月13日の新馬戦(京都・芝1600m)、中1週で出走したこぶし賞(3歳500万下、京都・芝1600m)、2月24日のアーリントンC(GIII・芝1600m)と、無傷の3連勝で重賞制覇を果たし、4月15日の皐月賞(GI)に向けて調整されていた。通算成績3戦3勝(重賞1勝)。

。。。。。。。。。。

皐月賞はともかく、ダービーでは相当期待してたのになぁ。

同じくジャングルポケット産駒のフサイチホウオー

本命、対抗に考えてたのに。

お母さんのサンデーピクニック

ぴょこたんぴょこたんと走る馬で結構好きだったのに。笑

できれば引退なんかしないで

怪我を治して復帰できることを願ってます。

。。。。。。。。。。

話はガラっと変わるけど、

ナツカワさんの年齢詐称問題。

26歳だったのに23歳と偽ってたと

マスコミは大騒ぎ。

・・・正直、どうでもいいじゃん。爆

と、思ったオイラ。笑

芸能界ではよくある話だし、

要は、日常に例えれば

スーパーで売ってる「たらこ」に発色剤を使って、綺麗に見せて売ってる

のと、同じことでしょ?爆

どっちも商品なんだから仕方ないさ。笑

ほんと、かわいいもんですよ。

。。。。。。。。。。

オイラの母君、トミコさん

オイラの姪2人(要は孫)に

こう、呼ばせてるツワモノ

オイラが子供の時、定期券の年齢をフツーに詐称していた。笑

・・・ここまでは、どこにでもよくある話。

問題は、現在進行形。爆

トミコさんは歳を訊かれると

必ず、こう、答える。

ハタチ過ぎ。

・・・いや、あの、数学的には間違ってないと思うんですけど

一般的な社会通念として

それは20歳~23歳位の方が使うことを許可されてる言葉かとオイラは思うのですが・・・?

だって、ハタチ過ぎ、だもん。

・・・・・・・・・。

あのさ、

アンタ、

確実に3回はハタチ過ぎてるでしょ?爆

2007年3月22日 (木)

ハヤリモノ。

インフルエンザがまだ流行ってるようです。

流行に敏感だったり、そうぢゃなかったりするオイラ。笑

おとついからなんか具合悪い。

昨日は一日寝て過ごした。

今日も朝から風邪薬を飲んで過ごす。

・・・仕事はちゃんと行ったよ。笑

競馬のニュースを一通り読んだが

何もコメントする気になれず。

Gyao「OH!スーパーミルクチャン」を見て

死ぬほど笑う。

放送コード的に大丈夫なんでしょうか?爆

今、Ritchie Blackmore のベスト盤聴いてます。

Deep purple ~ Rainbow のライブで一人寂しく

盛り上がってます。爆

このまま寝てしまいそうなので

競馬のバカ話はまた明日。笑

2007年3月21日 (水)

「うまし国」論争。ここで乗らなきゃ、競馬界。

三重県と宮城県で何やら勃発した

「うまし国」論争。

ニュースとしては以下の通り。

。。。。。。。。。。

三重県の野呂昭彦知事は20日の記者会見で、宮城県などがJRグループと提携して2008年に行う大型観光キャンペーンで「美味(うま)し国 伊達な旅」というキャッチフレーズを使う方針を決めたことに対し「大変不愉快」と述べ、近く同県に抗議する考えを示した。
 三重県によると、美(うま)し国」という言葉は、「日本書紀」で海や山の幸に恵まれ、風光明美な伊勢志摩地方を指して呼んだのが由来。

 同県は以前から観光キャンペーンやイベントで「美し国」を使用。05年度から地元3市などと全国展開している伊勢志摩キャンペーンでも「美し国、まいろう。伊勢・鳥羽・志摩」を使い、今年1月、このフレーズの商標登録を申請したばかり。言葉の由来やこれまでの取り組みとともに三重県の主張を東京事務所を通じ、今月中に宮城県に伝える方針だ。 

。。。。。。。。。。

この時点で両知事の目的はかなり達成されたんぢゃないの?

全国にニュースで両県の「うまいもの」がかなり放映されたんだからさ。

ほんとはデキレースで、

これからさ、不快感を表明するから、そっちも何か反論しといて。

そうすれば、かなりメディアに取り上げられるでしょ?

なんて電話でやりとりしてたら大笑いだけどね。爆

。。。。。。。。。。

そこで、だ。

流行りモノには乗っかんなきゃ、地方競馬界。

「ウマし国」、論争ですよ?

もう、乗っかってくれと言わんばかりぢゃん。笑

どうせ両県のデキレース(?)なんだからさ

仲裁するフリして

どっちがウマい?三重、宮城ウマいもの対決~!

とかさ、

後半3レース、勝ち馬当てて三重、宮城の旅プレゼント~!

とかさ、

どうにでも乗っかれるぢゃん。爆

うまいこと対決を煽ってメディアを上手く使えば

三重も宮城も競馬場も潤って

三方一両トク

ぢゃん。爆(大岡越前守忠助が見たら怒るかね?)

なんでも上手に使わないと

経営は難しいよ。笑

。。。。。。。。。。

最後にちょっと気になった三重のコピー。

「美し国、まいろう。伊勢・鳥羽・志摩」

「美し国、まいう~。」

ではないんですね?爆

2007年3月20日 (火)

事故の直後は大橋師のこと笑えないって。

18日の競馬ラボ

こんな記事がありました。

。。。。。。。。。。

水曜日の朝のこと。まだ、調教が始まって間もないと言うのに、調教師スタンドで困り果てている大橋調教師の姿があった。

聞けば「来週の交流を使うんだけど、できれば臨場(鞍の確認作業)は誰かに任せたいんだよね。ウチの助手か加用さんにやってもらおうかなー」とポツリ。

3場開催では他厩舎に臨場を依頼することはよくあるが、平日に行われる地方交流となると、調教師が率先して行くのがだいたいのパターン。
それだけに、これだけ拒むのは何かあるに違いないと調べてみると、交流戦が高知競馬場で行われることが判明!


「今度行くのに、あんな事故が起こっちゃったからね。飛行機以外で行く方法はないのものか」と、高知空港で起きたボルト脱落による胴体着陸事故を心配していた。

成績が悪い馬でも常に前向きなコメントをする大橋師。
今回ばかりは、さすがに弱音を吐いていたそうな。

。。。。。。。。。。

普段あんまり飛行機に乗らない方は

何もそんなに心配しなくても。

と、思うでしょ?

・・・そうでもないよ。笑

。。。。。。。。。。

2001年9月11日。

皆さんご存知のあの事件。

アメリカのWTCに、乗っ取られた旅客機が突っ込んだ

最悪のテロ。

さすがにこの事件を笑いにするほどオイラは無神経ではありません。

当然、この事件には憤りを感じています。

・・・しかし、

その直後、恐怖と笑いはいっぺんにやってきた。笑

。。。。。。。。。。

その事件後まもなく、大分に仕事があったオイラ。

正直、飛行機には乗りたくなかった。

しかし、乗らないわけにはいかない。

仕方ないので大分出張。

その日、事務所の女の子に取ってもらった飛行機の席は

エコノミーの最前列。

ちょっと前にも書いたけど、当時、会社の取引の都合でJAS(まだJALと統合する前)をメインに使っていた。

オイラが座ったシートの前には

レインボーシート、ってのがあった。

簡単に言うと、ビジネスクラスとエコノミーの中間って感じ?笑

そしてその日。

オイラの前のレインボーシートには

なにやら外国人の団体様の姿が。

白人、中東系アジア人、等、いろんな人種の方々。

いや、別に人種によって差別するとか

そういうことでは、決してないんだけど

テロ事件の直後だけに

オイラ、相当ビビった。

エコノミーとレインボーの間はカーテンで仕切られる。

・・・オイラの目の前のカーテン一枚の向こう側では

いったい何が起きているんだろう・・・。

。。。。。。。。。。

ビビリまくったオイラの妄想をよそに

飛行機は無事、大分空港に着陸。

そして、飛行機から降りる時、

例の外国人御一行様は

お揃いのジャケットを着ていた。

そして、そのジャケットの胸にはこんな刺繍が。

FIFA 爆

・・・2002年ワールドカップの大分競技場の視察でしたか。笑

でも、

ほんとに怖かったんだぞ?爆

2007年3月19日 (月)

ほんとに地方競馬の危機だと思う。

第一報を聞いたのは

昨日のスーパー競馬だった。

岩手競馬廃止の方向へ。

はい??

正直、耳を疑ったですよ。

そして、今日きちんとした報道がなされた。

以下、Odds parkより。

岩手県の増田寛也知事は19日、岩手競馬廃止に向けた議案を臨時県議会に提出した。岩手県競馬組合の負債整理のため、297億5000万円を県が融資するという06年度補正予算案が県議会で否決されたためで、可決されれば岩手競馬は廃止となる。

 一方、競馬の存続を望む県議は、県の負担額を20億円減額した修正案提出を目指して調整中。競馬組合を県とともに構成し、存続を目指す盛岡、奥州両市も市の負担額を計20億円積み増しする新たな案を提示した。


 県が提出した議案は、競馬組合の330億円の債務のうち、06年度中に返済が必要な負債の県負担分を拠出することや、07年度にレースを実施しないことを前提にした人件費などを盛り込んでいる。

。。。。。。。。。。

この報道だと、まだ話し合いの余地が残されているように受け取れるけど・・・・・。

県の議案だと07年度はレースを実施しないことになってるし。

岩手競馬は南関以外では唯一 「統一GⅠ」 が施行されてるわけですよ。

南部杯マイルCSダービーグランプリ

メイセイオペラを筆頭に、強い馬も送り出してきたぢゃない。

・・・どうすんの、ほんとに。

これだけ実績のある岩手競馬が無くなったら

他の、今まで何とか堪えてた競馬場も

連鎖的に廃止に向けたベクトルが一気に加速しそうな気がするのは、オイラだけ?

JBC協会も大井競馬と揉めてる場合ぢゃないでしょ?

。。。。。。。。。。

競馬場を有する各自治体に問いたい。

今の、赤字のままの競馬でいいとは

オイラもさすがに思わない。

税金が投入されるわけだしね。

でも、

「文化」という名の下に作られた「文化を有しない」赤字の箱物。

そこに明らかに「文化が存在する」赤字の競馬。

廃止すべきものはどっち?

存続すべきものはどっち?

・・・両方廃止、って答えられたら何にも言えないけど。笑

競馬にはギャンブルと言う側面だけでなく、文化と言う側面もあるんだってことを

実績のある岩手競馬だからこそ示して欲しい、と思う。

。。。。。。。。。。

最後に

今朝、太宰義人調教師(享年61)が亡くなったそうです。

先週、息子の太宰啓介騎手(27、栗東)がフリーからお父さんの厩舎所属に変更したのは

最後の親孝行だったんですかね・・・?

ご冥福をお祈りいたします。

2007年3月18日 (日)

いや、知ってはいた、よ・・・?

スプリングS

オイラの本命サンツェッペリン

熱発明けで順調さを欠いてたのも

賞金的に本番にほぼ間違いなく行けるであろうことも

知ってたよ。

でもね、それでもねぇ・・・。

。。。。。。。。。。

フジテレビのスーパー競馬。

レース直前に松岡くんのインタビューを流した。

そして、その中で松岡くんはこう言い放った

「本番は先ですからねぇ。馬と相談しながら・・・」

( ̄□ ̄;)

・・・勝つ気ゼロ?? あくまで叩き台???

。。。。。。。。。。

レースが始まる前からヘコんだオイラ。

レースがスタートすると、案の定、好スタートを切ったのにもかかわらずまったく先手を取らないサンツェッペリン

それどころか1~2コーナーで後ろに下げやがった。

ここで早々と諦めたオイラ。爆

興味は、さらにその後ろを走っていたフライングアップルがどんな競馬をするかへ。

ずっと最後方を走っていた同馬。

3~4コーナーから内々を押し上げてくるとすごい脚で差しきった。

・・・サンツェッペリンも似たような競馬をしたが、まったく伸びず。爆

結果は、フライングアップルマイネルシーガルエーシンピーシーの順で入線。

オイラが対抗に挙げた4頭の内の3頭で決着。爆

で、フライングアップル

今まで、早めに抜け出しては最後に詰めの甘さを露呈していたが、今日は何だか最後までキッチリ走っていた。

馬が変わったのか、鞍上ノリちゃんの腕なのか。

それとも、単に他馬が弱いだけか。爆

・・・でもさ、やる気の無かったサンツェッペリンは別として、朝日杯FSの4着馬と6着馬の決着でしょ?

3着のエーシンピーシーは新興勢力だし。

と、言うことは、冷静に考えてフサイチホウオーアドマイヤオーラトーセンキャプテンドリームジャーニー等より

1ランク下のレベルのレース

だった可能性が高いよね。

エーシンピーシーはちょっと楽しみだけどね。

。。。。。。。。。。

で、こっちは当たるだろ

と、思っていた阪神大賞典

オイラの本命ドリームパスポート

スタートから何やらずっと掛かってる様子。

アンカツがなだめるも行きたいのは変わらない。

1週目のスタンド前で、ややポジションを上げる。

すると、ユタカアイポッパーがピッタリと着いて来る。

その後もアンカツが動くとユタカも動く

ほとんど嫌がらせとしか思えない徹底マーク。爆

もう、途中からこの2人しか見てませんでした。笑

直線も2人の叩き合い。

結局、嫌がらせした方の勝ち。爆

アイポッパードリームパスポートの順。

最後突っ込んできたトウカイトリック3着、デルタブルース4着。

馬単と頭固定の三連単のみ買ってたオイラ。

ここも撃沈。笑

今年の長距離戦線は誰が主役になるんでしょうか。。。

。。。。。。。。。。

昨日が大幅プラスだったので

とりあえず土日トータルでは黒字計上。

しかし、今日は2レースとも嫌な負け方だった。。。

それと、相変わらずオイラがグリグリ本命馬買うと

やっぱりその馬、勝てないな。爆

たまにはグリグリ人気から買うこともあるさ。

スプリングS

本命サンツェッペリン

このメンバーの中では1番、それなりにレベルの高いレースを使い続けている。

京成杯のレベルについては疑問が無いわけでもないが、同レースの出身馬が地味ながら、なにげにその後好走している。

昨日のレースを見ていると、今の中山は前が止まらない。

逃げ馬に乗った時の松岡くんは買い。

逃げ切り濃厚とみた

相手は

フライングアップルフサイチホウオーと差の無い競馬をしているように実力は上。・・・なんだけど、どうもコイツ、詰めが甘い。笑

エーシンピーシー。例年レベルが高い寒竹賞で好走。先行できるのも強調材料。

シベリアンバードカツハルが切れない。爆

マイネルシーガル。差しがハマるならコイツ。

あとは押さえで

ショウワモダンニードルポイントフェラーリピサフリオーソをちょっとだけ。

。。。。。。。。。。

阪神大賞典

グリグリ人気馬が大っ嫌いなオイラ。

・・・でもね、アンカツもこの馬も好きなの。爆

あぁ、たまには買うこともあるさ。

本命ドリームパスポート

説明は不要でしょ?笑

相手も2騎に絞る。

・・・ってゆ~か、絞らざるを得ない。爆

トウカイトリックデルタブルース

これも説明不要かと。笑

馬券は馬単。

あと、三連単。

ドリームパスポート1着固定

トウカイトリックデルタブルースを2着固定で

上記2頭ファストタテヤママイソールサウンドアイポッパーまで流す。

。。。。。。。。。。

オイラがグリグリ人気馬買うと

すっ飛ぶことが多いんだよなぁ。爆

2007年3月17日 (土)

牝馬4強目?あとは運だな。

え~と、時系列で行きますか。

中山8R

不覚にも昼寝してたオイラ。爆

従ってレースは見てない。

オンシジュームから馬連、馬単買ってたんだけど

1着ボストンキコウシ、ハナ差でオンシジューム2着。

おぉ、当たってるではないか!

馬連4410円。

この時点で本日の全購入額の7割方回収。

あと、東西のメインのどっちかが当たればプラスだな。

・・・しかしさ、的場くん。君がもうちょっと頑張ってればココでプラス確定だったんだよ?

。。。。。。。。。。

まぁ、いい。

気を取り直してフラワーC

イチゴイチエが好スタートからハナを主張するも

2コーナーでショウナンタレントが被せるようにハナに立った。

吉田くん、君、ショウナンの馬主さんには随分とお世話になってるよね?だったらここは譲らないと。

きっと、ヨシトミ先生は抜きざま吉田豊にこう言った。爆

だって、吉田豊、抜かれたあと手綱引いて3番手まで下げたもん。笑

で、ショウナンタレントは自分のペースでハナをスイスイ。

オイラの本命トウカイファインは向こう正面で行きたがる素振を見せたり、何やら鞍上と呼吸が合ってない様子。

直線に向いてもショウナンタレントはスイスイと他馬を引き離す。

結局、ショウナンタレントが逃げ切り。

外から伸びてきたホクレレが2着。

内を突いたクロコレーヌが3着。

トウカイファインは終始外を回して、直線大外から伸びてくるも

坂を上がったあたりで完全にへこたれた様子。爆

10着に終わりました。

。。。。。。。。。。

若葉S

ゴールドキリシマが逃げる。オイラの本命ヴィクトリーがこれに続く。

まぁ、ほぼ予定通り。

・・・なんだけど、ヴィクトリー

掛かってないか??

向こう正面でも何だか行きたがってるみたい。

3~4コーナーで、ついにヴィクトリー先頭。笑

大丈夫だとは思うけど・・・

イワタ、責任もって最後まで持たせろよ?

と、オイラが突っ込んだのは全く関係ないと思うが

直線に入っても脚色衰えず。

勝ちを確信したオイラだったが問題は2着。

人気を分けたナタラージャが上がってくる。

買ってるけど、君が来ると全然付かないの。

お願いだから来ないで。

と、オイラが祈ったのは全く関係ないと思うが

坂を上がったあたりでややへこたれぎみ。爆

外からサンライズマックスがすごい脚で伸びてきた。

おぉ、君が来ると好配当だ。

ただ、ヴィクトリーは差すなよ。馬単しか買ってないんだから。

と、オイラがクギを刺したのは全く関係ないと思うが

しっかりと2着止まり。爆

馬単4570円、いただきました。

本日、大幅プラス確定。笑

3着だったナタラージャ、これからでしょ。

。。。。。。。。。。

さて、中京10R、あざみ賞

買ってなかったけど、注目レース。

最後方からフラワーCを除外になったベッラレイアが豪快に差し切った。

2着のクリムゾンベガも中団から伸びて一旦は先頭に立つなかなかの競馬。

3着のザレマフラワーCを除外になったクチ。

たぶん、フラワーCよりこのレースの方がレベル高かった。

で、ベッラレイア

クイーンCフラワーCと連続して除外された。

間違いなく、牝馬3強に続く逸材だと思うんだけど

桜花賞、出られるんでしょうか・・・?

この運の無さが、ねぇ。爆

抽選をくぐってきたら買い、でしょ。笑

牝馬3強に続く馬はいるのか?

フラワーC

ここ数年、突然クラシック勝ち馬を輩出するようになったこのレース。

いわゆる別路線組の、まだ有力馬と勝負付けが済んでない馬から狙ってみたい。

本命トウカイファイン

5走前に他馬と接触して走るのが嫌になってたようだが、

後藤に乗り変わった前々走、逃げ粘って2着。

これで気分を良くしたのか前走は牡馬相手に33.9秒の脚で馬群を割ってきた。

きっと突き抜ける、と思う。笑

相手は、その因縁の相手後藤から吉田豊に乗り変わったイチゴイチエ返したくないから頑張ると思う。爆

人気だけどショウナンタレント。中山連対100%だから仕方ない。

去年の秋は牡馬一線級と差の無い競馬をしていたマイネシャリマー。叩き2戦目で要注意。

ジョウノガーベラ。花の名前がついてるぞ。爆

あと、アルビアンホクレレエゾノタイセツを押さえでちょっとだけ。

。。。。。。。。。。

若葉S

ユタカの動向が気になったが、選んだのはナタラージャ

関係が深いアドマイヤ軍団のヴィクトリー(奥さんの馬です)を断ったんだから、よほど魅力があるんだろう。

それで人気になるなら

願ったり叶ったり。爆

オイラは素直にヴィクトリーから。笑

スローの前残りになりそうなので

相手は先行しそうな2騎。

マンハッタンバーゴールドキリシマ

あとは押さえで

ネイキッドナタラージャジークムントサンライズマックス

。。。。。。。。。。

前に

次走、狙ってみてください

と、書いた会社の先輩S氏が一口持ってるオンシジューム

中山8Rに出走。

オイラも責任もって買うぞ。笑

相手は ⑤ ⑥ ⑦ ⑬ ⑮

ここで好走しないと、

月曜にS氏のグチを聞くことになるオイラです。爆

2007年3月16日 (金)

思い出したのはブリザードのこと。

前々から話はあったようですが

正式に決まったようです。

ダービージョッキー&オークスジョッキーによる

エキシビションレース。

。。。。。。。。。。

JRAは15日、4月22日(日)の東京競馬場最終レース終了後に、岡部幸雄氏や河内洋調教師など、日本ダービー(GI)またはオークス(GI)に優勝経験のある9名の元ジョッキーたちによるエキシビションレース・ジョッキーマスターズ(芝1600m)を開催することを発表した。

 レース終了後にはレースで使用したゼッケンほかお宝グッズが出品されるチャリティオークションが開催される予定。出場予定者は以下の通り。

【出場予定者のプロフィール】(五十音順)
◆岡部幸雄氏(1967-2005) 2943勝
71年オークス(カネヒムロ)
80年オークス(ケイキロク)
83年オークス(ダイナカール)
84年ダービー(シンボリルドルフ)


◆加藤和宏調教師(1975-2005) 604勝
82年オークス(シャダイアイバー)
85年ダービー(シリウスシンボリ)

◆河内洋調教師(1974-2003) 2111勝
79年オークス(アグネスレディー)
86年オークス(メジロラモーヌ)
00年ダービー(アグネスフライト)


◆中野栄治調教師(1971-1995) 370勝
90年ダービー(アイネスフウジン)

◆根本康広調教師(1977-1997) 235勝
87年ダービー(メリーナイス)

◆本田優調教師(1980-2007)757勝
06年オークス(カワカミプリンセス)

◆松永幹夫調教師(1986-2006) 1400勝
91年オークス(イソノルーブル)


◆的場均調教師(1975-2001) 1440勝
98年オークス(エリモエクセル)

◆安田隆行調教師(1972-1994) 680勝
91年ダービー(トウカイテイオー)

※( )は現役年度。勝利数はJRA通算。レース名は優勝した日本ダービーとオークス。

。。。。。。。。。。

世界のオカベ、河内のおっちゃんは別格として、

スナイパー的場、ミッキー松永も順当。

・・・で、あれ?

他の人たち、

意外と勝ってないのね?

・・・いや、決してこの人たちがヘタクソだったとか、

そう言うことを言いたいのではありません。

ダービー、オークスジョッキーともなると、やはり名前は一気に売れるぢゃないですか。

その割には・・・、ってことです。

現役で1000勝超えててもダービー勝ってないジョッキーの方が多いですからねぇ・・・。

皐月賞は一番速い馬、ダービーは一番運が良い馬、菊花賞は一番強い馬が勝つ。

昔からこう言われています。

やっぱり、ジョッキーもダービーを勝つには実力だけでなく、「運」、も必要なんでしょうね・・・。

で、ここまで書いてこんなこと言うのもなんだけど、

ダービーを勝ったのにもかかわらず、通算235勝の根本師

勝ち星なりの腕前でした。爆

。。。。。。。。。。

根本師について、忘れられないレースがある。

'93 目黒記念

後方待機から差して来るブリザードという馬に乗っていた。

'90 朝日杯ではノリちゃん騎乗でリンドシェーバーの3着したほどの馬。

その頃から、ドンジリ強襲のスタイルは変わってなかった。

で、目黒記念(当時、2月開催)の1ヶ月前のAJCC

いつものようにドンジリ強襲で、

ホワイトストーンレガシーワールドに次ぐ3着。

4着馬は前年の天皇賞2着馬ムービースター

普通に考えれば強い。

そして、ある程度順当な入線順位。

・・・ところが、担当してた厩務員はおもしろくなかった。

目黒記念前日の新聞に載った厩務員のコメント。

たしか、こんな感じだった。

「(根本騎手は)なんであんな後ろからいくんだろ?いくらちゃんと仕上げてもあれじゃ届かないよ。」

そして迎えた目黒記念

実況中継。

スタートしました・・・ブリザードも好スタート・・・

なんとブリザードが逃げを打った!!

・・・死ぬほど笑わせて頂きました。爆

結果は12頭立ての11着。

その後、根本師が2度とブリザードに騎乗することがなかったのは言うまでもありません。爆

・・・そりゃ、235勝か。爆

2007年3月14日 (水)

結局どうなるの?JBC。

オイラの知り合いで唯一このブログを読んでくれてる

会社の同僚S氏。

たびたび登場する「一口馬主のS氏」とは、また別の人物。

ややこしいので、所属部署が「D」なので、以下、DS氏。

今日の休憩時間、喫煙所でたばこを吸っていたオイラを含む4人。

そこへDS氏が通りかかった。

O氏が呼び止める。

ちょっと、素通りはダメだろ。トランプ引いて。

と、おもむろにトランプを出すO氏。

・・・5人で引いて、一番小さい数を引いた人がジュースを奢る、と言う賭けに引きずり込む。

Aが一番強くて、2が一番弱い。

ちなみにオイラは、昨日、負けた。爆

え゛~っ、と言いつつ成り行きで参加することになったDS氏。

ここで、別のS氏

これまたややこしいのでヒゲS氏、とする。(・・・うちの会社、S氏ばっかりだな。爆 オイラもそうだし。他にもいるし。)

が、こう提案。

今日は逆にしない?Aが一番弱いの。

いいよ~、ってことでみんなカードを引いた。

DS氏、見事にAを引き込む。爆

そして軽く怒る。

ヒゲSさんが余計なこと言うからだろ!悪魔みたいな人だよね。 今日は朝から気分が悪いのに、これでトドメを刺された気分。

・・・・DSさん、ごちそうさまでした。爆

ちなみにヒゲS氏、苗字の漢字2文字をそのまま英語に訳すと、ある名馬と同じ名前になります。笑

ヒント : とうとうGⅠ勝てなかった芦毛馬。爆

。。。。。。。。。。

さて、今日はこんなニュースが。

14日、07年度(07年4月~08年3月)に中央・地方競馬で実施されるダートグレード競走の日程、賞金などが決定したことが、ダート競走格付け委員会より発表された。

 これによると既報の通り、ダートグレード競走の新設や廃止はなく、兵庫ジュニアグランプリが交流GIIIから交流GIIに格上げされ、全50のグレードごとの内訳は、GIが12、GIIが11、GIIIが27となる。


 新たに条件の変更が発表されたのは、ダービーグランプリ(交流GI)の1着賞金が5000万円から4000万円に減額されることなどで、同レースは1着賞金、総賞金ともにダイオライト記念などの交流GIIと同額となる。また、8月15日に行われるクラスターC(交流GIII)は、条件が盛岡・ダート1200mから水沢・ダート1400mに、園田で行われる2重賞については、負担重量がG別定からハンデに変更となる。

 なお、ジャパンブリーダーズカップ協会からの支援が中止される関係で存続問題が取りざたされているJBC各競走については、現在のところは既報通り、10月31日に大井競馬場で行われる予定となっており、変更がある場合は追って発表になる模様。07年度の主な変更事項は以下の通り。

【実施場・距離の変更】
・クラスターC(交流GIII)
盛岡・ダート1200m→水沢・ダート1400m


・北海道スプリントC(交流GIII)
札幌→旭川

【賞金の変更】
・ダービーグランプリ(交流GI)
1着賞金5000万円→4000万円

【負担重量の変更】
・兵庫ゴールドトロフィー(交流GIII)
・サマーチャンピオン(交流GIII)
G別定→ハンデ

。。。。。。。。。。

ダービーグランプリの賞金が下がるのは、いたしかたない。

最近はレベルも低いし。

経営する側だって大変だろう。

ただ、もうちょっとレースの位置づけと言うか、格と言うか、そう言うものを上げる努力はして欲しいと思う。

いまのままではGⅡにされても文句は言えないと思うぞ。

だって、

存在意義が見えないもん。

・・・でも、無くして欲しくないので

至急テコ入レ求ム。

。。。。。。。。。。

でさ、今年のJBCどうなるのよ?

結局、やるの?やんないの?

こないだも書いたけどさ、JBC協会と大井競馬、

仲良くしようよ。

一庶民のオイラの希望。

JBC協会も大井競馬もシレっと、ファンも何も気づかなかったフリするから

何事も無かったかのごとく開催してくれ。爆

2007年3月13日 (火)

何はともあれ、機長、頑張ったな。

本日、競馬のニュースで気になったのは、コレ1つ。

13日、大井競馬場で行われた10R・フォーチュネイトパンジー特別(3歳、ダート1800m)で、ブライダルヘイロー(牡3、大井・荒井隆厩舎)が優勝。同馬に騎乗していた内田博幸騎手(36、大井・荒井隆厩舎)は、地方通算2800勝を達成した。

 同騎手は89年にデビュー。04年に初の全国リーディングの座に着くと、05年、06年と3年連続リーディングを獲得している。特に06年は年間524勝(地方463勝、JRA61勝)を挙げ、佐々木竹見騎手が持つ505勝の年間最多勝記録(地方、JRAの合計)を40年ぶりに更新する偉業を達成。今年もこれまで地方で87勝を挙げてリーディングを独走している。13日10R終了現在、地方通算16093戦2800勝(JRA通算1066戦118勝、海外3戦0勝)。南関東(交流含む)重賞64勝、JRA重賞4勝。

。。。。。。。。。。

ウチパク、おめでとう。

これからも、オイラが買った時に勝ってね。爆

。。。。。。。。。。

それより何より、伊丹空港~高知空港の

飛行機トラブル。

前輪が出なくて胴体着陸を決行。

無事に怪我人もなく、着陸成功。

ほんと、よかったと思うよ。

乗客の命を預かってるんだから当たり前、と言うのは簡単だけどさ、

この機長は称えてあげようよ。

オイラは、そう、思う。

。。。。。。。。。。

前の会社で、オイラは仕事で全国を飛び回っていた。

当然、毎週のように飛行機にも乗っていた。

沖縄日帰りも3回くらいあるぞ。爆

天候が悪くてなかなか着陸出来ないことも何度かあった。

秋田の大館空港に降りたいのに天候不順で青森空港に降ろされて、2時間以上かけてバスで大館に行ったこともあるぞ。笑

しかも、その日は朝5:30頃家を出て、大館で仕事を終えたあと盛岡までバスで行き

やっと仕事を終えて最終の新幹線に乗り、何か食べたいと思ったら駅弁は売り切れてて、ひもじい思いをして帰って来た時は

日付が変わってました・・・。

。。。。。。。。。。

福岡行きの飛行機の出来事2つ。

ひとつ目。

出発直前に客室乗務員に、こう言われた。

お客様、シートの背もたれをお戻しください。

・・・え? あぁ、知らぬ間に。

よいこのオイラはシートを戻した。

そして、ほんの1~2分後。

お客様、シートの背もたれをお戻しください。

はい?・・・さっき戻したよ???

でも、確かに倒れてる。

????????

で、もう1回シートを戻してゆっくり寄りかかってみると・・・

ぐぅ~って、倒れるぢゃんかっ、おいっ!!

ちゃんと整備しとけ!

。。。。。。。。。。

ふたつ目。

まだJALとJASが統合する前、オイラは会社の取引の都合上、

JASをメインに使っていた。

しかしながら、JASは個々の座席にモニターが付いていて

下界の様子が見れたり

上空で落ち着くとTVゲームもできるので

結構楽しかったのよ。

時間も充分潰せるし。

ところがある日、いつものようにTVゲームで時間を潰そうとしたんだけど、動かない。

コントローラーの接触不良?

右には行くのに、左には行かない。

ふざけんなよ。

と、思いながら

しつこく続けるオイラ。爆

やっと、何とか馴れてきた時に

機内アナウンス。

お客様に申し上げます。当機はまもなく着陸態勢に入ります。

ご着席になってシートベルトをお締め下さい。

・・・・尚、モニター画面は機載カメラによる映像に切り替わります・・・。

やっと馴れてきたんだぞ?爆

2007年3月12日 (月)

大井と馬産地、揉めてる場合か?

HERO’S 見てたら更新が遅くなってしまったオイラです。笑

いやぁ~、今日の試合は全部面白かったですねぇ。

お笑い芸人、塩コショーの黒い方、やたら強いし。爆

桜庭も復活したし。

今年は HERO’S 注目です。

。。。。。。。。。。

さて、前にも取り上げましたが

非常に困ったニュースが現実味を帯びてきました。

。。。。。。。。。。

 社団法人ジャパンブリーダーズカップ協会(吉田勝己会長)は、大井競馬を主催する特別区競馬組合に対して、今年秋に大井競馬場で予定されている「第7回JBC競走」への支援を中止する旨の通知を行った。

 これは生産地が反対している「現役外国馬の導入」を同競馬が認めたことに対する抗議の一貫であり、これにより生産地が負担している賞金の一部と、同協会が商標登録を行っている競走名「JBCクラシック」「JBCスプリント」及び「ロゴマーク」が使えなくなる。事実上、今秋の「JBC競走」の実施は困難になった。

。。。。。。。。。。

JBC協会の言い分も、解らんでもない。

現実問題として、地方競馬は馬産地の受け皿になっている。

そこに現役外国馬の出走が認められれば

・・・年間、何頭が出走するんだ?って疑問があるが・・・

そりゃ、馬産地は困るだろうし、おもろないだろう。

でもさ、

中央に売れなかった馬、中央で通用しなかった馬の

掃き溜めでいいのか?地方競馬のみなさん。

二流馬、三流馬のレースだけで、いいの?

地方にだって中央の重賞ウイナーと互角、またはそれ以上に渡り合える馬、いるぢゃん?

もっと強い馬と勝負した方が楽しいぢゃん。

今のままぢゃ、ファンは離れる一方だと思うぞ?

名前ばっかりのJBCになるんだったら

大井競馬場で、

・・・例えば今だったら、アジュディミツオーを筆頭に、南関の重賞ウイナーと

アメリカのBCクラシックの勝ち馬と、ドバイの勝ち馬と激突したら

断然そのレースの方が見たいよね。

あぁ、JBCなんか大井でやらなくて結構。

って事になってしまうぞ。

馬産を守ることは、当然、賛成だし、

そうしなけりゃいけないさ。

でも、競馬が盛り上がっての馬産でしょ?

地方競馬がこのままどんどん潰れたら

元も子もないぢゃん。

本末転倒もいいとこではないのか?

まずは、地方競馬を盛り上げることから考えようよ。

現役外国馬、いいぢゃん。

JBC開催問題で揉めてもきっと最後に笑うのは

大井競馬、だと思うよ。

・・・だからさ、仲良くしよ?

2007年3月11日 (日)

どうも早熟でもないみたい。アストンマーチャン。

まずは中山牝馬S

ヤマニンメルベイユが逃げる展開。

大逃げは打たなかったものの、キープクワイエットがこれに続く。

さらにマドモアゼルドパリが競りかけ、その後も馬群は固まって

予想した形とはちょっと違ったものの

期待通りの差し馬におあつらえ向きの展開。笑

オイラの本命キストゥヘヴンは後ろから2頭目。

雨は上がって晴れていたものの重馬場発表。

ちょっと不安なまま直線へ。

粘るヤマニンメルベイユ

中からいつもより中団やや後ろにいたウイングレットが抜けてくる。

ところがなんと後方待機していたマイネサマンサが馬場の真ん中を凄い脚で抜けてきた。

マイネサマンサの後ろにいたキストゥヘヴンは最内に進路をとって突っ込んでくる。

がんばれっ~! と思ったものの

明らかに外2頭の方が脚色がいい。笑

坂上がったあたりで諦めました。爆

結果はマイネサマンサウイングレット、粘ったヤマニンメルベイユの順で入線。

キストゥヘヴンは5着。

終わってみれば京都牝馬Sで先行した馬の決着でした。

・・・ちなみにオイラの予定では、ウイングレットの中団待機はある程度予想できたものの

マイネサマンサは先行争いに加わってハイペースを演出するのに加担して、さようなら~、ってはずだったんだけどな。爆

まさか後方待機で差してくるとは思いませんでした。。。

手を出しづらい「蛯名の最内枠」

結果いい方に転びましたな。笑

。。。。。。。。。。

さて、フィリーズレビュー

グリグリ人気のアストンマーチャン

ポンっと好スタートから一瞬先頭。

行きたい馬が何頭かいるのを確認すると

あっさり下げて、余裕の番手追走。

対してオイラの本命ニシノマナムスメ

スタートでやや出負け。笑

そのまま後ろを追走。

直線に向いて2番手追走してたアマノチェリーランが逃げ込みを図るが

あっさりアストンマーチャンに交わされる。

差は開く一方。

後ろからわさわさと差してきたが、大勢に影響なし

アストンマーチャン、粘ったアマノチェリーラン、差してきたハギノルチェーレの順で入線。

オイラの本命ニシノマナムスメは外から差してくるも

あんまり伸びず、8着。

うぅ・・・。東西とも撃沈・・・。

。。。。。。。。。。

ところでさ、フィリーズレビューの1、2着馬とも小倉デビューなんだけど、

なんか、今年の小倉デビュー組、強くないですか?

最近、

あ、また小倉で勝ってきた馬だ・・・。

って思うことが多いんですよねぇ。

。。。。。。。。。。

で、アストンマーチャン

正直、小倉2歳Sを勝った時点で

秋まで頑張って、暮れのGⅠで人気になって消えるタイプ。爆

と、思ってました。

阪神JFウオッカの2着に頑張ったときは

意外とやるなぁ。でも、春まで持つかな?笑

ところが、今日のレースを見ると早熟ってわけではないみたいですね・・・。

まぁ、今日は相手もそんなには強くなかったと思うから桜花賞見て判断したいと思います。

どっちにしてもオークスはないと思うし。笑

。。。。。。。。。。

しかし、大本命馬(ウオッカ)すべてのレースの物差しになってるって言うのもめずらしいよね。笑

単勝1倍台?本命にする訳なかろう。

まず中山牝馬S

桜花賞馬がきっと復活。笑

本命キストゥヘヴン

2頭出しの戸田厩舎

これで繁殖にあがる軽量キープクワイエットがこれをサポートする、ハズ。

最後の花道をキストゥヘヴンのために

見せ場たっぷりの大逃げに出ると思う。

なので、相手も差し馬。

前走の京都牝馬Sで差して来た2頭

サンレイジャスパーピアチェヴォーレ

あとは実績に敬意を表して

ウイングレットアサヒライジング

ここ1本に目標を絞ってきたヤマニンメルベイユ

アンカツ贔屓の加藤征師が兄ちゃんのアンミツを配したマドモアゼルドパリ

。。。。。。。。。。

フィリーズレビュー

さて、このグリグリ人気馬、どうするか。

強いのは判ってるけど、対抗。笑

きっと早熟、と思いたい。爆

で、本命ニシノマナムスメ

ダイワスカーレットがいるアンカツに敢えて騎乗依頼。

確実に権利を取ってくれ、と言う河内師の心の叫びが

オイラには聞こえた、気がする。爆

アンカツも脚を測ったり、試し乗りしたりする必要もないので

ここは追いまくって勝ちにくると読んだ。

相手は仕方ないのでアストンマーチャン。笑

前が崩れた時のハギノルチェーレ

あとは、うまく逃げられればルミナスハーバー

2走前のトーセンキャプテンの2着が光るシュガーヴァイン

鞍上さえ変われば対抗にしたいくらい。笑

この血統、オイラ好き。ツルマルオジョウ

意味も無く穴を開ける渡辺くんカネトシリベルテ

。。。。。。。。。。

ユタカ、賞金足りてるんだから

ムリしなくてもいいと思うよ?爆

2007年3月10日 (土)

前残り、差し、両方買って正解。笑

まず、アネモネS

落ち着いた流れでレースは進む。

オイラの本命フローラルカーヴは中団のやや後ろ。

堀師の指示だったらしく、柴山くんはちょっと引っ張る場面も。

このままだと直線ごちゃついて届かないかも・・・。

と、心配だったオイラ。

で、直線に向くと

外から1番人気のエミーズスマイルがまとめて交わして先頭へ。

そしてオイラの本命フローラルカーヴはと言うと・・・。

なんと、内から馬群をスルスルと縫ってきたではないか。

おぉ、柴山くん、やるじゃないか。

勝鞍がイマイチ伸びないのが不思議だぞ。爆

だが、エミーズスマイルは交わせず、2着。

3着にパッションレッド

馬単のみ買ってたので、

馬券的には、2着、1着。笑

勝ったエミーズスマイル船橋所属の地方馬

・・・なんだけど、馬主は吉田照哉氏

よ~く見てみたら、1~3着までぜ~んぶ

社台グループのアグネスタキオン産駒。爆

さすがです。笑

。。。。。。。。。。

さて、気を取り直してファルコンS

サクラゼウスが軽快に逃げる。

前残りヴァージョンの本命

アドマイヤホクトは内々の4番手。

差しヴァージョンの本命

ダノンムローは後ろから2番手。

お、こりゃ(小銭だけど)前残りヴァージョン的中するか?

直線に向いて、粘るサクラゼウス

前を捕らえにかかるアドマイヤホクト

さらに最内からカノヤザクラ

おぉ、コイツの方が(小銭だけど)配当いいぞ♪ 笑

結局、アドマイヤホクトが1着、カノヤザクラが交わして2着。

サクラゼウスが粘って3着。

ダノンムローは大外からいい脚で突っ込んでくるも、届かず4着。

見事、小銭だけど)前残りヴァージョン的中。笑

どっちかって言うと、ホントは差しバージョンに気があったオイラ。

あんまり悩まないで、小銭だけど)両方買ったのが正解でした。笑

。。。。。。。。。。

調子こいて中山12R(小銭だけど)買ったんだけど、ハズレ。

でも、(小銭だけど)プラス計上だったので、

よし、とします。笑

前残りか、差しか。ファルコンS。

中京開幕2週目。

普通に考えれば内枠、前残り。

が、何やら行きたそうな馬がいっぱい。

ん~・・・・。差し馬??

最近、考えることを拒否ってるオイラの脳みそ。

え~い、面倒だ。

両方買っとけ。爆

どちらも本命は

レベルが高かったと思われるクリスマスローズS組。

前残りヴァージョン。

アドマイヤホクトから。

相手はカノヤザクラサクラゼウスオメガエクスプレス

差しヴァージョン。

ダノンムローから。

相手は差し、先行両方へ。

アドマイヤホクトオメガエクスプレス

今回は差すらしいキングスベリー

マイネルサニベル

。。。。。。。。。。

中山では注目のアネモネS

本命フローラルカーヴ

ここ2戦、牡馬の重賞でそれなりに頑張ってるアロマンシェスエイシンイッキと差の無い競馬。

戦ってきた相手が違う。

相手はカレンナサクラシャルトリューズエミーズスマイル

。。。。。。。。。。

東西共に、馬単勝負。

ただし、そんなに真剣に勝負する気もないので

小銭で買います。爆

2007年3月 9日 (金)

だから言ったろ、コイツGⅠ勝てないって。

強いのに、いつGⅠ勝ってもおかしくないのに勝てない馬。

いるんですよ、いつの時代にも。

シーキングザダイヤ休養のニュース。

。。。。。。。。。。

nikkansports.comより、いつものように無断転載。笑

フェブラリーS9着のシーキングザダイヤ(牡6、栗東・森)が、ドバイワールドC(G1、ダート2000メートル、31日=ナドアルシバ競馬場)出走を断念することになった。前走後に状態が上がらず、現在は放牧中。このまま休養に入る。牧浦助手は「ずっとレースを使われた疲れが出たのかも…。復帰レースは未定」と語っていた。

。。。。。。。。。。

GⅠ2着、重ねること9回。

強いんですよ、間違いなく。

でもね、度々書いてるように

コイツは勝てない運命なんですよ。笑

不思議というか、運命というか・・・。

。。。。。。。。。。

例えばビコーベガサス

常にヒシアケボノサクラバクシンオーが立ちはだかった。

そのサクラバクシンオーが引退した後、

コイツの天下だろ

と、言われたエイシンワシントン

スプリンターズSフラワーパークに痛恨のハナ差、1cm、負け

その後は、結局GⅠ勝てず。

平成イマイチトリオと言われた

イブキマイカグラナイスネイチャロイスアンドロイス

特にナイスネイチャ

ほんとに強かった。

有馬記念に5年連続出走して、

初めの3年、3回とも3着。爆

ワイド馬券が発売になった時、

イメージキャラクターでポスターになった位ですからね。笑

でも、ある意味偉大な記録ですよ。

今年も3着でした、ナイスネイチャ!

と、言う名実況も残しました。

大きなお世話だろ、って思ったけどね。笑

大きなお世話と言えば、

ロイスアンドロイスが重賞戦線で、やはり3着を繰り返していて

ある時自己条件に戻ったんだけど、

グリグリ1番人気に支持されながら、2着だった。

その時の実況。

今日も勝てないのかっ、ロイスアンドロイス!!

・・・今思い出しても大きなお世話だな、って思うぞ。爆

そして忘れてならないのが

例外中の例外ステイゴールド

コイツもGⅠ2着を繰り返し

熊沢からユタカに乗り変わった目黒記念で初タイトルを手に入れた時は

スタンドからバンザイの合唱が起きたほど。

その後ドバイに遠征して、世界の強豪相手に

シーマクラシックを差しきった。

差しきった相手は、あのファンタスティックライト

その時、シーマクラシック、だった。

ものすごい相手に勝ったのに

タイトルはGⅡ。

翌年、GⅠに格上げ。爆

とことん運の無いヤツ。

コイツもGⅠ勝てないまま終わるのか・・・。

オイラ、正直そう思いましたよ。

しかし、ドラマは待っていた。

引退レースの香港ヴァーズ

逃げ込みを図る EK RAAR をとても届かない位置から差しきった。

50戦目の引退レースで悲願のGⅠ勝利。

ユタカ曰く、羽が生えたようだった、とコメント。

一部では、

どうもゴドルフィンの勝負服を見ると対抗意識を燃やすようだ。

なんて意見も。笑

その日はエイシンプレストンアグネスデジタルも勝って

日本馬がGⅠ3連勝という快挙を達成した日でもありました。

ちなみに香港では馬名を漢字4文字で表記するんだけど、

ステイゴールドは黄金旅程。

翌週のスポーツ雑誌 Number の記事の見出しが洒落てました。

オイラもこれ、好きです。

黄金旅程、完。

2007年3月 8日 (木)

ウオッカ、オークスをパス?

今朝、通勤電車から降りて改札へ向かってホームを歩いていたオイラ。

横を歩いていた女子高生2人組

その片割れが、おもむろに可愛らしい声で

こう、歌いだした。

♪♪くや~しぃ~けれ~どぉ~ お~まえにむちゅ~う~

ぎゃらんどぅ~ ぎゃらんどぅ~♪♪

・・・・・・・・。

何故、今、女子高生が

ギャランドゥ???爆

いや、ほんとによろけそうになりましたよ。

おかげで、仕事中ずっと頭の中はギャランドゥでした。笑

。。。。。。。。。。

ちょっと衝撃ニュース。

今年の牝馬クラシック最有力の1頭ウオッカ

オークスと同日に行われるシンガポール国際空港Cに登録しているとのこと。

。。。。。。。。。。

現地時間7日、5月20日(日)にシンガポールのクランジ競馬場で行われるシンガポール航空国際C(3歳上、星G1・芝2000m、1着賞金約1億2000万円)の第1回登録が締め切られ、15頭の日本馬の登録があったことがわかった。

 このレースは昨年、コスモバルクが優勝したレース。同馬の他、3歳馬も2歳女王ウオッカなど角居勝彦厩舎の3頭がエントリーしている。この時期に3歳が出走できる古馬G1は珍しいが、3歳馬は50kg(牝馬は48.5kg)で出走できることもあり動向が注目される。第2回登録(第1回未登録馬)の締切は4月4日、追加登録は5月1日に締め切られ、5月17日に出馬投票が行われる予定。登録馬は以下の通り

インテレット(牡4、美浦・萩原清厩舎)
ウオッカ(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)
コスモバルク(牡6、北海道・田部和則厩舎)
コンゴウリキシオー(牡5、栗東・山内研二厩舎)
サムライタイガース(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)
スウィフトカレント(牡6、栗東・森秀行厩舎)
ディアデラノビア(牝5、栗東・角居勝彦厩舎)
デルタブルース(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)
トーセンキャプテン(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)
トーセンシャナオー(牡4、栗東・森秀行厩舎)
ハットトリック(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)
ポップロック(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)
マツリダゴッホ(牡4、美浦・国枝栄厩舎)
ローエングリン(牡8、美浦・伊藤正徳厩舎)
ロジック(牡4、栗東・橋口弘次郎厩舎)

。。。。。。。。。。

そうそうたるメンツが登録してますね。

最終的に何頭出走するかは解らないけどね。笑

で、ウオッカ

斤量が魅力なのか、賞金が魅力なのか、はたまた、距離なのか馬場なのか。

でも、オイラは必ずしも

桜花賞、オークス、秋華賞、って言うローテーションぢゃなくてもいいと思う。

最近はNHKマイルCができたおかげで、牡馬も牝馬も、必ずしも三冠レースのローテーションを組むわけではなくなってきてるしね。

菊花賞に行かないで天皇賞(秋)に向かう牡馬もいるし。

無理して不適の条件を使って馬をダメにするよりも

適鞍のレースを走った方がいいと思うよ。

特にウオッカなんかは

強いからこそレースが選べるんだしね。

・・・でもオイラはダイワスカーレットから行くぞ。笑

。。。。。。。。。。

最後にマヌケなニュース。

兵庫県競馬組合は7日、昨年12月6日の園田競馬8Rで勝利したロゴス(牡6、兵庫・中塚猛厩舎)の尿から禁止薬物であるカフェインの陽性反応が出た問題で、人間の尿が混入していたことを発表した。

 尿を混入させたのは、レース後に尿検査を実施した男性(25)。規定量の採取に失敗したことから、自分の尿を混入したという。兵庫県警はこの男性を8日にも競馬法違反で書類送検する。

 これにより、厩舎関係者に非はないとし、ロゴスの失格処分を取り消し、返還させられていた賞金など計約35万円が再交付される。

・・・あのさ、もう、細かいことは言わない。

自分の尿を混入した25歳男性、

おまえ、バカだろ?爆

2007年3月 7日 (水)

クーリンガー頑張ってますね。

帰宅してからダイオライト記念のVTR見たんだけど

楽しみな馬が出てきました。

キクノアロー

ブレイヴェストローマンの肌にキングヘイロー

字ヅラだけなら完全に

短めのマイラー。

しかしながら、ダイオライト記念2400mを完勝。

ほんと、ダート界を盛り上げて欲しいです。

そして2着のクーリンガー

8歳馬、ですよ。

一時期の不調を脱して東京大賞典佐賀記念と2着。

そして、今日も2着。笑

出遅れグセが治ったからなのか、調子がいいのか。

。。。。。。。。。。

東京大賞典は、勝ったブルーコンコルド以下は

その他大勢

って感じだったし、

佐賀記念は、今日のレースでまくって4着に沈んだサイレントディールの2着。

ここから推測すると、

サイレントディール

もう終わった馬。

クーリンガーはまだ終わってないけど

相手弱化なら買い。

そうなると

キクノアローは・・・?

今日の勝ちっぷりから見ると

期待は大きいけど、

もう1戦、強い相手と当たった時が試金石かな・・・。

ダイオライト記念

だけど南関G1なんだからさ。

南関のG1はGⅠのレベルがあるってとこ見せて欲しいよね。

いろんな意味を込めて

キクノアローに注目です。

。。。。。。。。。。

このブログでも度々取り上げていますが、

内田騎手の話題。

マカオに遠征中のさすらいのジョッキー、Mr.PINKこと内田利雄騎手が、現地厩舎関係者などの熱烈なラブコールにより、当初3月11日までだった短期免許を4月21日(土)まで延長することになったとのこと。
先月の9日から騎乗して、4勝を挙げています。

うれしいですよね。

・・・。

腕は確かなのに日本に活躍の場が無い。

おかしくないか?日本の競馬界。

・・・。

ある意味

リストラの星

ですからね。

ほんとに頑張って欲しいです。

最後に

笑いの神が降りて来ない事に真剣に悩んでるオイラです。笑

2007年3月 6日 (火)

それとこれとは別だゾ、農水省。

たけしの本当は怖い家庭の医学を見るたびに

おぉ、オイラ、正にこれだ。

と、毎週思ってるオイラです。爆

今のところ、多量のアルコール消毒で対処してます。笑

。。。。。。。。。。

こんな報道がありました。

以下、nikkansports.com より無断転載。笑

政府は5日の事務次官会議で、馬券の売り上げのうち、75%と定められている払戻金の上乗せを拡大できることを柱にした競馬法と日本中央競馬会法の改正案を決めた。6日の閣議で正式決定する。払戻金を増やすこと(=控除率引き下げ)でファンへの利益還元を図り、売り上げ増を狙う。

 現行では既に05年の法改正で単勝、複勝に限定して、売り上げの80%を払戻金に充てられるようになっている。

 馬券の種類は、単勝、複勝のほか、枠連、馬連、ワイド、馬単、3連複、3連単の計8種類ある。日本中央競馬会や地方競馬を主催する自治体が、今後どの馬券にどの程度上乗せするかを決める。乗せの上限は農水省が定める。

。。。。。。。。。。

グリグリ人気馬が大っ嫌いなオイラは、コイツで堅いかなぁ~とか思いつつ、

何だよ、これしかつかねぇ~んぢゃ買えねぇよ。

と、蹴っ飛ばしては撃沈する日々。

ところが、

・・・話は極端だが、

控除率次第では

え、こんなにつくの?? 買っちゃおぅ~♪

てな事にもなってしまうぞ。笑

。。。。。。。。。。

でもさ、結局控除率が変わっても

本命だろうが穴だろうが

馬券がうまくならないとダメだよね。爆

でも、馬券を買ってる人たちにはとってもいいことです。

。。。。。。。。。。

でもさ、だからと言ってさ、

松岡大臣の事務所経費不正計上疑惑は

別問題だからな、農水省。

2007年3月 5日 (月)

今、東京は凄い雨です。

昨日、あまりの天気の良さにベランダの窓掃除をしようかと思ったんだけど、

やめといて正解でした。爆

さて、今日は競馬のネタもありません。

ここ1週間なんとなく体の調子も悪いです。

競馬の予想もイマイチです。

・・・それはいつものことか。笑

ウゴウゴルーガのDVD BOXもまだ予約してません。

ウタダさんとキリヤさんの離婚については、

・・・彼らに限らず、歳の離れた芸能人夫婦が離婚すると、

妙な親近感を覚えてニンマリしてます。爆

楽しい事を書きたいのですが

脳みそが文章を考えることを拒否ってるみたいです。

そう言うわけで、

いつも読んで下さってる方々には申し訳ないのですが

今日はムリです。爆

また明日のご来店をお待ち致しております。

アデュ~。笑

2007年3月 4日 (日)

本番用ナシ、だと思ってたんだけどな。

弥生賞

インパーフェクトが逃げてサムライタイガースがこれを追いかける展開。

グリグリ人気のアドマイヤオーラは中団でぴったり折り合って、かなりおりこうさんな感じ。

オイラの本命タスカータソルテは終始後ろの外を走らされる始末。

・・・イワタ、いくらなんでもその位置ぢゃ届かんだろ。

ディープぢゃないんだからさ・・・。

( ̄  ̄メ)

オイラの唸るようなツッコミをよそにレースは進む。

3コーナーでサムライタイガースノワールシチーが仕掛けると

みんなわさわさと動き出した。

中を抜けてくるアドマイヤオーラ

外から新馬戦を勝ったばかりのココナッツパンチがすっ飛んでくる。

しかもコイツ、直線向いた時にオイラの本命タスカータソルテを外に弾き飛ばし、アドマイヤオーラに迫ってくる途中でドリームジャーニーを内に押し込めてきた。爆

ある意味一番強い競馬をしたのはコイツかも知れないね。笑

しかし、アドマイヤオーラを交わすことはできず、

アドマイヤオーラココナッツパンチドリームジャーニーの順で入線。

過去に記録した上がり3Fのタイムが早い順の決着でした。

ドリームジャーニーは内に押し込められた時、ココナッツパンチと内からメイショウレガーロにはさまれる不利。

あれがなければもっと際どい勝負になったハズ。

休み明けだったことも考えれば、まだ見限れませんよ。

で、オイラの本命タスカータソルテは大外を一生懸命伸びてくるも7着。

まだまだ展開に注文がつくようですな。

。。。。。。。。。

オイラ、アドマイヤオーラってさ、

本番用ナシ、トライアル専用

だと思ってたんだけどさ、

今日のユタカの正攻法の騎乗を見ると、

結構本番も自信持ってる感じするよね。

オイラ的には今日の勝利で

人気被ってサヨウナラ~

ってのを期待してるんだけど。爆

。。。。。。。。。。

弥生賞負けたため、

I-PATの残金が残り僅かになってしまったオイラ。

う~ん・・・。

最終レースでなんとかするか。

と、いつもならスッカラカンになるパターン。

しかし、今日は違った。笑

きっと吉田弟が逃げ切ってくれるだろ。

と、ガイアヘッドから馬単で⑦⑨⑮と流した。

見事、ガイアヘッドが逃げ切り、⑦、⑨と入線。

2着の⑦カリオンツリーが単勝1倍台のグリグリ人気だったのにもかかわらず48.4倍もついた。

おぉ、奇跡的なプラス計上。爆

が、しかし。

最後の最後で交わされた⑨チザルピーノがもうちょっと頑張ってれば119倍ついてたんだよね・・・。

なんだかびみょ~な気分で週末を終えようとしているオイラです。爆

荒れないとは思うけど。弥生賞

夕べ、久々に呑みすぎて面白い文章が思いつかないオイラです。笑

・・・グリグリの人気馬が1頭、いる。

当然、本命にしたくない。爆

と、言うわけで本命は別の馬に。

ここは種牡馬の勢いに乗った。

ジャングルポケット産駒タスカータソルテ本命。

今年の牡馬クラシックは同産駒が主役を張っている。

フサイチホウオートーセンキャプテン

どちらも走りが力強いし、根性が凄い。

同馬もこれに続いて一気に主役へ。

ただ、中山2000m というのがちょっと心配。笑

相手は前残りの朝日杯FSをまとめて差しきったドリームジャーニー

2走前の東スポ杯でもフサイチホウオーと01秒差3着。

ここでは力が上。

あとはメイショウレガーロ

仕方ないのでアドマイヤオーラ。笑

サムライタイガース

あと、ほんとに押さえで、ココナッツパンチモチトーセンクラウンをちょっとだけ。

。。。。。。。。。。

・・・まだ酒が残っているので

中京記念の予想はムリです。爆

2007年3月 3日 (土)

アンカツ、今度は 「ライバルの脚」 測る。

チューリップ賞

前走、自分の馬ダイワスカーレットの脚を測ったフシがあるアンカツ

当然、ここは絶妙のタイミングで抜け出すハズ。

と、午前中の予想に書いたオイラ。

ところが・・・。

好スタートから、なんとそのままハナに立ったダイワスカーレット

故意だったのか押し出されたのかは判らないが、

そのまま自分のペースでスイスイ。

一方、最大のライバルウオッカは中団で折り合いを欠いて

口を割ってイヤイヤ。笑

こりゃ獲ったな、とほくそえむオイラ。爆

馬なりのまま直線に向いたダイワスカーレット

さぁ、どこで追い出すんだ、アンカツ

・・・ところがアンカツ、いつまでたっても追い出さない。

?????

馬なりのままゴールする気?

ところがアンカツ、追い出す代わりに

後ろをチラッ。またチラッ。

!Σ( ̄□ ̄;) アンカツ、マサカアンタ・・!

・・・ウオッカがやってくると

並んだところからよーいどん!

しかもその間、アンカツはずっと四位の方見て笑ってるし。

そこからはもう2人だけの世界。爆

後続を6馬身引きちぎり、

1着ウオッカ、2着にクビ差でダイワスカーレット

遥か後方、3着に差してきたレインダンス、4着にハナ差でアロープラネットが粘った。

。。。。。。。。。

前走、アドマイヤオーラを相手に自分の脚を測り、

今回、わざわざウオッカが来るのを待ってまでして、

自分の脚とライバルの脚を比べた、と、思われるアンカツ

トライアルはくれてやる。だけど、本番は貰うよ。

( ̄ー ̄ )  フッフッフッ・・・・・。

てな感じでしょうか。爆

桜花賞、楽しみ・・・。

オイラは当然アンカツから行く予定です。

今日の分、返してもらわないとね。爆

。。。。。。。。。。

オーシャンS

どうでもいいレースだったので、サラッと。爆

完全な前残り。

アイルラヴァゲインサチノスイーティーシルヴァーゼットの順で入線。

全部差し馬買ってたオイラ。

本命にしたネイティヴハートを筆頭に

今日はオイラの買った馬全員、

馬場掃除担当だったみたい。爆

当たったら予約しよ♪

一晩考えて、まだ悩み中のオイラです。笑

(詳しくは昨夜のブログ見てね。)

チューリップ賞

これも悩んだ。笑

ウオッカは恐らく相当強い、と思う。

けど、人気し過ぎ。

正直買いづらい。笑

なので対抗にした。

本命ダイワスカーレット

牡馬相手の重賞で勝ち負けの経験は大きなプラス。

シンザン記念ではアンカツが脚を測ったようなフシがあった。

今回は絶妙なタイミングで抜け出す、ハズ。

ハイペースになった時が不安だが、

兄ちゃんのダイワメジャーも大丈夫なので

きっと大丈夫。笑

相手は前記のウオッカ

あとは、ローブデコルテタガノグラマラスアロープラネット

馬単勝負。

三連単は

ダイワスカーレット頭、

タガノグラマラスウオッカ 2着固定で、

3着 ② ④ ⑧ ⑨ ⑩ ⑪ ⑬ まで流す。

。。。。。。。。。。

オーシャンS

見事なまでにいい加減なメンバーが揃った。爆

ここは今年の重賞のトレンドに乗った。

「実績ある高齢馬。」笑

そう言うわけで、本命ネイティヴハート

昨年の勝ち馬。

9歳になったけど、毎年キッチリしたローテーションで走ってるし、

冬休みもしっかり取ってる。

今年もきっとがんばるぞ。笑

相手も差し馬。

前走不利があったビーナスライン

昨年2着コパノフウジン

平坦なら33秒台の脚が使えるシルクトゥルーパー。坂を克服できれば逆転の1番手。

蛯名に戻ったスピニングノアール

年明け好調タマモホットプレイ

叩いて変わったと思うアンバージャック

。。。。。。。。。。

予約できるといいな。笑

2007年3月 2日 (金)

おきらくごくらく。

ものすごく悩んでいる。

ここまで真剣に悩むのは久しぶり。

ウオッカなのか、ダイワスカーレットなのか、はたまた・・・?

・・・・・・・。

それは明日の朝に持ち越し。笑

もっと悩んでることが、ある。

。。。。。。。。。。

今朝、めざましテレビを見てて、ひっくり返りそうになった。

ウゴウゴルーガ おきらくごくらく15年!

(不)完全復刻DVD-BOX 完全予約限定生産!

本日受け付け開始!!!

。。。。。。。。。。

・・・やばい、欲しい。爆

めざましテレビルーガちゃん(小出由華さん)が早耳ムスメで復活した時でさえ、手たたいて喜んだオイラ。

パソコンの別ウインドで

予約ページ開いてにらめっこ状態。爆

いや、別にね、オイラいわゆるコレクター的な趣味はないんですよ。

物欲もあんまりないし。

ただね、年に1~2回、

値段が高いとか安いとか、コレクターズアイテムだとか、プレムアムグッズだとか一切関係無く、

オイラのツボにハマったものが無性に欲しくなる時があるんですよ。

ちなみに昨年ツボにハマって

悩んで買ったのが、コレ。

070302_195601

オレンジのシースルーのポット。

かわいいでしょ?笑

1週間悩んだもんね。

4000円だったんだけどね。笑

ちなみにさっき撮った写真なんだけど、

横に写ってるワイン、既にカラです。爆

。。。。。。。。。。

で、何でウゴウゴルーガにハマったか。

昔、土日は仕事で平日休みだったオイラ。

ある日の夕方、何となくテレビをつけた。

(・・・補足だけど、ウゴウゴルーガは早朝番組だったけど、夕方に再放送もやってたの。)

そこには、ぷくぷくアワを吹いてるザリガニが。

うにゃ???

続いて、テロップ。

「ザリガニが鳴く。」

・・・・・・・・・・。

え?

( ̄□ ̄;)  エェェェェェッ!?

あまりの衝撃に腰が抜けそうになったオイラ。

一瞬にしてハマってしまいました。爆

ちなみにオイラが大好きだったのは

みかん星人です。

・・・競馬の予想は明日します。笑

2007年3月 1日 (木)

3月ですねぇ。

なのに書きたい記事がない。笑

せっかくの月初め。

休むのも何かなぁ、って言うわけで

弥生賞のイヤな思い出。爆

。。。。。。。。。。

’94 弥生賞。

どう考えても4番人気のサクラエイコウオーで仕方なかった。

朝、馬券売り場に着くまではサクラエイコウオーからナムラコクオーエアチャリオットの2点でいいな・・・。

と、余裕の構え。

しかし、電車で新聞を読んでて、どうしても中京のマイラーズカップを買いたくなったオイラ。

マーベラスクラウンから流すか・・・。

でも、予算が・・・・・。

ここでオイラの本領発揮。

弥生賞はサクラエイコウオーとナムラコクオーの1点でよかろう。

マイラーズカップ勝負だ。

。。。。。。。。。。

そのマイラーズカップ

マーベラスクラウンは2着だったものの、1着のノースフライト、抜け。

で、弥生賞はと言うと・・・。

ナムラコクオー、痛恨の出遅れ。爆

サクラエイコウオーが逃げ切り、番手追走のエアチャリオットが2着。

ナムラコクオー3着。

しかも、2250円も付きやがった・・・。

。。。。。。。。。。

ここまでなら日常茶飯事。

なんで今もって腹が立ってるかと言うと、

当時付き合ってた彼女が

弥生と言えばサクラでしょ?

と、当初オイラが買おうとしてた

サクラエイコウオーから、エアチャリオッナムラコクオー

の2点でアッサリ当てたんだよ。爆

やっぱり気が変わらない内に買わないとダメだね。笑

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »